« 参考記事: アルファベット式ギリシャ数字 | トップページ | 参考記事: 古典ギリシャ語の数詞 »

参考記事: かしら文字式ギリシャ数字

arithmoi-acro1はローマ数字とおなじで Ι。これは1をあらわすたんなる棒で、これ以外は数詞のかしら文字をつかっています。5をあらわす文字は ΠΕΝΤΕ/πέντε [pénte ペンテ]の Π (ペイ〔ピー〕)のふるいかたちで、10は ΔΕΚΑ/δέκα [déka デカ]の Δ (デルタ)です。100は ΗΕΚΑΤΟΝ [hekatón ヘカトン]の Η (エータ)ですが、この ΗΕΚΑΤΟΝ はふるいつづりで、あとになると ΕΚΑΤΟΝ/ἑκατόν とかくようになりました(発音はおなじ)。1000は ΧΙΛΙΟΙ/χίλιοι [kʰǐːlioi キーリオイ]の Χ (ケイ〔キー〕)、1万は ΜΥΡΙΟΙ/μύριοι [my̌ːrioi ミューリオイ]の Μ (ミュー)です。のこりは文字をふたつくみあわせたもので、5をあらわすふるい Π に、それぞれ10の Δ、100の Η、1000の Χ、1万の Μ をちいさくしてはめこんだかたちになっています。

2は ΙΙ、3は ΙΙΙ、ここまではローマ数字とおなじですが、4は ΙΙΙΙ で、ローマ数字の IV みたいなひき算はしません(ローマ数字でも IIII とかくことがないわけではありません)。9は5+4で、ふるいかたちの Π の右に ΙΙΙΙ をならべます。ひき算をしないのはほかの数でもおなじことで、Δ Η Χ Μ も4つまでならべることになります。

ローマ数字もそうですが、このやりかただと画像にあげた2953みたいにたくさん文字をかかなければならないばあいがでてきます。ところがアルファベット式の数字だともっとすくない文字ですみます。そのため、けっきょくアルファベット式にとってかわられることになりました。かしら文字式は紀元前7世紀からつかわれるようになったとかんがえられていて、いちばんあたらしい記録は紀元前1世紀のものです。

関連記事
 ・古典ギリシャ語の数詞
 ・ユニコードのギリシャ数字と音楽記号と韻律記号
 ・アルファベット式ギリシャ数字
 ・ギリシャ数字、ローマ数字、アラビア数字、インド数字

2007.06.25 kakikomi; 2010.09.12 kakinaosi

|

« 参考記事: アルファベット式ギリシャ数字 | トップページ | 参考記事: 古典ギリシャ語の数詞 »