« 参考記事: 古代ギリシャの韻律 | トップページ | 参考記事: ギリシャ語聖書にでてくる名まえのつづりと発音 »

参考記事: 古典ギリシャ語の名まえのつづりと発音:
もくじ

神がみとか人間とか土地とかの名まえの古典ギリシャ語のつづりを大文字と小文字(かしら文字は大文字)であげてあります。名まえは日本語で五十音順に(「カー」は「カア」、「キー」は「キイ」として)ならべてあります。

ギリシャ語の発音は発音記号でしめしました(古典ギリシャ語の発音記号」)。古典時代の発音に統一してあるので、もっとあとの時代の名まえとして有名なものも古典時代の発音にしてあります。

 ● (1) 神がみ・人間など[ア~エウ]
 ● (2) 神がみ・人間など[エー~ソ]
 ● (3) 神がみ・人間など[タ~フ]
 ● (4) 神がみ・人間など[ヘ~ロ]
 ● (5) 土地など[ア~シ]
 ● (6) 土地など[ス~ロ]

古典ギリシャ語:古代ギリシャ語。 名まえ:名前、なまえ。

関連記事
 ・ギリシャ語聖書にでてくる名まえのつづりと発音
 ・古代ギリシャの名まえの英語よみ

|

« 参考記事: 古代ギリシャの韻律 | トップページ | 参考記事: ギリシャ語聖書にでてくる名まえのつづりと発音 »