« 参考記事: 古文のわかちがき | トップページ | 「ギリシャ」のかなづかい »

参考記事: 日本語のローマ字つづり

このサイトでつかっているローマ字のつづりについて説明します。日本語のローマ字には訓令式とかヘボン式とか日本式とかがありますが、ここでつかっているのは、服部四郎の新日本式ローマ字をもとにしたものです。

新日本式は訓令式とだいたいおなじもので、ちがいは「つ」「ち」「ちゃ」「ちゅ」「ちょ」のつづりにあります。訓令式が tu ti tya tyu tyo なのに対して、新日本式では cu ci cya cyu cyo とつづります(「オシム」は「オスィム」?」「《チゴイネルワイゼン》とツァ行」)。

新日本式と訓令式とヘボン式のおもなちがいをまとめるとつぎのようになります。


新日本式訓令式ヘボン式
sisishi
しゃsyasyasha
しゅsyusyushu
しょsyosyosho
citichi
ちゃcyatyacha
ちゅcyutyuchu
ちょcyotyocho
っちccittitchi
っちゃccyattyatcha
っちゅccyuttyutchu
っちょccyottyotcho
cututsu
っつccuttuttsu
huhufu
じ・ぢziziji
じゃ・ぢゃzyazyaja
じゅ・ぢゅzyuzyuju
じょ・ぢょzyozyojo

とくに気をつけなければいけないところはヘボン式で ch のまえにちいさい「っ」があるばあいで、cch ではなくて tch になります(なっちゃん!」)。

さらにヘボン式の「じゃ・じゅ・じょ(ぢゃ・ぢゅ・ぢょ)」は ja ju jo であって jya jyu jyo ではありません。jya jyu jyo というつづりは新日本式にも日本式にも訓令式にもヘボン式にもありません(映画『TAJOMARU』(ヘンなローマ字について)」)。

つぎに、ここでつかっているローマ字つづりの一覧表をあげておきます。

aiueo
kakikukekokyakyu(kye)kyo
sasisusesosyasyu(sye)syo
tacicutetocyacyu(cye)cyo
(ti)(tu)(tyu)
(ca)(ce)(co)
naninunenonyanyu(nye)nyo
hahihuhehohyahyu(hye)hyo
mamimumemomyamyu(mye)myo
yaiyueyo
(ye)
rarirureroryaryu(rye)ryo
waiueo
(wi)(we)(wo)
gagigugegogyagyu(gye)gyo
zazizuzezozyazyu(zye)zyo
dazizudedozyazyu(zye)zyo
(di)(du)(dyu)
babibubebobyabyu(bye)byo
papipupepopyapyu(pye)pyo
ñ

カッコにいれたものは擬音語とか外来語とかにあらわれるものです。念のために対応するカタカナをあげておきます。ti(ティ) tu(トゥ) tyu(テュ) ca(ツァ) ce(ツェ) co(ツォ) ye(イェ) wi(ウィ) we(ウェ) wo(ウォ) di(ディ) du(ドゥ) dyu(デュ) kye(キェ) sye(シェ) cye(チェ) nye(ニェ) hye(ヒェ) mye(ミェ) rye(リェ) gye(ギェ) zye(ジェ、ヂェ) bye(ビェ) pye(ピェ)。

tya tye tyo dya dye dyo というのもかんがえられるのですが、外来語のカタカナで「テャ」「テョ」「デャ」「デョ」というのはほとんどつかわれていませんし(テャ、テュ、テョ。デャ、デュ、デョ。」)、tye dye をカタカナでかくとしたら「ティエ」「ディエ」とでもするしかないので、この6つは表からはぶきました。

外来語の「ファ」「フィ」「フェ」「フォ」のつづりは理屈からいえば hwa hwi hwe hwo になるところでしょう。でも、これだとちょっとみなれないつづりですし、とりあえず fa fi fe fo にしておきます(外来語のローマ字つづり」)。

ア行とヤ行のまえの「ん」は訓令式だと n’ というふうにアポストロフィーをつけたりハイフンをいれたりするみたいですが、服部四郎は ñ をつかっています。ここではア行とヤ行のまえだけではなくて すべての「ん」に ñ をつかっています(ローマ字のつづり」)。

母音をのばすばあい、訓令式でも新日本式でもヤマガタをつかって â のようにしますし、ヘボン式では macron をつけて ā とするのですが、ここでは aa というように母音字をかさねています(ローマ字のつづり」)。

「現代仮名遣い」ではオ段の母音をのばすときには、「こおり[コーリ]」のように「お」をそえる一部のことば以外は「おはよう[オハヨー]」のように「う」をそえることになっています。でもローマ字では u をそえるのではなくて、発音どおり母音をのばすかきかたになります。「お」をそえるか「う」をそえるかの区別はありません。ローマ字のつづりはローマ字入力とはちがいます。「こおり」「おはよう」は訓令式では kôri、ohayô、ヘボン式では kōri、ohayō になります。ここでつかっているローマ字では koori、ohayoo です。ただしオ段のかなに「う」がつづいていても「おもう」のように発音も[オモウ]のばあいは、新日本式でも訓令式でもヘボン式でも発音どおり omou とかきます(映画『TAJOMARU』(ヘンなローマ字について)」)。

イ段の母音をのばすときは訓令式でもヘボン式でも î や ī をつかわないで ii とかくのが一般的です。

なお、新日本式でも訓令式でもヘボン式でも、助詞の「は」「へ」「を」は発音どおり wa e o とかきます。かなをそのままうつした ha he wo ではありません。

古文のローマ字ではハ行を fa fi fu fe fo とかきます。むかしのハ行の子音が[ɸ]だったからです。これは外来語の「ファ」「フィ」「フェ」「フォ」の子音とおなじで、この子音は現代のハ行では「ふ」にのこっています。ただし「ふ」の子音は[ɸ]以外に[h]とか[x]のこともあります(この点からもヘボン式で「ふ」を fu とつづるのには疑問を感じます)。

古文のタ行・ダ行は ta ti tu te to、da di du de do、ワ行は wa wi u we wo とします。古文のローマ字の実例は、「古文のわかちがきの実例(1) 『古事記』」「〃(2) 『百人一首』」「〃(3) 『平家物語』」をみてください。

関連記事
 ・ローマ字のつづり
 ・外来語のローマ字つづり
 ・ローマ字文のみた目
 ・ローマ字の名字
 ・雑誌「dancyu」のつづり
 ・映画『TAJOMARU』(ヘンなローマ字について)
 ・母音をのばすヘンなローマ字
 ・ヘボンの横浜指路教会(ついでにローマ字について)
 ・英語式ローマ字
 ・わかちがきのための単語のみわけかた
 ・単語式わかちがきの実例集
 ・「オシム」は「オスィム」?
 ・《チゴイネルワイゼン》と“ツァ行”
 ・なっちゃん!
 ・「ジョブチューン」の “ぶっちゃけ” のローマ字
 ・映画『MY NICKNAME is BUTATCHI』
 ・テャ、テュ、テョ。デャ、デュ、デョ。
 ・古文のわかちがきの実例(1) 『古事記』
 ・古文のわかちがきの実例(2) 『百人一首』
 ・古文のわかちがきの実例(3) 『平家物語』

2008.09.19 kakikomi; 2016.03.15 kakitasi

|

« 参考記事: 古文のわかちがき | トップページ | 「ギリシャ」のかなづかい »