« 参考記事: 古典ギリシャ語のアクセントの規則 | トップページ | 参考記事: 古典ギリシャ語の名まえのつづりと発音:
もくじ »

参考記事: 古代ギリシャの韻律

ヘクサメトロス][エレゲイオン][イアンボス・トリメトロス][アナクレオーン風

韻律の単位のながさ

古代ギリシャ・ローマの詩の韻律は、近代ヨーロッパの詩とはちがって、ながさのちがう音節のくみあわせからできています。脚韻(ライム)もふみません。アクセントの位置も関係ありません。ただし韻律をはかる音節というものは、現代の言語学がいう音節とはちがうもので、ギリシャ語の伝統的な文法によってつづりをわけたばあいの音節ともちがうものです。韻律をかんがえるばあいの音節は、音節というより、まえの母音のはじまりからつぎの母音のはじまりまでのながさのようなものです。そこで、ここでは音節とはいわないで、単位ということばをつかうことにします。その単位は ながいものと みじかいものにわけられて、ながい単位はみじかい単位の2倍のながさとされています。みじかい単位が1モーラ(拍)で、ながい単位が2モーラです。たいてい、みじかい単位を「∪」、ながい単位を「―」であらわします(表示の関係でこの記号をつかいますが、これは正確には韻律記号ではなくて代用品です。ユニコードのギリシャ数字と音楽記号と韻律記号」)。

単位のながさをきめるのは母音のながさとそれにつづく子音です。みじかい母音には ᾰ ε ῐ ο ῠ、ながい母音には、二重母音もふくめて、ᾱ η ῑ ῡ ω αι ει οι υι αυ ευ ου ηυ ᾳ ῃ ῳ があります(みじかい母音とながい母音の記号は正式なつづりにはつきません)。

単位のながさはつぎのことからわかります。

1) 母音がながければ、その単位はながい。
2) 母音がみじかくても、子音がふたつ以上つづいていれば、その単位はながい。
3) 母音がみじかくて、子音がひとつしかつづいていないか、つづく子音がないばあいは、その単位はみじかい。

1)のばあいを「もともと(本来)ながい」といって、2)のばあいを「位置によってながい」といいます(「もともと(本来)」はギリシャ語で φύσει [pʰýseː ピュセ~]、ラテン語で natura [ナートゥーラー]、英語で by nature。「位置によって」はギリシャ語で θέσει [tʰéseː テセ~]、ラテン語で positione [ポスィティオーネ]、英語で by position)。

2)については例外があって、閉鎖音と流音のくみあわせがつづくばあいは、その単位は ながいときと みじかいときの両方があります(古典ギリシャ語の閉鎖音+流音」「ギリシャ語の「閉鎖音+流音」の発音」)。

[h]の音ではじまっている単語は、母音ではじまっているのとおなじあつかいになります。また、θ φ χ はローマ字にすると th ph kh というように2文字になってしまいますが、あくまでひとつの子音ですから、これがあっても子音がふたつつづいていることにはなりません。それから、ζ ξ ψ は[zd][ks][ps]という二重子音なので、文字としてはひとつでも子音がふたつあることになります。

韻律のリズムをきめるのは単位のながさで、母音のながさではありません。また、「位置によってながい」単位にあるみじかい母音を韻律にあわせてのばしてよむというのはまちがいです。子音がふたつ以上つづいているために発音にそのぶん時間がかかって、そのために「位置によってながい」ということになるのですから、母音をのばす必要はありません。

音節と母音のながさについて古代ギリシャの文法家はおなじ「ながい」「みじかい」ということばをつかっていました。インドの用語だと、母音は「ながい」「みじかい」ですが、音節については「おもい」「かるい」といっているので、ギリシャ語・ラテン語の韻律についても、まちがいがないように、音節に関しては「おもい」「かるい」といっている学者もいます。

ギリシャのほうでむかしから母音も音節も「ながい」「みじかい」といっていたために、そのうちこれが混同されるようなことがおこりました。これは、「位置によってながい」ということを、「音節が位置によってながい」ではなくて「母音が位置によってながくなる」というふうにまちがって解釈されるようになったということで、このまちがいは中世にはじまって、ルネッサンスにももちこされて、いまの本でもまだみかけることがあります。

韻律をかんがえるばあい、単語のきれめは無視して、ただ母音のあとに子音がいくつ つづいているかをみていけば、韻律の単位のながさがわかります。ただし、うえにかいたように、「閉鎖音+流音」とか いくつか注意しなければならない点があります。

つぎに、古代ギリシャの代表的な4つの韻律について説明します。ラテン語の詩についても基本的にはおなじです。

ヘクサメトロス

ヘクサメトロス(ἑξάμετρος [heksámetros])はおもに叙事詩の韻律としてしられています。ヘクサメトロン(ἑξάμετρον [heksámetron])ともいって、日本語では「六歩格」などと訳されています。ラテン語では hexametrus [ヘクサメトルス]、hexameter [ヘクサメテル]、英語では hexameter [ヘクサメター]です。基本になるのは「―∪∪」(「タータタ」というリズム)という単位で、これをダクテュロス(δάκτυλος [dáktylos])といいます。ラテン語では dactylus [ダクテュルス]、英語では dactyl [ダクティル]です。このダクテュロスを5回くりかえして、最後に「――」(「ターター」)をつけたものがヘクサメトロスの1行です。「――」のことをスポンデイオス(σπονδεῖος [spondêːos スポンデ~オス])といって、ラテン語では spondeus [スポンデーウス]、英語では spondee [スポンディー]です。5回くりかえすダクテュロス(―∪∪)はこのスポンデイオス(――)におきかえることもできますが、5番めの部分ではスポンデイオスはまれで、ホメーロスでは全体の5パーセントほどです(ラテン語の韻律では5番めの部分にはスポンデイオスはゆるされないといわれているみたいですが、ギリシャ語では、すくないことはたしかですが、ないわけではありません)。それから、行の最後の単位はみじかいものもゆるされています。行の最後はみじかい単位でもながいものとしてあつかわれる、ということもできます。このことはたいていの韻律にあてはまります。以上をまとめると つぎのようになります。タテの線は韻律の構成をあらわしているだけで、単語や文章のきれめとは関係ありません。

ヘクサメトロスの実例はつぎのページをみてください。
 ・ホメーロス『イーリアス』のうたいだし
 ・キュクロープス、トリケラトプス
 ・「ウーティス」と名のったオデュッセウス
 ・フランクフルトのアイゼルナー橋のギリシャ語
 ・9柱のムーサ
 ・十二星座、十二宮のおぼえかた
 ・プレアデスの七姉妹
 ・アダムは東西南北
 ・シモーニデースのことばあそび
 ・ギリシャ語のなぞなぞ
 ・曜日の由来(1) 曜日の順序と1週間
 ・ムーサによびかける歌

エレゲイオン

エレゲイオン(ἐλεγεῖον [eleɡêːon エレゲ~オン])は2行からなる形式で、2行だけのみじかい詩もあれば、この2行をくりかえすながいものもあります。この形式の詩をエレゲイア(ἐλεγεῖα [eleɡêːa エレゲ~ア])といって、ラテン語では elegia [エレギーア]、elegi [エレギー]などといいます。英語ではこれが elegy [エレジー]ということばになりましたが、古代のこの形式のことは elegiac couplet [エレジャイアック カプレット]といいます。1行めは上で説明したヘクサメトロスで、2行めはペンタメトロス(πεντάμετρος [pentámetros])といわれています。ペンタメトロスというのは、ダクテュロス(―∪∪)ふたつにながい単位(―)をひとつつづけたものを2回くりかえしたものです。前半のふたつのダクテュロスはスポンデイオス(――)におきかえることもできます。行の最後の単位がみじかくてもいいのは、ヘクサメトロスとおなじです。これをまとめると つぎのようになります(いまではエレゲイオンの2行めは字をさげてかく習慣があります。また、タテ2本線のところには単語のきれめがくるのですが、文章のくぎりではありません)。

エレゲイオンの実例はつぎのページをみてください。
 ・プトレマイオスの詩
 ・6時間労働とギリシャ数字
 ・文法家のむすめのこども
 ・プリアーポスもまけた
 ・ギリシャ語のなぞなぞ

イアンボス・トリメトロス

イアンボス・トリメトロス(ἴαμβος τρίμετρος [íambos trímetros])は、イアンボス(「∪―」。ラテン語で iambus [イアンブス]、英語で iamb(us) [アイアンブ(アイアンバス)])をふたつつなげた「∪―∪―」が基本要素で、最初のみじかい単位(∪)のところはながい単位(―)もゆるされるので、「――∪―」のばあいもあります。これを3回くりかえして1行になります。ラテン語では iambicus senarius [イアンビクス セーナーリウス]、iambicus trimeter [イアンビクス トリメテル]、英語では iambic trimeter [アイアンビック トリメター]といいます。ヘクサメトロスとかとおなじように、行の最後の単位はみじかくてもかまいません。これをまとめると つぎのようになります。

これはあくまで基本形で、ジャンルによってこまかいちがいがありますが、ながい単位(―)をみじかい単位ふたつ(∪∪)でおきかえることもよくあります。アリストテレースの『詩学』(1449a24-26)に、この韻律はふだんのはなしことばのリズムにいちばんちかい、とかいてあるように、劇の対話の部分などによくつかわれます。

イアンボス・トリメトロスの実例はつぎのページをみてください。
 ・メナンドロスの格言
 ・俳優座劇場のレリーフのギリシャ語

アナクレオーン風

アナクレオーン風(ギリシャ語で Ἀνακρεόντειος [anakreónteːos アナクレオンテ~オス]、ラテン語で Anacreonteus [アナクレオンテーウス]、英語で Anacreontic)といわれる韻律の基本的な形式は、

というもので、行の最後の単位はみじかくてもかまいません。これは「∪∪――」をふたつつなげた「∪∪――|∪∪――」(イオーニアー式二歩格、ionic dimeter)のまんなかのふたつの単位をいれかえたかたちになっています。詩人のアナクレオーン(紀元前570年ごろ-5世紀なかば)にちなんでつけられた名まえで、アナクレオーンがよくつかった韻律がもとになっています。この韻律をつかった詩をアナクレオーン風歌謡〔アナクレオンテイア/アナクレオンテア〕(ギリシャ語で Ἀνακρεόντεια [anakreónteːa アナクレオンテ~ア]、ラテン語で Anacreontea [アナクレオンテーア])といいますが(アナクレオーン風歌謡」)、つかわれる韻律にはいくつかバリエーションがあって、基本形のほかに、イオーニアー式二歩格や、最初のみじかい2単位をひとつにしてながい単位にしたものや、最初のみじかい単位をなくしたもの(ἡμίαμβος [hɛːmíambos ヘーミアンボス])などがあります。以上の代表的な形式をまとめればこうなります。

アナクレオーン風の実例はつぎのページをみてください。
 ・アナクレオーン風歌謡

オイディプース:オイディプス、エディプス。 ソポクレース:ソフォクレース、ソポクレス、ソフォクレス。 ホメーロス:ホメロス。 アリストテレース:アリストテレス。 アナクレオーン:アナクレオン。 イオーニアー:イオニア。

関連記事
 ・「ギリシャ語記事一覧:詩
 ・「ギリシャ語記事一覧:『ギリシャ詞花集』(Anthologia Graeca)
 ・ユニコードのギリシャ数字と音楽記号と韻律記号
 ・古典式発音と日本語的発音
 ・古典ギリシャ語の閉鎖音+流音
 ・ギリシャ語の「閉鎖音+流音」の発音
 ・無声音になる流音

2005.12.04 kakikomi; 2014.09.30 kakitasi

|

« 参考記事: 古典ギリシャ語のアクセントの規則 | トップページ | 参考記事: 古典ギリシャ語の名まえのつづりと発音:
もくじ »