« ハングルの連声 | トップページ | 「モモ」のDVD »

よゐこ浜口が「弟」「おとうと」ってかけないのは日本語のかきかたのせいだ

テレビ の 番組 で よゐこ の 浜口 〔濱口〕 が 「弟」 って いう 字 を かけない って はなし に なった。 じっさい かかせて みる と たけ かんむり から かきはじめた から、 「第」 と まちがえてた ん だろう。 それ から ひらがな で も あやしい って いわれて、 今度 は 「おとおと」 って かいた。 どっち も あり がち だ けど、 こんな こと が おこる の は ニホン語 の いま の かきかた が おかしい から だ。

ひとつ は 漢字 を つかってる こと だ けど、 それ は ほか で も かいてる から、 いま は もう ひとつ の ほう を とりあげよう。 「現代仮名遣い」 だ と、 オ列 を のばす とき かきかた が ふたつ あって、 「う」 を つづける ばあい と 「お」 を つづける ばあい が ある。 これ は もちろん 単語 に よって きまってる。 たとえば 「その とり に しよ」 (ソノ トーリ ニ シヨー) って いう ふう に。 こんな こと に なる の は 旧かなづかい を ひきずってる から だ。 ただし 「う」 を つづける ほう が おおい から、 「とうり」 って いう まちがい の ほう が よく ある か も。 あと、 漢字 に かくれて ふだん は 気 が つかない って こと も ある か。 それ に して も、 こんな かきわけ に なん の 意味 が ある ん だろ。 全部 「お」 を つづけりゃ いい じゃ ない か。

浜口 の ばあい、 こう いう キャラ で やってる し、 これ は これ で わらい に なってる わけ だ けど、 世間 じゃ 漢字 が かけなかったり かなづかい を まちがえたり する と バカ に される こと が おおい だろう。 でも そんな こと で それ こそ 《差別》 したり バカ に したり する なんて、 ほんと バカバカしい。 漢字 を たくさん しってる と あたま が いい みたい に いう の だって どう か と おもう。 ものしり に は ちがい ない し、 趣味 と して は ひと の 勝手 だけ ど ね。

関連記事
 ・松坂桃李の「とおり」

2004.10.31 kakikomi; 2012.09.29 kakikae

|

« ハングルの連声 | トップページ | 「モモ」のDVD »