« ブッダとウォータン | トップページ | 「金八先生」と依存症 »

林と森のちがい

すこしまえのテレビ番組で林と森のちがいについて解説してたのをみたことがあるけど、「林」と「森」っていう漢字にまどわされないで、ちゃんとことばそのものから説明してたのがよかった。林と森のちがいっていうと、漢字のほうからかんがえて、木の数のちがいみたいなはなしになっちゃうことがおおいけど。

森林文化協会によると、「はやし」の語源はヒゲをはやすとかの「はやす」で、植樹林みたいに人間がはやして、すこしでも人間の手がはいってるもののことで、人工的にはやしたもの。「もり」は、自然に「もり」あがってるっていうニュアンスで、人間のちからのおよばない、自然のちからではえた木ぎのこと。面積とかおおきさは関係ないってことだった。

そういえば、神社のまわりのこだちのことは「はやし」とはいわないで「もり」っていうもんな。これは「杜」ともかくけど、とにかく面積とか木のおおさとは関係ない。最近は神社の「もり」もけっこうせまくなっちゃってるのもおおいけど、要するに、もともと植林したものじゃなくて自然の森だからなんだ。

類義語辞典なんかをみると、「もり」のほうが「はやし」よりも神秘的な感じがするともかいてある。これも、「もり」が自然のものだからだろう。

こういうちがいについて、「林」と「森」って漢字はなんにもつたえてない。字をみると「森」のほうが木がおおいみたいにおもうけど、面積とかおおきさには関係ないってことなんだから、そのへんどうなんだろ。類義語辞典には、「もり」のほうが「はやし」よりも木が密集してたくさんしげってるともかいてある。これなんかは、漢字からきたイメージがもとになって、そういう区別ができたってかんがえられないかな。ただ、植樹林より自然の森のほうが木が密集してるのは事実かもしれないから、そのことから、それぞれの漢字をあてることになったのかも?

ところで、自然の森は「原生林」ともいうけど、ここで漢字のつかいかたがおかしくなってくる。日本語の「はやし」は人間の手がはいってるものをいうのに、「原生林」に「林」って漢字がつかわれてる。自然のものなら「もり」のはずなのに。つまり、もともとの漢字の意味は、日本語の「はやし」と「もり」とはズレてるってことだろう。「林」と「森」っていう漢字を、完全に日本語の「はやし」と「もり」をかきあらわすためにつかうんなら問題ないかもしれないけど、こういうふうに、「はやし」と「もり」ってことばの区別とはちがうつかいかたをするとなると、やっぱりおかしいんじゃないかな。漢字は訓よみがあって意味がわかるんだから、音よみだけに制限するのはよくないっていうひとがいるけど、これをみると、音よみと訓よみで意味がちがうこともあるわけだから、おんなじ字でかくっていうのはどうなんだろ。

関連記事
 ・金八先生の一面的な授業

2005.01.27 kakikomi

|

« ブッダとウォータン | トップページ | 「金八先生」と依存症 »