« 木札百人一首 | トップページ | ネコの日 »

ギリシャ語からつけたネーミング

外国語をつかったネーミングといえば、もちろん英語がいちばんおおい。そのなかにはギリシャ語起源のことばもあるけど、直接ギリシャ語からつけた名まえっていうのは当然そうおおくはない。そんななかで、ギリシャ語そのものからとった名まえをいくつかみつけた。

駅のショッピング・モールの名まえで「アスティ(Asty)」っていうのがある。これはギリシャ語の ἄστυ [ásty アステュ]だ(現代ギリシャ語の発音で[アスティ])。「都市、町」っていう意味がある。古代アテネでただ「アステュ」っていえば、まわりの田園地帯に対してアテネのことだった。

介護用ベッドに「キューマ」っていうのがある。これはコマーシャルでもいってたけど、ギリシャ語の κῦμα [kŷːma キューマ]で「波」。

けっこうまえのことだけど、雑誌で「エピステーメー」っていう名まえのがあった。これはギリシャ語の ἐπιστήμη [epistɛ̌ːmɛː エピステーメー]で、「知識、学問、熟練」っていう意味だ。

いまでてる雑誌で「アステイオン」っていうのもある。この ἀστεῖον [astêːon アステ~オン]は、最初にかいた「アステュ」からうまれた形容詞 ἀστεῖος [astêːos アステ~オス]の中性単数形で、意味は「都会ふうの、上品な、教養ある、機知にとむ」。中性単数だから、そういうようなこと・ものってことになる。

日本の宇宙航空研究開発機構が計画してる月探査プロジェクトは「セレーネ」って名まえだけど、これもギリシャ語といえばギリシャ語。っていうか、SELENE は SELenological and ENgineering Explorer の略だって説明してるけど、ギリシャ語の σελήνη [selɛ̌ːnɛː セレーネー]つまり「月」にあわせてつくったことばだろう。それに最初の selenological (月学的)のなかに「セレーネー」がはいってる。

そういえば、どっかの大学のテニス・サークルに「エレウテリア」っていうのがあったっけ。いまもあるのかな。ギリシャ語の ἐλευθερία [eleutʰeríaː エレウテリアー]で、意味は「自由」。そういえば、ギリシャ独立運動のときのモットーに ελευθερία ή θάνατος [エレフセリーア・イ・サーナトス](現代語の発音)っていうのがあって、「自由か、さもなければ死(freedom or death)」ってことだけど、ギリシャの国旗のヨコ線はこのモットーの9音節をあらわしてるってはなしもある。

関連記事
 ・「アイルー」の語源とアクセント

2005.02.18 kakikomi; 2010.09.12 kakinaosi

|

« 木札百人一首 | トップページ | ネコの日 »

コメント

うちの自転車は「ONEIROS」とネームが書いてあります。辞書をひいてみたらDREAM?
日々「夢」にまたがって10数年、何度かパンクしましたが、まだ壊れてません…、って洒落を言わせたいためなのでしょうかネェ?

投稿: JIIRA | 2006.07.02 18:40

そんなところにもギリシャ語が…。ギリシャ語のネーミングというと、たいてい古典ギリシャ語で、この「ONEIROS」もそうですね。古典語ではこれは男性名詞なんですけど、複数形になると中性になります。そのせいか、現代語の「όνειρο〔oniro〕[オーニロ]」は単数でも中性名詞になっています。

男性名詞の複数形が中性になるというのは、ほかにも例があって、これは、もともと中性複数の主格・対格の語尾が集合名詞の語尾だったことと関係あるようです。

投稿: yumiya | 2006.07.03 08:47

有名な商標では、XEROXがギリシャ語のXEROS(dry)から来ているというのはホントですかネェ?確かに湿式の複写機が全盛の時代に「乾式」というのは画期的でしたけどね。
コピーのことを西洋人が「ゼロックス」と言うのが奇妙に感じられた時代でした。

Liddell&Scotの辞書(このLiddell氏はアリス・リッデルのパパらしいですね)は同僚の子息に貸したまま戻って来ないので、Oxfordのペーパーバックを開いてみました。
でも、XEROSにwidowerの意味しか書いてないです。ちょっとネェ…これは。

投稿: JIIRA | 2006.07.04 23:07

「XEROX」はそもそも「X」からはじまってるところがギリシャ語っぽいですね。なまえの由来は「xerography」で、「xero-」も「graphy」ももとはギリシャ語です。ということは、「XEROX」はギリシャ語そのままのネーミングというわけではありませんね。こういうふうにギリシャ語起源の英語とかからつけたネーミングはたくさんあるでしょう。

「xero-」のもとは「ΞΗΡΟΣ〔xêros〕[クセーロス]」で、おはなしのとおり「かわいている」です。「おとこやもめ」のほうは「ΧΗΡΟΣ〔khêros〕[ケーロス]」ですね。

Liddell & Scott は大型と中型がオンラインでひけますよ。右サイドバーの「ギリシャ語リンク」にある「Perseus」のなかにあります。

投稿: yumiya | 2006.07.05 10:11

この記事へのコメントは終了しました。

« 木札百人一首 | トップページ | ネコの日 »