« サンダーバードのペネロープ | トップページ | 旧かなづかいは日本の伝統? »

KAT-TUNはコットン?

視聴率絶好調の「ごくせん」(第2シリーズ)に、KAT-TUN[カトゥーン]っていうグループのふたり、赤西仁[あかにし じん]と亀梨和也[かめなし かずや]がでてるけど、このグループの名まえって……。

ドイツ語で Kattun [カトゥーン]っていうとキャラコつまり木綿の布地のことだけど(英語の cotton [コットン])、なんで木綿なんだ?とおもったら、メンバー6人のかしら文字をつなげただけだった。でも、よみかたまでドイツ語とおんなじだよな。

かしら文字をつなげてことばとしてよめるようにしたら、たまたまドイツ語の単語とおんなじになって、よみかたをそのまんまつかったのかな。まったくおんなじじゃアレだから、ハイフンでもいれて。もちろんドイツ語のネーミングなんてあんまりないし、このことばもしられてないだろうから、ドイツ語のことはふれないことにして。それとも、ドイツ語なんてまったく関係ないのかな。

cartoon [カートゥーン]とか「勝つ運」とかにかけてるみたいだけど、それはもちろんあとからかんがえたことだろう。ただちょっとくるしいよな、マンガがどうとかこうとかいうのは。「勝つ運」のほうがまだマシ。それから、ハイフンについても、あとからつけたリクツがありそう(KAT-TUNのハイフンと画数」)。

それにしても、「ごくせん」にでてるふたりは……。
この番組みてて、赤亀のふたりがよくにてて区別つかないっていってたひとがいるけど、亀梨ファンの子もふたりがにてるなんていってたぐらいだから、たしかににてるんだな。もともと顔はそんなににてないとはおもうんだけど、「ごくせん」みてるかぎり、まぎらわしいことはまぎらわしい。髪がたとかはっきりちがうんならわかりやすかったんだろうに。

関連記事
 ・KAT-TUNのハイフンと画数

2005.03.13 kakikomi

|

« サンダーバードのペネロープ | トップページ | 旧かなづかいは日本の伝統? »