« 「金八先生」最終回 | トップページ | 肉汁、愛猫 »

ひらがな自治体

「平成の大合併」で「ひらがな自治体」がふえたらしい。ひらがなの自治体っていえば、ふるいとこだと「つくば市」があるけど、ひらがな表記っていうのがちょっとふしぎだった。それが、ここんとこふえてるっていうのがなかなかおもしろい。

合併でできた「ひらがな自治体」をざっとあげてみると、「つがる市」「にかほ市」「さくら市」「みかも市」「さいたま市」「かほく市」「あわら市」「いなべ市」「南あわじ市」「さぬき市」「東かがわ市」「うきは市」「東そのぎ市」「みなべ町」「つるぎ町」「いの町」「きほく町」「あさぎり町」「さつま町」……。

ひらがなにした理由としては、「したしみやすい」「清新さがある」「やわらかくあたたかい感じ」なんていうのがあるらしい。それから、「いなべ市」と「そのぎ市」みたいに、漢字のままだとそれぞれ「員弁市」「彼杵市」で「よみかたがむずかしいから」っていうのもある。それとか、「対等合併だから現在の漢字表記とはべつのものがのぞましい」っていう理由のとこもある。

これに対して、土地の名まえをひらがなにしちゃ地域の由来がたどれなくなるんじゃないかって心配してる学者もいる。でも、地域の由来がたどれなくなるばあいがあるとしても、それはひらがなのせいっていえる?

合併した自治体の名まえにもいろいろあるわけで、対等合併のばあいなんかはどっちかに有利な名まえはまずいってことで、なかには地域の歴史を無視したような名まえをつけることもあるだろう。そういうばあいはたしかに地域の由来をたどれなくなるだろうけど、それはひらがなのせいってわけじゃない。それに、漢字ならそれだけで由来がたどれるかなあ。

土地の名まえの漢字なんかほんとにあて字がおおいじゃないか。そんな漢字から地域の由来がたどれるとはおもえない。たとえば、万博をやってた「愛知」。愛知県は、1872年(明治5年)に名古屋県(尾張)と額田県(三河)が合併してできた県だけど、名まえは古代からあった。『日本書紀』に「吾湯市[あゆち]村」「年魚市[あゆち]郡」、『万葉集』に「年魚道[あゆぢ]」、『二十巻本和名抄』に「愛智(阿伊知)」、『延喜式』に「愛智郡」、『霊異記』に「阿育知[あいち]」、『尾張国熱田太神宮縁起』に「阿由知[あゆち]」、『続日本紀』に「愛知郡」っていうふうにでてきて、「東風の吹くところ」とか「わき水が豊富なところ」とか説明されてる。だから、どの漢字もまったくのあて字だし、 「愛知」っていう漢字から地域の由来がたどるわけじゃない(「愛・地球博」っていう漢字をふくめたダジャレはできるけど)。

だから、ヘンなあて字とかよけいな漢字なんかないほうが、そういうものにわずらわされないで地域の由来をかんがえることができるんじゃないかな。この学者みたいなことをかんがえてるひとは、ただたんに感覚的にひらがなの名まえが気にくわないだけなんじゃないの?

ちなみに、土地の名まえのあて字については、カナモジカイのサイトのなかの「アテ漢字のイロイロと そのガイ」「市町村名はカナ書きが望ましい(1)~「幸手市」の場合~」「市町村名はカナ書きが望ましい(2)~「あきる野市」と「鹿嶋市」~」ってページにいろいろかいてある。

関連記事
 ・ひらがな自治体からわかる由来

2005.03.27 kakikomi; 2009.06.12 kakinaosi

|

« 「金八先生」最終回 | トップページ | 肉汁、愛猫 »