« ウルトラセブンの名まえ | トップページ | 3つの「じてん」 »

新字体と旧字体

漢字の新字体と旧字体っていうのは、1949年に「当用漢字字体表」ができたときにつくられた用語らしい。たとえば「学」「体」「声」が新字体で「學」「體」「聲」が旧字体だけど、この旧字体のほうを「正字」とか「本字」なんていって、歴史的に由緒あるただしい字だっておもってるひともいるわけだ。歴史があるっていうのはほんとだろうけど、「ただしい」かどうかは別問題。それに、ふるいほうがいいんなら、もっとさかのぼって隷書とか篆書みたいなふる~い書体をもちだしたら? 歴史的に書体ってものはかわってきてるんだから「正字」も「本字」もないだろう。

旧字体のなかには、じつは由緒ただしくないのもある。たとえば「來」とか「乘」は漢和辞典ってものができて以来の字体で、江戸時代までは「来」「乗」だったってことだから、それなら、「來」「乘」は旧字体なんていうようなもんじゃないし、「来」「乗」を新字体っていうのもおかしい。戦後になって明治よりまえにもどっただけのはなしだし、「來」「乘」は明治から敗戦のころまでのあいだつかわれてただけなんだから。

ほかには、活字だけの旧字体っていうのもある。たとえば「增」「德」「恆」「贊」は旧字体の活字だけど、かくばあいは戦前でも「増」「徳」「恒」「賛」だった。由緒ただしい旧字体をつかってるつもりで「增」「德」「恆」「贊」ってかいたとしても、それは活字をなぞってるだけで、むかしからつかわれてた楷書とはちがう。

旧字体なんて、しょせんはおんなじ漢字のちがうデザインにすぎないだろう。隷書とか篆書だって、おんなじ漢字で書体がちがうだけだ。ただ、それにしても、旧字体の活字はみた目が不格好なのがおおいとおもう。

そういえば、芸名に旧字体をつかってるひとなんかもいる。たとえば「來」をつかってる名まえとか。ほんとの旧字体のつもりなら、ちょっとちがうだろっていいたいけど、「來」がすきだっていうんなら、趣味の問題だからひとの勝手か。それとも、レトロっていうか、明治・大正だか昭和初期の感じにしたいとか? それか、戸籍の字体にあわせただけなのかな。

関連記事
 ・本名は旧漢字?

2005.04.04 kakikomi

|

« ウルトラセブンの名まえ | トップページ | 3つの「じてん」 »