« コンクラーベ | トップページ | イギリス英語の母音 »

解答と回答

「解答」と「回答」はどっちも「かいとう」だけど(ほかにも「かいとう」はあるけど、いまはそれはおいといて)、なんでこんなまぎらわしいことばがいきのこってんだ。……もちろん、漢字があるからだ。

「解答」は問題に対するこたえ、「回答」は要求とか といあわせに対するこたえだけど、「解答」の「解」は「とく」だから、問題をとくことで、よくわかる。でも、「回答」の「回」のほうは「まわる」「まわす」からじゃ意味がよくわかんない。これは、「めぐりまわる」ってことから「とってかえす」つまり「でてったものがもどってきた」ことにつかうらしいんだけど、その意味ならもっとふつうの「返」がある。じっさい「回答」とおんなじ意味で「返答」っていうのがあるし、「返事」ともいえる。

「かいとう」は「解答」だけにして、「回答」の意味には「返答」とか「返事」をつかえばいいとおもう。もちろん「こたえ」だっていい。

こないだよんだ本に、「肯定の回答を予め期待する疑問文」っていう文があった。これなんか「肯定の返事を」っていえばいいいいとおもうんだけど。

関連記事
 ・好天と荒天
 ・水星とすい星
 ・ソーセージと双生児と早生児
 ・3つの「じてん」
 ・民族と民俗

2005.04.20 kakikomi

|

« コンクラーベ | トップページ | イギリス英語の母音 »