« ローマ字のつづり | トップページ | 『書物としての新約聖書』 »

ユーロ

「ユーロ」っていう通貨をニュースなんかでみききすると、どうも、なんで「ユーロ」なんだろ、っておもっちゃう。日本語としては、べつのよみかたでもよかったのに。

「ユーロ」っていうのは英語よみだけど、ユーロ圏で英語なのはアイルランドぐらいじゃなかったっけ。あとは英語じゃないんだから、この単位を英語としてよまなくてもよさそうなもんだっておもったりする。

ドイツなら「オイロ」、フランスなら「ウロ」、イタリアなら「エウロ」、ギリシャなら「エヴロ」になる。このなかのとくにどこってこともないから、EURO っていうのをそのままよんで「エウロ」あたりじゃダメだったのかな(結果としてイタリアなんかとおんなじになるけど)。それか、EURO は Europa、Europe をみじかくしたものなんだから、日本語の「ヨーロッパ」をちぢめて「ヨーロ」っていうのもありえたとおもう。まあ、いまさらそんなこといってもしょうがないか。

2005.05.27 kakikomi

|

« ローマ字のつづり | トップページ | 『書物としての新約聖書』 »