« 金剛ニェムマって? | トップページ | あたりまえの疑問にこたえようとしなくなった学問 »

国文法のおかしなところ

学校でならう国文法に品詞分解なんてものがあるけど、あの品詞のわけかたは外国人に日本語をおしえるときの文法とはちがう。これは、ローマ字文とくらべてみるとよくわかる。いちばんちがいがわかるのは用言(動詞とか形容詞とか)だろう。

たとえば「とった」は、国文法だと動詞の連用形「とっ」と助動詞「た」に分解するけど、ローマ字なら totta 全体でひとつの単語(の活用形)になる。それから「とろう」は国文法なら未然形「とろ」と助動詞「う」にわけるけど、ローマ字なら toroo/torô でこれもひとつの単語(の活用形)だ。

こういう国文法の品詞分解をみると、ホントおかしいとおもう。「とっ」なんて途中で発音がきれないところできっちゃうし、「とろう[トロー]」だって「とろ」ではきれない。「とろ」が未然形だっていうのもくるしい説明だし、「う」なんていう助動詞は実体がなくて、「トロー」って発音をかなづかいで「とろう」ってかいてるもんだから、「う」ってものがあるみたいにみえるだけだ。

これを英語におきかえてみればもっとはなしがはっきりするかもしれない。たとえば looking を look と ing にきりはなしたり、looked を look と ed にわけて、ing と ed を助動詞っていってるのとおんなじことだ。国文法でいう助詞と助動詞は、単語としての助詞と助動詞だけじゃなくて、こういう語尾もふくまれてるわけだ。

なんでこういうことになったかっていうと、日本語が単語のわかちがきをしてないからで、そのために、単語のきれ目以外に、語尾みたいなとこでもきっちゃって、そういうのを全部いっしょにして品詞だなんていってるわけだ。もちろん、わかちがきっていってもいろいろあって、文節できってれば、わかちがきしててもやっぱり国文法みたいなことになっちゃうかもしれない。

国文法でいちばんヘンなのは一部の助詞と助動詞のあつかいだ。その例として未然形接続のものをかんがえてみると、結論からいえば、未然形につくものはぜんぶ語尾のはずで、未然形なんていう独立したかたちはないっていえる。

未然形なんてものがないっていうのは、それだけで単独でつかわれることがないからだ。連用形とか終止形とか命令形ならそのあとになんにもなくても独立した単語になってる。こういうのに対して未然形はそのあとに国文法でいう助動詞がつかないで単独でつかわれることはない。だから独立した単語のかたちとはいえない。こういうものを、自立形式に対して付属形式っていうけど、付属形式につくものもやっぱり付属形式だから、未然形につく助動詞も付属形式ってことになる(わかちがきのための単語のみわけかた」)。だから、こういう助動詞は独立した助動詞っていう単語じゃなくて動詞の語尾で、未然形と助動詞をあわせてひとつの単語の変化形になってるわけだ。

「とる」っていう動詞を例にとれば、未然形「とら」「とろ」なんていう独立した変化形はなくて、これに国文法でいう助動詞がついた「とらせる」「とられる」「とらない」「とろう」が、独立した単語としての動詞の変化形だってことになる。それぞれ、使役形、受身形、否定形、意志形とでもいえばいいだろう(用語はいろいろかんがえられる)。

おんなじことは仮定形にもいえる。「みる」を例にとれば、仮定形「みれ」なんてものはなくて、国文法でいう助詞がついた「みれば」が動詞の変化形で、これこそが仮定形ってことになる。国文法の助詞にも語尾がふくまれてるわけだ。

形容詞もおんなじことで、「あつい」を例にとれば、「あつかろう」「あつければ」でそれぞれ独立した単語としての変化形になる。

それから、それぞれの変化形がさらにべつの変化をする。使役形「とらせる」なら、これの命令形「とらせろ」、仮定形「とらせれば」、否定形「とらせない」、意志形「とらせよう」とかがある。

ここでおもしろいのは、動詞の否定のかたちと、形容詞の否定のかたちがちがうってことだ。動詞は否定の語尾「ない」がついて否定形になるけど、形容詞のあとにつく「ない」はそれじたいが形容詞だ。動詞は否定形全体でひとつの単語だけど、形容詞の否定のいいかたは、ふたつの単語をつかうわけだ。つまり形容詞には否定形っていう変化形はない。このふたつの区別は国文法にもあるし、形容詞につく「ない」が形容詞だってこともかわりがない。形容詞のばあいは連用形に「ない」がつづく。

「とらない」と「あつくない」をくらべてみよう。単語らしいものがならんでるばあいに、それぞれがほんとに単語かをたしかめる方法として、そのふたつのあいだにほかの単語が自由にはいりこめるかどうかっていうのがある。そこで、助詞「は」「も」をいれてみると、動詞のほうは「とりしない」「とりしない」になるけど、形容詞のほうは「あつくない」「あつくない」っていうふうになる。

形容詞のばあいは、ただ「あつく」と「ない」のあいだに「は」「も」がはいりこんだだけで、「あつく」と「ない」そのものはなんのかわりもない。このことから、「あつく」と「ない」はそれぞれ独立した単語だってことがわかる。ところが、動詞のほうは、いわゆる未然形だったのが「とり」っていう連用形にかわって、「ない」のほうもただの「ない」じゃなくて「しない」になってる。これは、未然形なんていう独立したかたちがないもんだから、否定の語尾「ない」がなくなると、そのまんまじゃいられないからだ。それから、「ない」のほうも語尾なもんだから、もともとくっついてた「とる」からひきはなされたせいで、補助になる「する」って動詞が必要になった。それで「する」の否定形「しない」になる。こういうことからも、「とらない」は全体でひとつの単語で、独立した単語としては分解できないってことがわかる。

つぎに連用形だけど、「とっ」なんていう連用形はおかしいだろう。たしかに独立した連用形「とり」ってものはあるけど、「とっ」も連用形だなんていうのはどうかとおもう。「とった」「とって」で独立したひとつの単語のかたちだし、「た」「て」はそれぞれ助動詞と助詞じゃない。このふたつは語尾だから、独立した連用形とおんなじかたちのもの、たとえば「はなし」に接続した「はなした」「はなして」も語尾がついたかたちなわけで、全体でひとつの単語ってことになる。連用形に助動詞か助詞がついたなんてことにはならない。

形容詞もおんなじことで、「あつかった」「あつくて」でそれぞれひとつの単語の変化形になる。

それから、こういう文法だと、「とりたい」「とります」も全体でひとつの単語ってことになる。この「とり」も連用形「とり」とおんなじかたちだけど、「たい」「ます」っていうのが、はたらきとか変化がちがういろんな独立した単語につくわけじゃなくて、この連用形とおんなじかたちのものにしかつかないから、これじたいは独立した単語とはかんがえられない。そういうわけで、これも語尾になる。語尾っていう用語じゃないほうがいいのかもしれないけど、とにかく独立した単語じゃなくて付属形式だ。

これに対して、たとえば「らしい」は名詞にも動詞にも形容詞にも、それに、ちがう変化形にもつくから、単語だっていえる。「おとこ らしい(=おとこであるらしい)」「とる らしい」「とった らしい」「とらない らしい」「とらなかった らしい」「あつい らしい」「あつかった らしい」。こういうのは国文法のとおり助動詞っていっていい。

この「らしい」と形容詞をつくる語尾の「らしい」とはちがう(これは国文法とおんなじ)。たとえば「男っぽい」って意味の「おとこらしい」は、全体でひとつの形容詞になってて、「おとこ らしい(=おとこであるらしい)」とは意味もちがう。

助動詞「らしい」は形容詞とおんなじ変化をするけど、これもまた「らしかった」「らしくて」「らしければ」がそれぞれ独立した変化形ってことになる。

国文法の品詞分解がヘンなのは、古文でもかわりがない。だいたいのとこでいえば、未然形・連用形・已然形接続の助詞と助動詞については、現代語とおんなじようなもんで、語尾ってかんがえたほうがいいはずだ(ただし、独立したかたちとしての連用形と已然形はある)。これに対して、終止形・連体形接続のものは「らしい」みたいなもんで、助詞と助動詞でいい。

とくにおかしい例として、完了・存続の助動詞「り」をとりあげてみたい。この助動詞の接続に国文法のおかしなところがよくあらわれてるとおもう。

これはもともと動詞の連用形に「あり」がついたもので、たとえば kaki+ari だったものが、ia っていう母音の連続が e にかわって、kakeri になった。だから「り」だけきりはなして助動詞なんていうようなもんじゃないのに、助動詞ってことになってる。

それに、そもそも接続の説明がおかしい。四段動詞の已然形とサ変の未然形につくってことになってるけど(「かけり」「せり」)、四段のほうは命令形につくっていう説明もある。もうひとつの完了・存続の“助動詞”「たり」が連用形につくのに、「り」の接続はなんなんだ。

奈良時代には、已然形と命令形にちがいがあった。「歴史的仮名遣い」だとわからないけど、万葉がなだとちがいがわかる。この奈良時代の区別を「上代特殊仮名遣い」っていうけど、その区別からすると、「り」は命令形につくことになる。でも、そうだとしても、完了・存続の助動詞が命令形に接続するなんてわけわかんないじゃないか。已然形っていったっておんなじことだ。未然形だってそうだ。けっきょくこれは、どの活用形に接続するとかいうことじゃないからだ。

もちろん、「り」の起源については古文の文法書にも辞書にもふつうにかいてあるんだけど、やっぱり「り」をきりはなして助動詞にするのはちょっとおかしい感じがするのか、どれもな~んか歯ぎれがわるい説明になってるようにおもう。

起源としては連用形+「あり」だけど、それがくっついちゃってひとつのかたちになったんだから、「かけり」とか「せり」は全体でひとつの動詞の変化形で、完了形とか存続形とかいうことになるだろう。

ここで説明したみたいな、国文法とはちがう日本語文法は、日本語研究とか外国人におしえる日本語文法のほうじゃつかわれてるんだけど(こまかいとこでいろいろちがいがあるにしても)、学校の国語の時間にはあいかわらずこのおかしな国文法がおしえられてて、生徒の知性を侮辱しつづけてる。

わかちがき:分かち書き、分ち書き。

関連記事
 ・わかちがきのための単語のみわけかた
 ・いわゆる形容動詞について
 ・日本語の複合動詞
 ・まともな日本語文法
 ・古文のわかちがき
 ・古文のわかちがきの実例(1) 『古事記』
 ・古文のわかちがきの実例(2) 『百人一首』
 ・古文のわかちがきの実例(3) 『平家物語』

2005.07.08 kakikomi; 2009.03.21 kakikae

|

« 金剛ニェムマって? | トップページ | あたりまえの疑問にこたえようとしなくなった学問 »

コメント

確かに「取った」の古形「取りたり」が「取りてあり」、「取れり」が「取りあり」からそれぞれ来たと見ることで、『助動詞』「たり」「り」は仮定された存在だと言う説明が可能なのでしょうね。
それにしても、「助動詞」という説明方法も、本当に夢マボロシのような存在なんですね。
象徴的羽衣のようなもの…、文法の枠組みってそんなイメージがしてきます。勿論、全く人為的な縫い目の見えない天まで届く羽衣仕様から、借り物衣装まで、レベルは様々あるのかもしれませんけどね。

投稿: JIIRA | 2006.08.02 23:02

この記事へのコメントは終了しました。

« 金剛ニェムマって? | トップページ | あたりまえの疑問にこたえようとしなくなった学問 »