« ドイツ語の「e」と「ä」 | トップページ | 母音・半母音としての「L」と「R」 »

まともな日本語文法

外国人に日本語をおしえるときにつかわれる文法は学校の国文法とはちがってる。そういう文法についてかいてある本をちょっと紹介したいとおもう。

まずは、吉川武時さんの『日本語文法入門』(アルク)。このひとの基本的な主張は「助動詞のない文法」で、説明に助動詞ってものがでてこない。ただし、この本のかきかたからすると、「助動詞のない文法」ってことをはっきりいってる感じにはなってないけど(みおとしてるだけ?)。

この著者のサイトがある(吉川武時のホームページ)。日本語文法のほかに、イタリア語・フィンランド語とかの外国語のこととか、日本語と外国語のちがいとかについてもいろいろかいてある。それに、ここでははっきり「助動詞のない文法」ってことばをつかってる。

つぎは、江副隆秀さんの本で、『日本語を外国人に教える日本人の本』と『外国人に教える日本語文法入門』。どっちも創拓社からでてる。日本語の単語を「変化する言葉(動詞グループ)」と「変化しない言葉(名詞グループ)」におおきくわけるっていうのが特徴だけど、これだけなら、むかしからある用言と体言っていうわけかたとかわりない。それとちがうのは、国文法でいう形容動詞を、「変化する言葉(動詞グループ)」(=用言)じゃなくて、「なに名詞」として「変化しない言葉(名詞グループ)」のほうにいれてることだ。「なに名詞」っていうのは、「きれいな」「きれいに」みたいに「な」と「に」がつく名詞ってこと。

形容動詞について、『日本語文法入門』のほうは「ナ形容詞」ってことばをつかって形容詞の仲間にいれてるけど(いわゆる形容詞は「イ形容詞」)、

文法的にみると、形容動詞つまりナ形容詞は、ほとんど名詞と同じ振舞いをする。“形容名詞”あるいは“名詞形容詞”と言ってもいいくらいである。英語では Adjectival Noun とか Qualitative Noun と言う。

ともかいてある。

それから、動詞の「た」でおわるかたちについて、『日本語を外国人に教える日本人の本』が、

よく「た」は過去形と言われ、確かに過去の形にも使用されるが、これはあくまで「完了」と考えた方が話は単純化できると思う。

っていってるのもすごくいい。「過去形」なんて用語を日本語の動詞に安直にあてはめるのは、英文法の影響なんだろう。もちろん「完了」っていっても、これはこれで英語とはちがう。でも、その点については、アラビア語とかむかしのヘブライ語の完了だってあるから、そのへんのこともかんがえにいれると、「完了」っていうのは日本語の動詞についてもわるくない用語だとおもう。これに関して、『日本語文法入門』のほうは、過去形ってことばはつかってるけど、

「現在形」「過去形」は、必ずしも、それぞれ「現在」「過去」を表すものではないから、「ルの形」「タの形」と言うこともある

ってかいてある。

どっちも、ただの文法書っていうんじゃなくて、日本語教育の現場で問題になるようなことを実践的にあつかってるから、もう日本語がわかってる人間からすれば、文法としてはあんまり必要じゃないって感じるようなこともかいてあるけど、それだって、あらためて日本語をかんがえてみるにはいい材料になるはず。

日本語教育の現場で工夫された文法は、それぞれ独自にやってるとこがあるから、このふたりの説明のしかたはだいぶちがうけど、それでも、とにかく学校の国文法なんかよりずっとまともな文法だとおもう。

関連記事
 ・国文法のおかしなところ
 ・いわゆる形容動詞について
 ・わかちがきのための単語のみわけかた

2005.09.24 kakikomi

|

« ドイツ語の「e」と「ä」 | トップページ | 母音・半母音としての「L」と「R」 »

コメント

>>吉川武時さんの『日本語文法入門』(アルク)。
>>このひとの基本的な主張は「助動詞のない文法」
>>で、説明に助動詞ってものがでてこない。ただ
>>し、この本の書きかたからすると、「助動詞のな
>>い文法」ってことをはっきり言ってる感じにはな
>>ってないけど(みおとしてるだけ?)。

小生の本、ホームページを紹介いただきまして
ありがとうございます。
見落としていたわけではありません。本は初心者(?)用に書いただけで、ホームページのほうは
私の考えを強く主張したものです。

投稿: 吉川武時 | 2006.07.21 15:15

ご本人からコメントをいただきまして光栄です。
本は「初心者(?)用」ですか…。あの本、というかあのシリーズからして、つよく特定の主張をするわけにはいかなかったのかもしれませんね。

投稿: yumiya | 2006.07.22 10:24

小生のホームページのURLが
w01.i-next.ne.jp/~g140179870/
に変わりました。
よろしく

投稿: 吉川武時 | 2010.11.03 11:36

リンクをかきかえました。

投稿: yumiya | 2010.11.03 17:38

この記事へのコメントは終了しました。

« ドイツ語の「e」と「ä」 | トップページ | 母音・半母音としての「L」と「R」 »