« ハンガリー語にみる古代ギリシャの名まえ | トップページ | ドイツ語の外来語文字 »

6時間労働とギリシャ数字

いまは1日8時間労働ってことになってるけど、ギリシャ語の詩で6時間労働をうたってるみたいなのがある。

ἓξ ὧραι μόχθοις ἱκανώταται, αἱ δὲ μετ᾿ αὐτὰς
 γράμμασι δεικνύμεναι ζῆθι λέγουσι βροτοῖς.

héks hɔ̂ːrai mókʰtʰois hikanɔ̌ːtataj hai met autǎːs
 ɡrámmasi deːknýmenai z(d)ɛ̂ːtʰi léɡuːsi brotôis]

――|――|―∪∪|―∪∪|―∪∪|――
 ―∪∪|―∪∪|―∥―∪∪|―∪∪|―

6時間が骨おり仕事にはもっともふさわしい。そのあとにつづく時間は
 文字であらわせば「いきろ」とひとびとにいっている。
(『ギリシャ詞花集』10.43)

ἕξ [ヘクス]は「6」、ὧραι [ホーライ]は「時間が」、μόχθοις [モクトイス]は「骨おりに、苦労に」、ἱκανώταται [ヒカノータタイ]は「もっともふさわしい」、αἱ [ハイ]は μετ᾿ αὐτάς [メタウタース]にかかる定冠詞、δέ [デ」はかるい接続詞、μετά [メタ]は「~のあと」(つぎの単語が母音ではじまってるから、最後の母音が省略されて μετ᾿ になってる)、αὐτάς [アウタース]は「それら」、γράμμασι [グランマスィ]は「文字(複数)で」、δεικνύμεναι [デ~クニュメナイ]は「しめされれば、あらわされれば」、ζῆθι [ゼーティ/ズデーティ]は「いきろ」、λέγουσι [レグースィ]は「いう、いっている」、βροτοῖς [ブロトイス]は「人間たちに」。それから、この詩の形式はエレゲイオン(古代ギリシャの韻律:エレゲイオン」)。

この詩の2行めは説明が必要だろう。αἱ (δὲ) μετ᾿ αὐτάς は直訳すれば「それらのあとのものは」ってことだけど、「それら」っていうのは「6時間」のことで、そのあとにつづくのは「7、8、9、10」っていう時間、っていうか数字だ。アルファベットは数字をあらわすのにもつかわれて(アルファベット式ギリシャ数字」)、6時間のあとの「7、8、9、10」を、このアルファベット式の数字であらわすと、ζηθι になるんだけど、この4つの数字はこの順序でちょうどひとつの単語 ζῆθι になる。意味は上にかいたみたいに「いきろ」ってことで、動詞の命令形だ。こういうわけで、6時間のあとの時間を文字であらわせば「いきろ」っていってる、ってことになる。

『ギリシャ詞花集』:『ギリシャ詞華集』。

関連記事
 ・アルファベット式ギリシャ数字
 ・ギリシャ語のゲマトリア
 ・アーメンは99
 ・ギリシャ語の文字と発音
 ・古代ギリシャの韻律
 ・「ギリシャ語記事一覧:『ギリシャ詞花集』(Anthologia Graeca)
 ・「ギリシャ語記事一覧:詩

2005.11.15 kakikomi; 2015.09.24 kakinaosi

|

« ハンガリー語にみる古代ギリシャの名まえ | トップページ | ドイツ語の外来語文字 »