« 《メサイア》の「incorruptible」 | トップページ | ラテン文字のアルファベットの名まえ »

ギリシャ語のなぞなぞ

なぞなぞっていってもいろんなものがあるけど、こたえそのものがギリシャ語に即したなぞなぞをふたつ紹介したい。

γράμματος ἀρνυμένου πληγὴν ποδὸς οὔνομα τεύχει
ἡμέτερον, πταίειν δὲ βροτῶν πόδας οὔποτ᾿ ἐάσει.

ɡrámmatos arnyménuː plɛːɡɛ̌ːm podós ǔːnoma těukʰeː
hɛːméteron|ptǎijeːn dé brotɔ̂ːm pódas ǔːpot eǎːseː

―∪∪|―∪∪|――|―∪∪|―∪∪|――
―∪∪|――|―∪∪|―∪∪|―∪∪|――

わたしの名前にひと文字つけたせば足に一撃くらわせるものになる。
もとの名前のままなら決してひとびとの足をつまずかせはしない。
(『ギリシャ詞花集』14.46)

γράμματος ἀρνυμένου [グランマトス アルニュメヌー]は「文字(単数)が手にはいれば」、πληγήν [プレーゲーン]は「打撃を、一撃を」、ποδός [ポドス]は「足の」、οὔνομα [ウーノマ]は「名前が」(イオーニアー方言のかたち。古典ギリシャ語の代表格のアッティカ方言なら ὄνομα [ónoma オノマ])、τεύχει [テウケ~]は「つくる、おこす」、ἡμέτερον [ヘーメテロン]は「わたし(たち)の」、πταίειν [プタイエ~ン]は「つまずくこと」(不定詞)、δέ [デ]はかるい接続詞、βροτῶν [ブロトーン]は「人間たちの」、πόδας [ポダス]は「足が」(複数対格で、不定詞の主語)、οὔποτε [ウーポテ]は「決して…ない」(つぎの単語が母音ではじまってるから、最後の母音が省略されて οὔποτ᾿ になってる)、ἐάσει [エアーセ~]は「ゆるす」。それから、この詩の韻律はヘクサメトロス(古代ギリシャの韻律:ヘクサメトロス」)。

こたえは「サンダル」なんだけど、ギリシャ語でいうと σάνδαλον [sándalon サンダロン]。これに1文字 κ [k]をくわえると、σκάνδαλον [skándalon スカンダロン]になって「わな」って意味になる。このふたつはそれぞれ英語の sandal と scandal (スキャンダル)になってるから、問題をすこしかえれば英語のなぞなぞにもなりそうだ。

もうひとつ、おんなじような なぞなぞで、

ἀνθρώπου μέρος εἰμί, ὃ καὶ τέμνει με σίδηρος.
 γράμματος αἰρομένου δύεται ἠέλιος.

[antr̥ɔ̌ːpuː méros eːmí|kǎi témneːme sídɛːros∥
 ɡrámmatos airoménuː dy̌ːetaj ɛːélios]

――|―∪∪|―∪∪|――|―∪∪|――
 ―∪∪|―∪∪|―∥―∪∪|―∪∪|―

わたしは人間のからだの一部で、鉄がわたしをきる。
 ひと文字とりされば日がしずむ。
(『ギリシャ詞花集』14.35)

っていうのもある。ἀνθρώπου [アントロープー]は「人間の」、μέρος [メロス]は「一部」、εἰμί [エ~ミ]は「わたしは…だ(I am)」(アクセントがなくなって、まえの単語といっしょに発音される)、ὃ καί [ホ カイ]は「それで、それだから」、τέμνει [テムネ~]は「きる、きりさく、きりわける」、με [メ]は「わたしを」、σίδηρος [スィデーロス]は「鉄が」、γράμματος αἰρομένου [グランマトス アイロメヌー]は「文字(単数)がとりのぞかれれば」、δύεται [デューエタイ]」は「しずむ」、ἠέλιος [エーエリオス]は「太陽が」(叙事詩の方言のかたち。アッティカ方言なら ἥλιος [hɛ̌ːlios ヘーリオス])。それから、この詩の形式はエレゲイオン(古代ギリシャの韻律:エレゲイオン」)。

こたえは「爪」なんだけど、ギリシャ語でいうと ὄνυξ [ónyks オニュクス]。これから1文字 ο をとると νύξ [nýks ニュクス]になって、「夜」って意味になる。つまり「日がしずむ」。「オニュクス」はオニキス(onyx、シマメノウ)っていう宝石の名前になってて、「ニュクス」は夜の女神の名前でもある(夜の女神は「夜」っていう名前)。

『ギリシャ詞花集』:『ギリシャ詞華集』。 イオーニアー:イオニア。

関連記事
 ・「ギリシャ語記事一覧:詩
 ・「ギリシャ語記事一覧:『ギリシャ詞花集』(Anthologia Graeca)
 ・古代ギリシャの韻律

2005.12.30 kakikomi; 2015.09.24 kakinaosi

|

« 《メサイア》の「incorruptible」 | トップページ | ラテン文字のアルファベットの名まえ »