« 「ブルータス、おまえもか」 | トップページ | セラーフィームの複数形 »

「X'mas」じゃなくて「Xmas」

去年のいまごろは、やたらと X'mas っていうのをみかけた。そこらの英和辞典には、アポストロフィーをつけた X'mas はまちがいだってちゃんとかいてあるのに…。それが、気のせいかもしれないけど、ことしはテレビでもそこらの広告でも Xmas っていうのをけっこうみる。アポストロフィーはいらないっていうのがじょじょにしられてきたのかな。もちろん X'mas っていうのもみないことはないけど。

そんなことおもってたら、「トリビアの泉」でもアポストロフィーはまちがいっていうのをやってた。いろいろ英和辞典があるなかで、なぜか「ライトハウス」がでてきてたけど。で、ほかでもきいたことある説明で、Xmas は省略じゃないからアポストロフィーはいらないっていうんだけど、これはこれで省略なんじゃ…。

Xmas の X は英語のエックスじゃなくて、ギリシャ文字の Χ だ。この文字の名まえは古代ギリシャ語なら「ケー(ケイ)」または「キー」、現代ギリシャ語なら「ヒ」で、英語よみだと「カイ(chi)」になる(ギリシャ語の文字と発音:Χ χ」)。この Χ は Christmas の Christ- をあらわしてるわけだけど、これはギリシャ語でキリストを ΧΡΙΣΤΟΣ/Χριστός [kiːstós クリーストス](現代ギリシャ語の発音で[xriˈstɔs フリストス])ってかくから、そのかしら文字をとったものだ。だから、これだって省略だ。ただし、Xmas そのものは X と mas (=mass、ミサ)をくっつけたかきかたで、Christmas を直接略したものじゃないってことなら、それはそうだろう。ついでにいうと、そもそも「キリスト」ってことばは、さかのぼればギリシャ語起源で、日本語で「リスト」じゃなくて「リスト」になってるのは、むかしの外来語らしいとこだ(むかしの外来語」)。

X をつかう略したかたとしては、ほかに、Christian (キリスト教徒)を Xtian とか Xn.、Christianity (キリスト教)を Xtianity とか Xnty. ってかくこともある。それから、Christopher って名まえを Xpher ってかくこともあった。Xmas にしても Xtmas とか Xstmas っていう略しかたもあったし、Xn. とか Xnty. みたいに Xmas. っていうふうにピリオドがついてたこともあった。ピリオドがついてるかきかたのばあいは、やっぱり省略形って意識があるんだろう。

それから、キリストとは関係ないけど、crystal (クリスタル)の略として Xtal とか xtal っていうのもある。クリスタルもギリシャ語からきてるけど、ギリシャ語じゃ κρύσταλλος [krýstallos クリュスタッロス](氷、水晶)で χ ではじまってるわけじゃない。それに、ギリシャ語の χ は英語にすると ch になるけど、クリスタルはキリストとちがって、ch じゃなくて c だ。つまり、クリスタルを Xtal とか xtal って略すのはもとのギリシャ語が χ ではじまってるからじゃなくて、Xmas とか Xtian の X- と crys- が英語でおんなじ発音だから、それをまねしただけなんだろう。

Xmas ってかきかたは16世紀ごろからつかわれてきたらしいけど、いまじゃ広告のイメージがあるせいか、正式な文章ではさけられてるみたいだ。とくに、Christmas の Christ- (キリスト)の部分をエックスとおんなじかたちの文字でおきかえてるもんだから、エックスっていえば Mr X みたいなもんで、クリスマスからキリストをかくして、たんなる商売道具にしてる感じがするのかも。日本のクリスマスにはちょうどよさそうだけど…。そういえば、クリスマスそのものが、もともとはキリスト教よりまえからある行事をとりいれたものだったんだし、実際の誕生日ってことでもないわけだから、エックスマスもいいかもしれない。ちなみに、「エックスマス」って発音もあることはあるけど、とくにアメリカ人にはこの発音が気にくわないひとがおおいらしい。

2005.12.15 kakikomi; 2010.09.13 kakinaosi

|

« 「ブルータス、おまえもか」 | トップページ | セラーフィームの複数形 »