« 「セロ」ってなに語の名まえ? | トップページ | 古典ギリシャ語がきけるウェブサイト »

カワイイ

「カワイイ」って日本語が国際語になってきてるらしくて、「Kawaii」ってタイトルのフランス語のテレビ番組があったりもする。このことばをフランス人は「キャワイイ」って発音してたけど、なるほどそうだよな。フランス語の /ka/ の /k/ はけっこうまえよりの音だから、日本語の「キ」の子音[kʲ]みたいなもんだし、アラビア語の /k/ ともいえる。café は「キャフェ」、quatre は「キャトル」みたいになる。/ga/ の /g/ もおんなじで、garçon は「ギャルソン」って感じになる。ちなみに、英語の cat を「キャット」、gal を「ギャル」ってカタカナでかくのも、[æ]っていう母音の影響で /k/ /g/ がまえよりになるからだ。

そういえば、「カワイイ」については、ひとむかしまえにも話題になったことがあったっけ。女子高生なんかがなんでもかんでも「カワイイ」っていうもんだから、語いが不足してるなんてはなしになってた。学者やら評論家やらは、いまでもまだそんなこといってる。でも、これって語いの問題?

オジサンが「かわいい」っておもわないものを女子高生が「カワイイ」っていってるからって、それで表現がとぼしいってことになるのかな。問題はことばじゃなくって感覚のちがいだろう。語いが不足してるんじゃなくって、ほんとに「カワイイ」っておもうから「カワイイ」っていってるだけなんじゃないの? それをことばの問題にしちゃうのは、学問とか評論とかを商売をしてるひとらしいことなんだろうけど、結局は自分たちがいいやすいほうにはなしをもってっちゃってるだけだろう。

かりに語いが不足してるんだとして、自分たちがつかうようなおかしな漢語をいろいろつかえってことなのかな。学者とか評論家がつかうような、漢字にたよらなきゃなんにもいえないようなあんな日本語を手本にしろとでもいうわけ? それに、平安文学みたいにすくなめの語いでいろいろ表現するのだって立派な国語力だ。「キモカワイイ」みたいな「○○カワイイ」っていいかたも、そんなもんかもしれない。「カワイイ」にもいろいろあって、そのビミョーなとこをこうやっていいわけてるわけだ。それに、「造語力」っていうとすぐに漢字ってことになるけど、こういういいかたには、やまとことばの造語力がしっかりあらわれてるじゃないか。

2006.01.15 kakikomi

|

« 「セロ」ってなに語の名まえ? | トップページ | 古典ギリシャ語がきけるウェブサイト »