« ユビキタス | トップページ | 神がみの「血」 »

シモーニデースのことばあそび

シモーニデースはケオース島うまれの抒情詩人(紀元前556~468)だけど、このひとの作品にちょっとしたことばあそびの詩がある。やたらと「ソ(ー)」がでてくる。韻律はヘクサメトロス(古代ギリシャの韻律:ヘクサメトロス」)。

Σῶσος καὶ Σωσὼ σωτήρια τόνδ᾿ ἀνέθηκαν,
Σῶσος μὲν σωθείς, Σωσὼ δ᾿ ὅτι Σῶσος ἐσώθη.

[sɔ̂ːsos kǎi sɔːsɔ̌ː sɔːtɛ̌ːria tónd anétʰɛːkan∥
sɔ̂ːsoz més sɔːtʰěːs|sɔːsɔ̌ː d hóti sɔ̂ːsos esɔ̌ːtʰɛː

――|――|――|―∪∪|―∪∪|――
――|――|――|―∪∪|―∪∪|――

ソーソスとソーソーが感謝のささげものとしてこれを奉納しました。
ソーソスは自分がすくわれたお礼に、ソーソーはソーソスがすくわれたお礼に。
(161D、『ギリシャ詞花集』6.216)

こういう(ことばあそびって意味じゃなくて)奉納の詩はけっこうたくさんのこってる。Σῶσος [ソーソス]は男の名まえ。καί [カイ]は「と」。Σωσώ [ソーソー]は女の名まえ。σωτήρια [ソーテーリア]は「すくわれたことに対する感謝のささげものとして」。τόνδε [トンデ]は「これを」で、つぎの単語が母音ではじまってるから、最後の母音が省略されて τόνδ᾿ になってる。ἀνέθηκαν [アネテーカン]は「奉納した」。μέν [メン]は「一方は」。σωθείς [ソーテ~ス]は「すくわれて」。 δ᾿ ὅτι [ドティ]はもともと δὲ ὅτι で、δέ の母音が省略されて δ᾿ ὅτι になってる。δέ [デ]は μέν [メン] に対して「もう一方は」。ὅτι [ホティ]は「~から(理由)」。ἐσώθη [エソーテー]は「すくわれた」。

ささげものとしては三脚のかなえ(τρίπους [trípuːs トリプース])なんがおおかったみたいだけど、これは男性名詞で、この詩の τόνδ᾿ (これを)も男性形だから、やっぱりここでもそうなんだろう。

ここにあげた本文は Loeb Classical Library の “The Greek Anthology” にはいってるものだけど、一部ちがってる本文もある。それだと、σωτήρια のとこが σῶτερ, σοὶ [sɔ̂ːter sǒi ソーテル ソイ](すくい主よ、あなたに)になってる。

Σ/σ [s](シグマ)の音については、ハリカルナッソスのディオニューシオスがかいた『文章構成法』に、

優美さに欠けて不快であり、頻繁に使われるとはなはだしく苦痛を与えます。スースーという音は、理性の音声であるよりは、理性をもたない野獣の声に近いように思われるからです。少なくとも幾人かの古人は、これをごくまれに、しかも警戒しながらしか使いませんでしたし、歌曲全体を σ 音抜きで制作した詩人さえいます。
(木曽明子ほか訳『修辞学論集』西洋古典叢書、京都大学学術出版会)

なんてかいてあって、つづいて、ピンダロスが σ の音について「人間に嫌われる」ってうたってることにもふれてる。こういうふうにいろいろわるくいわれてる σ だから、このシモーニデースの詩は、それをさか手にとったあそびなんだろう。

シモーニデース:シモニデス。 ケオース:ケオス。 『ギリシャ詞花集』:『ギリシャ詞華集』。 ハリカルナッソス:ハリカルナーソス。 ディオニューシオス:ディオニュシオス。

関連記事
 ・「ギリシャ語記事一覧:『ギリシャ詞花集』(Anthologia Graeca)
 ・「ギリシャ語記事一覧:詩
 ・古代ギリシャの韻律

2006.01.30 kakikomi; 2015.09.24 kakinaosi

|

« ユビキタス | トップページ | 神がみの「血」 »