« 古文のわかちがきの実例(1) 『古事記』 | トップページ | 古文のわかちがきの実例(3) 『平家物語』 »

古文のわかちがきの実例(2) 『百人一首』

古文のわかちがきの実例として、ふたつめは『百人一首』をあげる。わかちがきした文は、ひらがなとローマ字の2種類で、かなづかいはいわゆる「歴史的かなづかい」。ただし、ひらがな文はわかりやすいようにちいさい「っ」「ゃ」「ゅ」「ょ」「ゎ」をつかった。ローマ字のハ行の子音は古文だから f であらわした(日本語のローマ字つづり」)。

参考のために最後に「原文」をつけた。ただし「原文」っていっても、つたわってる写本はいろいろで、文字づかいもちがってるから、ここでは、たまたま印影本をもってる、酒井家旧蔵の兼載筆の『百人一首』をもとにすることにした。ふつうの『百人一首』とちがっているとことか脱字なんかはなおしてあるけど、かなづかいとかは原本どおり。

あき の た の かりほ の いほ の とま を あらみ わ が ころもで は つゆ に ぬれつつ (てんぢ てんわう)

はる すぎて なつ きにけらし しろたへ の ころも ほす てふ あま の かぐやま (ぢとう てんわう)

あしびき の やまどり の を の しだりを の ながながし よ を ひとり か も ねむ (かきのもと の ひとまろ)

たごのうら に うち いでて みれば しろたへ の ふじ の たかね に ゆき は ふりつつ (やまべ の あかひと)

おくやま に もみぢ ふみ わけ なく しか の こゑ きく とき ぞ あき は かなしき (さるまる たいふ)

かささぎ の わたせる はし に おく しも の しろき を みれば よ ぞ ふけにける (ちゅうなごん やかもち)

あま の はら ふり さけ みれば かすが なる みかさ の やま に いでし つき か も (あべ の なかまろ)

わ が いほ は みやこ の たつみ しか ぞ すむ よ を うぢやま と ひと は いふ なり (きせん ほふし)

はな の いろ は うつりにけり な いたづら に わ が み よ に ふる ながめ せし ま に (をの の こまち)

これ や こ の ゆく も かへる も わかれて は しる も しらぬ も あふさか の せき (せみまる)

わた の はら やそしま かけて こぎ いでぬ と ひと に は つげよ あま の つりぶね (さんぎ たかむら)

あま つ かぜ くも の かよひぢ ふき とぢよ をとめ の すがた しばし とどめむ (そうじゃう へんぜう)

つくばね の みね より おつる みなのがは こひ ぞ つもりて ふち と なりぬる (やうぜい ゐん)

みちのく の しのぶ もぢずり たれ ゆゑ に みだれ そめにし われ ならなく に (かはら の さだいじん)

きみ が ため はる の の に いでて わかな つむ わ が ころもで に ゆき は ふりつつ (くゎうこう てんわう)

たち わかれ いなば の やま の みね に おふる まつ と し きかば いま かへり こむ (ちゅうなごん ゆきひら)

ちはやぶる かみよ も きかず たつたがは からくれなゐ に みづ くくる と は (ありはら の なりひら あそん)

すみのえ の きし に よる なみ よる さへ や ゆめ の かよひぢ ひとめ よく らむ (ふぢはら の としゆき あそん)

なにはがた みじかき あし の ふし の ま も あはで こ の よ を すぐしてよ と や (いせ)

わびぬれば いま はた おなじ なには なる み を つくして も あはむ と ぞ おもふ (もとよし しんわう)

いま こむ と いひし ばかり に ながつき の ありあけ の つき を まち いでつる か な (そせい ほふし)

ふく から に あき の くさき の しほるれば むべ やまかぜ を あらし と いふ らむ (ふんや の やすひで)

つき みれば ちぢ に もの こそ かなしけれ わ が み ひとつ の あき に は あらねど (おほえ の ちさと)

こ の たび は ぬさ も とり あへず たむけやま もみぢ の にしき かみ の まにま に (くゎんけ)

な に し おはば あふさかやま の さねかづら ひと に しられで くる よし もが な (さんでう の うだいじん)

をぐらやま みね の もみぢば こころ あらば いま ひとたび の みゆき またなむ (ていしん こう)

みかのはら わきて ながるる いづみがは いつ みき とて か こひしかる らむ (ちゅうなごん かねすけ)

やまざと は ふゆ ぞ さびしさ まさりける ひとめ も くさ も かれぬ と おもへば (みなもと の むねゆき あそん)

こころあて に をらば や をらむ はつしも の おき まどはせる しらぎく の はな (おほしかうち の みつね)

ありあけ の つれなく みえし わかれ より あかつき ばかり うき もの は なし (みぶ の ただみね)

あさぼらけ ありあけ の つき と みる まで に よしの の さと に ふれる しらゆき (さかのうへ の これのり)

やまがは に かぜ の かけたる しがらみ は ながれ も あへぬ もみぢ なりけり (はるみち の つらき)

ひさかた の ひかり のどけき はる の ひ に しづごころ なく はな の ちる らむ (き の とものり)

たれ を か も しる ひと に せむ たかさご の まつ も むかし の とも ならなく に (ふぢはら の おきかぜ)

ひと は いさ こころ も しらず ふるさと は はな ぞ むかし の か に にほひける (き の つらゆき)

なつ の よ は まだ よひ ながら あけぬる を くも の いづこ に つき やどる らむ (きよはら の ふかやぶ)

しらつゆ に かぜ の ふき しく あき の の は つらぬき とめぬ たま ぞ ちりける (ふんや の あさやす)

わすらるる み をば おもはず ちかひてし ひと の いのち の をしく も ある か な (うこん)

あさぢふ の をの の しのはら しのぶれど あまりて など か ひと の こひしき (さんぎ ひとし)

しのぶれど いろ に いでにけり わ が こひ は もの や おもふ と ひと の とふ まで (たひら の かねもり)

こひ す てふ わ が な は まだき たちにけり ひと しれず こそ おもひ そめしか (みぶ の ただみ)

ちぎりき な かたみ に そで を しぼりつつ すゑのまつやま なみ こさじ と は (きよはら の もとすけ)

あひ みて の のち の こころ に くらぶれば むかし は もの を おもはざりけり (ごん ちゅうなごん あつただ)

あふ こと の たえて し なく は なかなか に ひと を も み を も うらみざらまし (ちゅうなごん あさただ)

あはれ と も いふ べき ひと は おもほえで み の いたづら に なりぬ べき か な (けんとく こう)

ゆら の と を わたる ふなびと かぢ を たえ ゆくへ も しらぬ こひ の みち か な (そね の よしただ)

やへむぐら しげれる やど の さびしき に ひと こそ みえね あき は きにけり (ゑぎゃう ほふし)

かぜ を いたみ いは うつ なみ の をのれ のみ くだけて もの を おもふ ころ か な (みなもと の しげゆき)

みかきもり ゑじ の たく ひ の よる は もえ ひる は きえつつ もの を こそ おもへ (おほなかとみ の よしのぶ あそん)

きみ が ため をしからざりし いのち さへ ながく もが な と おもひける か な (ふぢはら の よしたか)

かく と だに え や は いぶき の さしもぐさ さ し も しらじ な もゆる おもひ を (ふぢはら の さねかた あそん)

あけぬれば くるる もの と は しり ながら なほ うらめしき あさぼらけ か な (ふぢはら の みちのぶ あそん)

なげきつつ ひとり ぬる よ の あくる ま は いか に ひさしき もの と か は しる (うだいしゃう みちつな の はは)

わすれじ の ゆくすゑ まで は かたければ けふ を かぎり の いのち と もが な (ぎどうさんし の はは)

たき の おと は たえて ひさしく なりぬれど な こそ ながれて なほ きこえけれ (だいなごん きんたふ)

あらざらむ こ の よ の ほか の おもひで に いま ひとたび の あふ こと もが な (いづみ しきぶ)

めぐり あひて みし や それ と も わかぬ ま に くもがくれにし よは の つき か な (むらさき しきぶ)

ありまやま ゐな の ささはら かぜ ふけば いで そ よ ひと を わすれ や は する (だいに の さんみ)

やすらはで ねなまし もの を さよ ふけて かたぶく まで の つき を みし か な (あかぞめ ゑもん)

おほえやま いくの の みち の とほければ まだ ふみ も みず あま の はしだて (こしきぶ の ないし)

いにしへ の なら の みやこ の やへざくら けふ ここのへ に にほひぬる か な (いせ の たいふ)

よ を こめて とり の そらね は はかる と も よ に あふさか の せき は ゆるさじ (せい せうなごん)

いま は ただ おもひ たえなむ と ばかり を ひとづて ならで いふ よし もが な (さきゃう の だいぶ みちまさ)

あさぼらけ うぢ の かはぎり たえだえ に あらはれ わたる せぜ の あじろぎ (ごん ちゅうなごん さだより)

うらみ わび ほさぬ そで だに ある もの を こひ に くちなむ な こそ をしけれ (さがみ)

もろとも に あはれ と おもへ やまざくら はな より ほか に しる ひと も なし (だいそうじゃう ぎゃうそん)

はる の よ の ゆめ ばかり なる たまくら に かひ なく たたむ な こそ をしけれ (すはう の ないし)

こころ に も あらで うき よ に ながらへば こひしかる べき よは の つき か な (さんでう の ゐん)

あらし ふく みむろ の やま の もみぢば は たつた の かは の にしき なりけり (のういん ほふし)

さびしさ に やど を たち いでて ながむれば いづこ も おなじ あき の ゆふぐれ (りゃうぜん ほふし)

ゆふ されば かどた の いなば おとづれて あし の まろや に あきかぜ ぞ ふく (だいなごん つねのぶ)

おと に きく たかしのはま の あだなみ は かけじ や そで の ぬれ も こそ すれ (いうし ないしんわうけ の きい)

たかさご の をのへ の さくら さきにけり とやま の かすみ たたず も あらなむ (さき の ちゅうなごん まさふさ)

うかりける ひと を はつせ の やまおろし はげしかれ と は いのらぬ もの を (みなもと の としより あそん)

ちぎり おきし させも が つゆ を いのち にて あはれ ことし の あき も いぬ めり (ふぢはら の もととし)

わた の はら こぎ いでて みれば ひさかた の くもゐ に まがふ おき つ しらなみ (ほっしゃうじ の にふだう さき の くゎんぱく だいじゃう だいじん)

せ を はやみ いは に せかるる たきがは の われて も すゑ に あはむ と ぞ おもふ (すとく ゐん)

あはぢしま かよふ ちどり の なく こゑ に いくよ ねざめぬ すま の せきもり (みなもと の かねまさ)

あきかぜ に たなびく くも の たえま より もれ いづる つき の かげ の さやけさ (さきゃう の だいぶ あきすけ)

ながからむ こころ も しらず くろかみ の みだれて けさ は もの を こそ おもへ (たいけん もんゐん ほりかは)

ほととぎす なきつる かた を ながむれば ただ ありあけ の つき ぞ のこれる (ごとくだいじ の さだいじん)

おもひ わび さて も いのち は ある もの を うき に たへぬ は なみだ なりけり (だういん ほふし)

よ の なか よ みち こそ なけれ おもひ いる やま の おく に も しか ぞ なく なる (くゎうたいこうぐう の だいぶ しゅんぜい)

ながらへば また このごろ や しのばれむ うし と みし よ ぞ いま は こひしき (ふぢはら の きよすけ あそん)

よもすがら もの おもふ ころ は あけ やらで ねや の ひま さへ つれなかりけり (しゅんゑ ほふし)

なげけ とて つき や は もの を おもはする かこちがほ なる わ が なみだ か な (さいぎゃう ほふし)

むらさめ の つゆ も まだ ひぬ まき の は に きり たち のぼる あき の ゆふぐれ (じゃくれん ほふし)

なにはえ の あし の かりね の ひとよ ゆゑ み を つくして や こひ わたる べき (くゎうか もんゐん の べったう)

たま の を よ たえなば たえね ながらへば しのぶる こと の よはり も ぞ する (しょくし ないしんわう)

みせばや な をじま の あま の そで だに も ぬれに ぞ ぬれし いろ は かはらず (いんぷ もんゐん の たいふ)

きりぎりす なく や しもよ の さむしろ に ころも かたしき ひとり か も ねむ (ごきゃうごく せっしゃう さき の だいじゃう だいじん)

わ が そで は しほひ に みえぬ おき の いし の ひと こそ しらね かはく ま も なし (にでうゐん の さぬき)

よ の なか は つね に もが も な なぎさ こぐ あま の をぶね の つなで かなし も (かまくら の うだいじん)

みよしの の やま の あきかぜ さよ ふけて ふるさと さむく ころも うつ なり (さんぎ まさつね)

おほけなく うき よ の たみ に おほふ か な わ が たつ そま に すみぞめ の そで (さき の だいそうじゃう じゑん)

はな さそふ あらし の には の ゆき ならで ふり ゆく もの は わ が み なりけり (にふだう さき の だいじゃう だいじん)

こぬ ひと を まつほのうら の ゆふなぎ に やく や もしほ の み も こがれつつ (ごん ちゅうなごん ていか)

かぜ そよぐ なら の をがは の ゆふぐれ は みそぎ ぞ なつ の しるし なりける (じゅにゐ いへたか)

ひと も をし ひと も うらめし あぢきなく よ を おもふ ゆゑ に もの おもふ み は (ごとば ゐん)

ももしき や ふるき のきば の しのぶ に も なほ あまり ある むかし なりけり (じゅんとく ゐん)

Aki no ta no karifo no ifo no toma wo arami wa ga koromode fa tuyu ni nuretutu (Teñdi Teñwau)

Faru sugite natu kinikerasi sirotafe no koromo fosu tefu Ama no Kaguyama (Ditou Teñwau)

Asibiki no yamadori no wo no sidariwo no naganagasi yo wo fitori ka mo nemu (Kakinomoto no Fitomaro)

Tagonoura ni uti idete mireba sirotafe no Fuzi no takane ni yuki fa furitutu (Yamabe no Akafito)

Okuyama ni momidi fumi wake naku sika no kowe kiku toki zo aki fa kanasiki (Sarumaru Taifu)

Kasasagi no wataseru fasi ni oku simo no siroki wo mireba yo zo fukenikeru (Tyuunagon Yakamoti)

Ama no fara furisake mireba Kasuga naru Mikasa no yama ni idesi tuki ka mo (Abe no Nakamaro)

Wa ga ifo fa miyako no tatumi sika zo sumu yo wo udiyama to fito fa ifu nari (Kiseñ Fofusi)

Fana no iro fa uturinikeri na itadura ni wa ga mi yo ni furu nagame sedi ma ni (Wono no Komati)

Kore ya ko no yuku mo kaferu mo wakarete fa siru mo siranu mo Afusaka no seki (Semimaru)

Wata no fara yasosima kaketa kogi idenu to fito ni fa tugeyo ama no turibune (Sañgi Takamura)

Ama tu kaze kumo no kayifidi fuki todiyo wotome no sugata sibasi todomemu (Souzyau Heñzeu)

Tukubane no mine yori oturu Minanogafa kofi zo tumorite futi to narinuru (Yauzei Wiñ)

Mitinoku no sinobu modizuri tare yuwe ni midare sominisi ware naranaku ni (Kafara no Sadaiziñ)

Kimi ga tame faru no no ni idete wakana tumu wa ga koromode ni yuki fa furitutu (Kwaukou Teñwau)

Tati wakare Inaba no yama no mine ni ofuru matu to si kikaba ima kaferi komu (Tyuunagoñ Yukifira)

Tifayaburu kamiyo mo kikazu Tatutagafa karakurenawi ni mizu kukuru to fa (Arifara no Narifira Asoñ)

Suminoe no kisi ni yoru nami yoru safe ya yume no kayofidi fitome yoku ramu (Fudifara no Tosiyuki Asoñ)

Nanifagata mizikaki asi no fusi no ma mo afade ko no yo wo sugusiteyo to ya (Ise)

Wabinureba ima fata onazi Nanifa naru mi wo tukusite mo afamu to zo omofu (Motoyosi Siñwau)

Ima komu to ifisi bakari ni nagatuki no ariake no tuki wo mati ideturu ka na (Sosei Fofusi)

Fuku kara ni aki no kusaki no siforureba mube yamakaze wo arasi to ifu ramu (Fuñya no Yasufide)

Tuki mireba tidi ni mono koso kanasikere wa ga mi fitotu no aki ni fa aranedo (Ofoe no Tisato)

Ko no tabi fa nusa mo tori afezu Tamukeyama momidi no nisiki kami no manima ni (Kwañke)

Na ni si ofaba Afusakayama no sanekadura fito ni sirarede kuru yosi moga na (Sañdeu no Udaiziñ)

Wogurayama mine no momidiba kokoro araba ima fitotabi no miyuki matanamu (Teisiñ Kou)

Mikanofara wakite nagaruru Idumigawa itu miki tote ka kofisikaru ramu (Tyuunagoñ Kanesuke)

Yamazato fa fuyu zo sabisisa masarikeru fitome mo kusa mo karenu to omofeba (Minamoto no Muneyuki Asoñ)

Kokoroate ni woraba ya woramu fatusimo no oki madofaseru siragiku no fana (Ofosikauti no Mitune)

Ariake no turenaku miesi wakare yori akatuki bakari uki mono fa nasi (Mibu no Tadamine)

Asaborake ariake no tuki to miru made ni Yosino no sato ni fureru sirayuki (Sakanoufe no Korenori)

Yamgafa ni kaze no kaketaru sigarami fa nagare mo afenu momidi narikeri (Farumiti no Turaki)

Fisakata no fikari nodokeki faru no fi ni sidugokoro naku fana no tiru ramu (Ki no Tomonori)

Tare wo ka mo siru fito ni semu Takasago no matu no mukasi no tomo naranaku ni (Fudifara no Okikaze)

Fito fa isa kokoro mo sirazu furusato fa fana zo mukasi no ka ni nifofikeru (Ki no Turayuki)

Natu no yo fa mada yofi nagara akenuru wo kumo no iduko ni tuki yadoru ramu (Kiyofara no Fukayabu)

Siratuyu ni kaze no fuki siku aki no no fa turanuki tomenu tama zo tirikeru (Fuñya no Asayasu)

Wasuraruru mi woba omofazu tikaitesi fito no inoti no wosiku mo aru ka na (Ukoñ)

Asadifu no wono no sinofara sinoburedo amarite nado ka fito no kofisiki (Sañgi Fitosi)

Sinoburedo iro ni idenikeri wa ga kofi fa mono ya omofu to fito no tofu made (Tafira no Kanemori)

Kofi su tefu wa ga na fa madaki tatinikeri fito sirezu koso omofi somesika (Mibu no Tadami)

Tigiriki na katami ni sode wo siboritutu Suwenomatuyama nami kosazi to fa (Kiyofara no Motosuke)

Afi mite no noti no kokoro ni kurabureba mukasi fa mono wo omofazarikeri (Goñ Tyuunagoñ Atutada)

Afu koto no taete si naku fa nakanaka ni fito wo mo mi wo mo uramizaramasi (Tyuunagoñ Asatada)

Afare to mo ifu beki fito fa omofoede mi no itadura ni narinu beki ka na (Keñtoku Kou)

Yura no to wo wataru funabito kadi wo tae yukufe mo siranu kofi no miti ka na (Sone no Yositada)

Yafemugura sigereru yado no sabisiki ni fito koso miene aki fa kinikeri (Wegyau Fofusi)

Kaze wo itami ifa utu nami no wonore nomi kudakete mono wo omofu koro ka na (Minamoto no Sigeyuki)

Mikakimori wezi no taku fi no yoru fa moe firu fa kietutu mono wo koso omofe (Ofonakatomi no Yosinobu Asoñ)

Kimi ga tame wosikarazarisi inoti safe nagaku moga na to omofikeru ka na (Fudifara no Yositaka)

Kaku to dani e ya fa Ibuki no sasimogusa sa si mo sirazi na moyuru omofi wo (Fudifara no Sanekata Asoñ)

Akenureba kururu mono to fa siri nagara nafo uramesiki asaborake ka na (Fudifara no Mitinobu Asoñ)

Nagekitutu fitori nuru yo no akuru ma fa ika ni fisasiki mono to ka fa siru (Udaisyau Mitituna no fafa)

Wasurezi no yukusuwe made fa katakereba kefu wo kagiri no inoti to moga na (Gidousañsi no fafa)

Taki no oto fa taete fisasiku narinuredo na koso nagarete nafo kikoekere (Dainagoñ Kiñtafu)

Arazaramu ko no yo no foka no omofide ni ima fitotabi no afu koto moga na (Idumi Sikibu)

Meguri afite misi ya sore to mo wakanu ma ni kumogakurenisi yofa no tuki ka na (Murasaki Sikibu)

Arimayama Wina no sasafara kaze fukeba ide so yo fito wo wasure ya fa suru (Daini no Sañmi)

Yasurafade nenamasi mono wo sayo fukete katabuku made no tuki wo misi ka na (Akazome Wemoñ)

Ofoeyama Ikuno no miti no tofokereba mada fumi mo mizu Ama no Fasidate (Kosikibu no Naisi)

Inisife no Nara no miyako no yafezakura kefu kokonofe ni nifofinuru ka na (Ise no Taifu)

Yo wo komete tori no sorane fa fakaru to mo yo ni Afusaka no seki fa yurusazi (Sei Seunagoñ)

Ima fa tada omofi taenamu to bakari wo fitodute narade ifu yosi moga na (Sakyau no Daibu Mitimasa)

Asaborake Udi no kafagiri taedae ni arafare wataru seze no azirogi (Goñ Tyuunagoñ Sadayori)

Urami wabi fosanu sode dani aru mono wo kofi ni kutinamu na koso wosikere (Sagami)

Morotomo ni afare to omofe yamazakura fana yori foka ni siru fito mo nasi (Daisouzyau Gyausoñ)

Faru no yo no yume bakari naru tamakura ni kafi naku tatamu na koso wosikere (Sufau no Naisi)

Kokoro ni mo arade uki yo ni nagarafeba kofisikaru beki yofa no tuki ka na (Sañdeu no Wiñ)

Arasi fuku Mimuro no yama no momidiba fa Tatuta no kafa no nisiki narikeri (Nouiñ Fofusi)

Sabisisa ni yado wo tati idete nagamureba iduko mo onazi aki no yufugure (Ryauzeñ Fofusi)

Yufu sareba kadota ni inaba otodurete asi no maroya ni akikaze zo fuku (Dainagoñ Tunenobu)

Oto ni kiku Takasinofama no adanami fa kakezi ya sode no nure mo koso sure (Iusi Naisiñwauke no Kii)

Takasago no wonofe no sakura sakinikeri toyama no kasumi tatazu mo aranamu (Saki no Tyuunagoñ Masafusa)

Ukarikeru fito wo Hatuse no yamaorosi fagesikare to fa inoranu mono wo (Minamoto no Tosiyori Asoñ)

Tigiri okisi sasemo ga tuyu wo inoti nite afare kotosi no aki mo inu meri (Fudifara no Mototosi)

Wata no fara kogi idete mireba fisakata no kumowi ni magafu oki tu siranami (Hossyauzi no Nyuudau Saki no Kwañpaku Daizyau Daiziñ)

Se wo fayami ifa ni sekaruru takigafa no warete mo suwe ni afamu to zo omofu (Sutoku Wiñ)

Afadisima kayofu tidori no naku kowe ni ikuyo nezamenu Suma no sekimori (Minamoto no Kanemasa)

Akikaze ni tanabiku kumo no taema yori more iduru tuki no kage no sayakesa (Sakyau no Daibu Akisuke)

Nagakaramu kokoro mo sirazu kurokami no midarete kesa fa mono wo koso omofe (Taikeñ Moñwiñ Horikafa)

Fototogisu nakituru kata wo nagamureba tada ariake no tuki zo nokoreru (Gotokudaizi no Sadaiziñ)

Omofi wabi sate mo inoti fa aru mono wo uki ni tafenu fa namida narikeri (Dauiñ Fofusi)

Yo no naka yo miti koso nakere omofi iru yama no oku ni mo sika zo naku naru (Kwautaikouguu no Daibu Syuñzei)

Nagarafeba mata konogoro ya sinobaremu usi to misi yo zo ima fa kofisiki (Fudifara no Kiyosuke Asoñ)

Yomosugara mono omofu koro fa ake yarade neya no fima safe turenakarikeri (Syuñwe Fofusi)

Nageke tote tuki ya fa mono wo omofasuru kakotigafo naru wa ga namida ka na (Saigyau Fofusi)

Murasame no tuyu mo mada finu maki no fa ni kiri tati noboru aki no yufugure (Zyakureñ Fofusi)

Nanifae no asi no karine no fitoyo yuwe mi wo tukusite ya kofi wataru beki (Kwauka Moñwiñ no Bettau)

Tama no wo yo taenaba taene nagarafeba sinoburu koto no yofari mo zo suru (Syokusi Naisiñwau)

Misebaya na wozima no ama no sode dani mo nureni zo nuresi iro fa kafarazu (Iñpu Moñwiñ no Taifu)

Kirigirisu naku ya simoyo no samusiro ni koromo katasiki fitori ka mo nemu (Gokyaugoku Sessyau Saki no Daizyau Daiziñ)

Wa ga sode fa sifofi ni mienu oki no isi no fito koso sirane kafaku ma mo nasi (Nideuwiñ no Sanuki)

Yo no kana fa tune ni moga mo na nagisa kogu ama no wobune no tunade kanasi mo (Kamakura no Udaiziñ)

Miyosino no yama no akikaze sayo fukete furusato samuku koromo utu nari (Sañgi Masatune)

Ofokenaku uki yo no ami i ofofu ka na wa ga tatu soma ni sumizome no sode (Saki no Daisouzyau Ziweñ)

Fana sasofu arasi no nifa no yuki narade furi yuku mono fa wa ga mi narikeri (Nifudau Saki no Daizyau Daiziñ)

Konu fito wo matufonoura no yufunagi ni yaku ya mosifo no mi mo kogaretutu (Goñ Tyuunagoñ Teika)

Kaze soyogu Nara no wogafa no yufugure fa misogi zo natu no sirusi narikeru (Zyuniwi Ifetaka)

Fito mo wosi fito mo uramesi adikinaku yo wo omofu yuwe ni mono omofu mi fa (Gotoba Wiñ)

Momosiki ya furuki nokiba no sinobu ni mo nafo amari aru mukasi narikeri (Zyuñtoku Wiñ)

秋の田のかりほの庵のとまをあらみわかころもては露にぬれつゝ (天智天皇)

春すきてなつきにけらし白妙のころもほすてふあまのかく山 (持統天皇)

あし引の山鳥の尾のしたりおのなかゝゝし夜をひとりかもねん (柿本人麿)

田子の浦にうち出てみれはしろたへの冨士のたかねに雪はふりつゝ (山辺赤人)

おく山にもみちふみ分なく鹿の声きく時そあきはかなしき (猿丸大夫)

かさゝきのわたせる橋にをく霜のしろきをみれは夜そ深にける (中納言家持)

天の原ふりさけみれはかすかなるみかさの山にいてし月かも (安陪仲麿)

わか庵は宮このたつみしかそすむ世をうち山と人はいふなり (喜撰法師)

花の色はうつりにけりないたつらにわか身世にふるなかめせしまに (小野小町)

これや此ゆくもかへるもわかれてはしるもしらぬもあふ坂の関 (蝉丸)

和田の原やそ嶋かけてこき出ぬと人にはつけよあまのつり舟 (参議篁)

あまつ風雲のかよひ路吹とちよ乙通女のすかたしはしとゝめむ (僧正遍昭)

つくはねのみねよりおつるみなのかは恋そつもりて渕となりぬる (陽成院)

みちのくのしのふもちすり誰ゆへにみたれそめにし我ならなくに (河原左大臣)

君かため春の野にいてゝ若菜つむわかころも手に雪はふりつゝ (光孝天皇)

立わかれいな葉の山の嶺におふるまつとしきかはいまかへりこむ (中納言行平)

ちはやふる神代もきかすたつた河からくれなゐに水くゝるとは (在原業平朝臣)

すみの江の岸による浪よるさへや夢のかよひ路人めよくらむ (藤原敏行朝臣)

難波かたみしかき蘆のふしのまもあはて此世をすくしてよとや (伊勢)

侘ぬれはいまはたおなしなにはなる身をつくしてもあはむとそ思 (元良親王)

いまこむといひしはかりに長月のあり明の月をまち出つるかな (素性法師)

吹からに穐のくさ木のしほるれはむへやまかせをあらしといふらむ (文屋康秀)

月みれはちちに物こそかなしけれわか身ひとつの秋にはあらねと (大江千里)

此たひはぬさもとりあへす手向山紅葉のにしき神のまにゝゝ (菅家)

名にしおはゝ相坂山のさねかつら人にしられてくるよしもかな (三條右大臣)

をくら山みねのもみち葉心あらはいまひとたひのみゆきまたなむ (貞信公)

みかの原わきてなかるゝいつみ河いつみきとてか恋しかるらむ (中納言兼輔)

山さとは冬そさひしさまさりける人めも草もかれぬと思へは (源宗于朝臣)

心あてにおらはやおらむ初霜のをきまとはせるしら菊の花 (凡河内躬恒)

有明のつれなくみえし別よりあかつきはかりうき物はなし (壬生忠岑)

朝ほらけあり明の月とみるまてによし野の里にふれるしら雪 (坂上是則)

山河に風のかけたるしからみはなかれもあへぬ紅葉なりけり (春道列樹)

久かたの光のとけき春の日にしつこゝろなく花の散らむ (紀友則)

誰をかもしる人にせむ高砂の松もむかしの友ならなくに (藤原興風)

人はいさ心もしらす故郷は花そむかしの香にゝほひける (紀貫之)

夏の夜はまたよひなから明ぬるを雲のいつこに月やとるらむ (清原深養父)

しら露に風の吹しく穐の野はつらぬきとめぬ玉そ散ける (文屋朝康)

忘らるゝ身をは思はすちかひてし人の命のおしくもあるかな (右近)

あさちふのを野のしの原忍れとあまりてなとか人のこひしき (参議等)

しのふれと色に出にけりわか恋は物やおもふと人のとふまて (平兼盛)

恋すてふわか名はまたき立にけり人しれすこそおもひそめしか (壬生忠見)

契きなかたみに袖をしほりつゝすゑの松山なみこさしとは (清原元輔)

あひみての後の心にくらふれはむかしは物をおもはさりけり (権中納言敦忠)

あふ事のたえてしなくは中〃に人をも身をもうらみさらまし (中納言朝忠)

あはれともいふへき人はおもほえて身のいたつらになりぬへきかな (謙徳公)

ゆらの戸をわたる舟人かちをたえ行ゑもしらぬ恋の道かな (曽祢好忠)

八重むくらしけれる宿のさひしきに人こそみえねあきは来にけり (恵慶法師)

風をいたみ岩うつ波のをのれのみくたけて物をおもふ此かな (源重之)

御垣もり衛士のたく火の夜はもえひるはきえつゝものをこそ思へ (大中臣能宣)

君かためおしからさりし命さへなかくもかなとおもひけるかな (藤原義孝)

かくとたにえやはいふきのさしも草さしもしらしなもゆるおもひを (藤原実方朝臣)

明ぬれはくるゝ物とはしりなから猶うらめしきあさほらけかな (藤原道信朝臣)

なけきつゝひとりぬる夜の明るまはいかにひさしきものとかはしる (右大将道綱母)

わすれしのゆくすゑまてはかたけれはけふをかきりの命ともかな (儀同三司母)

瀧のをとはたえて久しく成ぬれと名こそなかれて猶きこえけれ (大納言公任)

あらさらむ此世のほかのおもひてにいまひとたひのあふ事もかな (和泉式部)

めくりあひてみしやそれともわかぬまに雲かくれにし夜半の月かな (紫式部)

ありま山ゐなのさゝ原風ふけはいてそよ人をわすれやはする (大弐三位)

やすらはてねなまし物をさ夜深てかたふくまての月をみしかな (赤染衛門)

おほえ山いく野の道の遠けれはまたふみもみすあまの橋たて (小式部内侍)

いにしへのならの都のやへさくらけふこゝのへにゝほひぬるかな (伊勢大輔)

夜をこめて鳥の空ねははかるとも世に相坂の関はゆるさし (清少納言)

いまはたゝおもひ絶なむとはかりを人つてならていふよしもかな (左京大夫道雅)

朝ほらけ宇治の河霧たえゝゝにあらはれわたるせゝのあしろ木 (権中納言定頼)

恨わひほさぬ袖たにある物を恋に朽なむ名こそおしけれ (相模)

もろともにあはれとおもへやま桜花よりほかにしる人もなし (大僧正行尊)

春の夜の夢はかりなる手枕にかひなくたゝむ名こそおしけれ (周防内侍)

こゝろにもあらてうき世になからへは恋しかるへき夜半の月かな (三条院)

あらし吹みむろの山の紅葉ゝはたつ田の川のにしきなりけり (能因法師)

さひしさに宿をたち出てなかむれはいつこもおなし穐の夕暮 (良暹法師)

ゆふされは門田のいな葉をとつれてあしのまろ屋に秋かせそ吹 (大納言経信)

をとに聞たかしの浜のあた波はかけしや袖のぬれもこそすれ (祐子内親王家紀伊)

高砂の尾上のさくら開にけり外山のかすみたゝすもあらなむ (前中納言匡房)

うかりける人を初瀬の山おろしはけしかれとは祈らぬものを (源俊頼朝臣)

契をきしさせもか露を命にてあはれことしのあきもいぬめり (藤原基俊)

わたの原こきいてゝみれは久かたの雲井にまかふおきつしら波 (法性寺入道前関白太政大臣)

瀬をはやみ岩にせかるゝ瀧川のわれてもすゑにあはむとそ思 (崇徳院)

あはち嶋かよふ千鳥のなく声にいく夜ねさめぬすまの関守 (源兼昌)

秋風にたなひく雲のたえまよりもれいつる月の影のさやけさ (左京大夫顕輔)

なかゝらむ心もしらすくろ髪のみたれてけさは物をこそ思へ (待賢門院堀河)

ほとゝきすなきつるかたをなかむれはたゝあり明の月そのこれる (後徳大寺左大臣)

おもひわひさても命はあるものをうきにたへぬはなみたなりけり (道因法師)

世中よ道こそなけれおもひいる山のおくにも鹿そ鳴なる (皇太后宮大夫俊成)

なからへは又此ころやしのはれむうしとみし世そいまは恋しき (藤原清輔朝臣)

夜もすから物おもふころは明やらてねやのひまさへつれなかりけり (俊恵法師)

なけゝとて月やは物をおもはするかこちかほなるわかなみたかな (西行法師)

むら雨の露もまたひぬ槙の葉に霧たちのほる穐のゆふ暮 (寂蓮法師)

難波江の蘆のかりねの一夜ゆへ身をつくしてや恋わたるへき (皇嘉門院別当)

玉のをよたえなはたえねなからへはしのふる事のよはりもそする (式子内親王)

みせはやなをしまのあまの袖たにもぬれにそぬれし色はかはらす (殷富門院大輔)

きりゝゝすなくや霜夜のさむしろにころもかたしきひとりかもねむ (後京極摂政太政大臣)

わか袖は塩干にみえぬおきの石の人こそしらねかはくまもなし (二条院讃岐)

世中はつねにもかもな渚こくあま のをふねの綱手かなしも (鎌倉右大臣)

みよし野の山の秋風さ夜ふけて故郷さむくころもうつなり (参議雅経)

おほけなく浮世の民におほふかなわかたつ杣に墨染の袖 (前大僧正慈円)

花さそふあらしの庭の雪ならてふり行ものはわか身なりけり (入道前太政大臣)

こぬ人をまつほの浦の夕なきにやくやもしほの身もこかれつゝ (権中納言定家)

風そよくなら のを川の夕暮はみそきそなつのしるしなりける (従二位家隆)

人もおしひともうらめしあちきなく世をおもふゆへに物おもふ身は (後鳥羽院)

百敷やふるき軒はのしのふにもなをあまりあるむかしなりけり (順徳院)

わかちがき:分かち書き、分ち書き。

関連記事
 ・古文のわかちがきの実例(1) 『古事記』
 ・古文のわかちがきの実例(3) 『平家物語』
 ・古文のわかちがき
 ・古文のなごりのわかちがき
 ・わかちがきのための単語のみわけかた
 ・単語式わかちがきの実例集
 ・わかちがきに関する誤解
 ・平安時代のわかちがき
 ・国文法のおかしなところ
 ・日本語のローマ字つづり

2006.03.19 kakikomi; 2009.03.28 kakikae

|

« 古文のわかちがきの実例(1) 『古事記』 | トップページ | 古文のわかちがきの実例(3) 『平家物語』 »