« 古文のわかちがきの実例(2) 『百人一首』 | トップページ | 発音記号の名まえ »

古文のわかちがきの実例(3) 『平家物語』

古文のわかちがきの実例として、3つめは『平家物語』から「祇園精舎」「大塔建立」「宗論」「高野巻」「熊野参詣」の一部をあげる。わかちがきした文は、ひらがなとローマ字の2種類で、かなづかいはいわゆる「歴史的かなづかい」。ただし、ひらがな文はわかりやすいようにちいさい「っ」「ゃ」「ゅ」「ょ」「ゎ」をつかった。ローマ字のハ行の子音は古文だから f であらわした(日本語のローマ字つづり」)。

参考のために最後に「原文」をつけた。ただし「原文」っていっても、つたわってる写本はいろいろで、文字づかいもちがってるから、ここでは、和漢混淆文の特徴がひと目でわかるように、漢語だけに漢字をつかった(漢字がきの梵語もふくむ)。かなづかいはいわゆる「歴史的かなづかい」になおした。

「宗論」は秘曲で、これがない本がおおい。ここでは、特定の本文を再現するんじゃなくて、ふたつの本を参照して本文をつくった。

「ぎをん しゃうじゃ」
ぎをん しゃうじゃ の かね の こゑ、 しょぎゃう むじゃう の ひびき あり。 しゃら さうじゅ の はな の いろ、 じゃうしゃ ひっすゐ の ことわり を あらはす。 おごれる ひと も ひさしからず、 ただ はる の よ の ゆめ の ごとし。 たけき もの も つひ に は ほろびぬ。 ひとへ に かぜ の まへ の ちり に おなじ。 とほく いてう を とぶらへば、 しん の てうかう、 かん の わうまう、 りゃう の しゅい、 たう の ろくさん、 これ ら は みな きうしゅ せんくゎう の まつりごと に も したがはず、 たのしみ を きはめ、 いさめ を も おもひ いれず、 てんが の みだれん こと を も さとらず して、 みんかん の うれふる ところ を しらざっしかば、 ひさしからず して ばうじにし もの ども なり。 ちかく ほんてう を うかがふ に、 しょうへい の まさかど、 てんぎゃう の すみとも、 かうわ の ぎしん、 へいぢ の のぶより、 これ ら は おごれる こころ も たけき こと も みな とりどり に そこ ありしかど も、 まぢかく は ろくはら の にふだう さき の だいじゃう だいじん たひら の あっそん きよもり こう と まうしし ひと の ありさま、 つたへ うけたまはる こそ こころ も ことば も およばれね。

「だいたふ こんりふ」
そもそも へいけ あき の いつくしま を しんじ はじめられける こと は いか に と いふ に、 とば の ゐん の ぎょう に きよもり こう いまだ あき の かみ たりし とき、 あき の くに を もって かうや の だいたふ を しゅり せよ とて、 わたなべ の ゑんどう ろくらう よりかた を ざっしゃう に つけられ、 ろくねん に しゅり をはんぬ。 しゅり をはって のち、 きよもり かうや へ のぼり、 だいたふ をがみ、 おく の ゐん へ まゐられたりければ、 いづく より きたる と も なき らうそう の、 まゆ に は しも を たれ、 ひたひ に なみ を たたみ、 かせづゑ の ふたまた なる に すがって、 いで き たまへり。 やや ひさしう おんものがたり せさせ たまふ。 「むかし より いま に いたる まで こ の やま は みっしう を ひかへて たいてん なし。 てんが に また も さふらはず。 だいたふ すでに しゅり をはり さふらひたり。 さて は あき の いつくしま、 ゑちぜん の けひ の みや は、 りゃうがい の すいしゃく で さふらふ が、 けひ の みや は さかえたれど も、 いつくしま は なき が ごとく に あれ はてて さふらふ。 こ の ついで に そうもん して、 しゅり せさせ たまへ。 さ だに も さふらはば、 くゎん かかい は かた を ならぶる ひと も ある まじき ぞ」 とて たたれけり。 こ の らうそう の ゐ たまへる ところ に いきゃう すなはち くんじたり。 ひと を つけて みせ たまへば、 さんぢゃう ばかり は みえ たまひて、 そ の のち は かき けつ やう に うせ たまひぬ。 ただびと に あらず、 だいし にて ましましけり と、 いよいよ たっとく おぼえて、 しゃば せかい の おもひで に とて、 かうや の こんだう に まんだら を かかれける が、 さいまんだら をば じゃうみゃう ほふいん と いふ ゑし に かかせらる。 とうまんだら をば きよもり かかん とて じひつ に かかれける が、 なに と か おもはれけん、 はちえふ の ちゅうぞん の ほうくゎん をば わ が かうべ の ち を いだいて かかれける と ぞ きこえし。 さて みやこ へ のぼり ゐんざん して、 こ の よし そうもん せられければ、 きみ も なのめ ならず ぎょかん あって、 なほ にん を のべられ、 いつくしま を しゅり せらる。 とりゐ を たて かへ、 やしろ やしろ を つくり かへ、 ひゃくはちじっけん の くゎいらう を ぞ つくられける。 しゅり をはって、 きよもり いつくしま へ まゐり、 つや せられたりける ゆめ に、 ごほうでん の うち より びんづら ゆうたる てんどう の いでて、 「これ は だいみゃうじん の おつかひ なり。 なんぢ こ の けん を もって、 いってん しかい を しづめ、 てうか の おんまもり たる べし」 とて、 しろがね の ひるまき したる こなぎなた を たまはる と いふ ゆめ を みて、 さめて のち み たまへば、 うつつ に まくらがみ に ぞ たったりける。 だいみゃうじん ごたくせん あって、 「なんぢ しれり や わすれり や、 ある ひじり を もって いはせし こと は。 ただし あくぎゃう あらば しそん まで は かなふ まじき ぞ」 とて、 だいみゃうじん あがらせ たまひぬ。 めでたかりし こと ども なり。

「しゅうろん」
されば さが の てんわう の おんとき、 せいりゃうでん に して しけ の だいじょうしゅう の せきとく を あつめられて、 けんみつ の ほふもん ろんだん を いたす こと ましましき。 ほっさうじゅう に げんにん、 さんろんじゅう に だうしゃう、 てんだい に ぎしん、 けごん に たうおう、 いちいち に わ が しゅう の めでたき むね を たて まうさる。 ほっさうじゅう に げんにん、 「わ が しゅう に は さんじけう を たてて、 いちだい の しゃうげう を はんず。 いはゆる う くう ちゅう これ なり」。 さんろんじゅう に だうしゃう、 「わ が しゅう に は むしゃうけう を たてて、 いちだい の しゃうげう を をしふ。 にざう と は ぼさつざう しゃうもんざう これ なり」。 てんだい に ぎしん、 「わ が しゅう に は しけう ごみ を たてて、 いっさい の しゃうげう を をしふ。 ざう つう べち ゑん これ なり。 ごみ と は にゅう らく しゃう じゅくそ だいごみ これ なり」。 けごん に は たうおう、 「わ が しゅう に は ごけう を たてて、 いっさい しゃうげう を はんず。 ごけう は せうじょうけう しけう しゅうけう とんけう ゑんけう これ なり」。 そ の のち しんごんじゅう の こうぼふ は、 しばらく わ が しゅう に は じさう けうさう を きょ と して そくしん じゃうぶつ の ぎ を たてて まうさる。 そ の とき げんにん、 「およそ いちだい さんじ の けうもん を みる に、 ただ さんごふ じゃうぶつ の もん のみ あって、 そくしん じゃうぶつ の もん なし。 いづれ の もんしょう に よって そくしん じゃうぶつ の ぎ を たてらるる や。 そ の もんしょう あらば つぶさ に いだされて、 しゅゑ の ぎまう を はらはる べし」 と のたまへば、 そ の とき こうぼふ、 「なんぢ たち の しゃうげう の なか に は、 まこと に さんごふ じゃうぶつ の もん のみ あって、 そくしん じゃうぶつ の もん なし」。 そ の とき げんにん かさねて、 「もんしょう あらば いだされよ」 と のたまへば、 もんしょう を ひき たまふ。 「にゃく にん ぐ ぶつ ゑ、 つう だつ ぼ だい しん、 ぶ も しょ しゃう じん、 そく しょう だい かく ゐ。 これ ら の もん を はじめ と して、 その かず すでに はんた なり」。 げんにん、 「もんしょう は いだされたり。 こ の もん の ごとく むね を えたる そ の じっしょう たれびと ぞ や」。 「そ の じっしょう とほく は だいにち こんがうさった これ なり。 ちかく は わ が み すなはち これ なり」 とて、 て に みついん を むすび、 くち に みつごん を となへ、 こころ に くゎんねん を おこし たまへば、 しゃうじん の にくしん たちまち に てんじて しま わうごん の はだへ と なる。 しゅっけ の かうべ の うへ に は じねん に ごぶつ の ほうくゎん を げんじ、 くゎうみゃう さうてん を てらして にちりん の ひかり を うばひ、 てうてい はり を かかやかして みつごん じゃうど の ぎしき を あらはす。 そ の とき くゎうてい ござ を さって らい を なさせ たまふ。 しんか けいしゃう かぶり の こじ を かたむけ、 なんと ろくしゅう の ひん ち に ひざまづいて けいがく す。 じゃうぶつ ちそく の りっぱ に は たうおう だうしゃう も した を まき、 ほっしん しきさう の なんたふ に は げんにん ぎしん も くち を とづ。 ししゅう きふく して つひ に もんえう に まじはり、 いってう しんがう して ほふりう を うく。 さんみつ ごち の みず しかい に みちて ぢんく を あらひ、 ろくだい むげ の つき いってん に かかやき、 ぢゃうや を てらし たまへり。 ございしゃう の のち も しゃうじん ふへん に して きねん の ほふおん を きこしめし、 ろくじゃう ふたい に して じそん の しゅっせ を まち たまふ。

「かうや の まき」
かうやさん は ていせい を さつて じはくり、 きゃうり を はなれて むにんじゃう、 せいらん こずゑ を ならして、 せきじつ の かげ しづか なり。 はちえふ の みね、 やつ の たに、 まこと に こころ も すみぬ べし。 はな の いろ は りんぶ の そこ に ほころび、 れい の おと は をのへ の くも に ひびけり。 かはら に まつ おひ、 かき に こけ むして、 せいざう ひさしく おぼえたり。 そもそも えんぎ の みかど の おんとき、 ごむさう の おんつげ あって、 ひはだいろ の おんころも を まゐらせられし に、 ちょくし ちゅうなごん すけずみ の きゃう、 はんにゃじ の そうじゃう くゎんげん を あひ ぐして こ の おやま に まゐり、 ごべう の とびら を ひらいて おんころも を きせ たてまつらん と しける に、 きり あつく へだたって、 だいし をがまれさせ たまはず。 ここ に くゎんげん ふかく しうるい して、 「われ ひも の たいない を いでて、 ししゃう の しつ に いっし より こ の かた、 いまだ きんかい を ぼんぜず。 されば など か をがみ たてまつらざらん」 とて、 ごたい を ち に なげ、 ほつろ ていきふ し たまひしかば、 やうやう きり はれて、 つき の いづる が ごとく して、 だいし をがまれ たまひけり。 とき に くゎんげん ずいき の なみだ を ながいて、 おんころも を きせ たてまつる。 おんぐし の ながく おひさせ たまひたりしかば、 そり たてまつる こそ めでたけれ。 ちょくし と そうじゃう と は をがみ たてまつり たまへど も、 そうじゃう の でし いしやま の ないく しゅんいう、 そ の とき は いまだ とうぎゃう にて ぐぶ せられたりける が、 だいし を をがみ たてまつらず して なげき しづんで おはしける が、 そうじゃう て を とって だいし の おんひざ に おし あてられたりければ、 そ の て いちご が あひだ かうばしかりける と か や。 そ の うつりが は、 いしやま の しゃうげう に うつって、 いま に あり と ぞ うけたまはる。 だいし みかど の おんぺんじ に まうさせ たまひける は、 「われ むかし さった に あひて、 まのあたり ことごとく いんみゃう を つたふ。 むび の せいぐゎん を おこして へんぢ の いゐき に はんべり。 ちうや に ばんみん を あはれんで ふげん の ひぐゎん に ぢゅうす。 にくしん に さんまい を しょうじて じし の げしゃう を まつ」 と ぞ まうさせ たまひける。 か の まかかせふ の けいそく の ほら に こもって しづ の はる の かぜ を ごし たまふ らん も かく や と ぞ おぼへける。 ごにふぢゃう は しょうわ にねん さんぐゎつ にじふいちにち とら の いってん の こと なれば、 すぎにし かた も さんびゃくよさい、 ゆくすゑ も なほ ごじふろくおく しちせんまんざい の のち、 じそん の しゅっせ さんゑ の あかつき を またせ たまふ らん こそ ひさしけれ。

「くまの さんけい」
やうやう さし たまふ ほど に、 ひかず ふれば いはだがは に も かかり たまひけり。 「こ の かは の ながれ を いちど も わたる もの は、 あくごふ ぼんなう むし の ざいしゃう きゆ なる もの を」 と たのもしう ぞ おぼしける。 ほんぐう に まゐり つき、 しょうじゃうでん の おんまへ に つい ゐ たまひつつ、 しばらく ほっせ まゐらせて、 おやま の やう を をがみ たまふ に、 こころ も ことば も およばれず。 だいひ おうご の かすみ は ゆやさん に たなびき、 れいげん ぶさう の しんめい は おとなしがは に あと を たる。 いちじょう しゅぎゃう の きし に は かんおう の つき くま も なく、 ろくこん さんげ の には に は まうざう の つゆ も むすばず。 いづれ も いづれ も たのもしからず と いふ こと なし。 よ ふけ ひと しづまって けいひゃく し たまふ に、 ちち の おとど の こ の おんまへ にて、 「いのち を めして ごせ を たすけ たまへ」 と まうされける こと まで も おぼし めし いでて あはれ なり。 「たうざん ごんげん は ほんぢ あみだ にょらい にて まします。 せっしゅ ふしゃ の ほんぐゎん あやまたず、 じゃうど へ みちびき たまへ」 と まうされける なか に も、 「ふるさと に とどめ おきし さいし あんをん に」 と いのられける こそ かなしけれ。 うき よ を いとひ、 まこと の みち に いり たまへど も、 まうじふ は なほ つきず と おぼえて、 あはれ なりし こと ども なり。 あけぬれば、 ほんぐう より ふね に のり、 しんぐう へ ぞ まゐられける。 かんのくら を をがみ たまふ に、 がんしょう たかく そびえて、 あらし まうざう の ゆめ を やぶり、 りうすゐ きよく ながれて、 なみ ぢんあい の あか を すすぐ らん と も おぼえたり。 あすか の やしろ ふし をがみ、 さの の まつばら さし すぎて、 なち の おやま に まゐり たまふ。 さんぢゅう に みなぎり おつる たき の みず、 すせんぢゃう まで よぢ のぼり、 くゎんおん の れいざう は いは の うへ に あらはれて、 ふだらくせん と も いっつ べし。 かすみ の そこ に は ほっけ どくじゅ の こゑ きこゆ。 りゃうじゅせん と も まうしつ べし。 そもそも ごんげん たうざん に あと を たれさせ ましまして より こ の かた、 わ が てう の きせん じゃうげ あゆみ を はこび、 かうべ を かたむけ、 たなごころ を あはせて、 りしゃう に あづからず と いふ こと なし。 そうりょ されば いらか を ならべ、 だうぞく そで を つらねたり。

'GIWOÑ SYAUZYA'
Giwoñ syauzya no kane no kowe, syogyau muzyau no fibiki ari. Syara sauzyu no fana no iro, zyausya fissuwi no kotowari wo arafasu. Ogoreru fito mo fisasikarazu, tada faru no yo no yume no gotosi. Takeki mono mo tufi ni fa forobinu. Fitofe ni kaze no mafe no tiri ni onazi. Tofoku iteu w toburafeba, Siñ no Teukau, Kañ no Waumau, Ryau no Syui, Tau no Rokusañ, kore ra fa mina kiusyu señkwau no maturigoto ni mo sitagafazu, tanosimi wo kifame, isame wo mo omofi irezu, teñga no midaren koto wo mo satorazu site, miñkañ no urefuru tokoro wo sirazassikaba, fisasikarazu site bauzinisi mono domo nari. Tikaku foñteu wo ukagafu ni, Syoufei no Masakado, Teñgyau no Sumitomo, Kauwa no Gisiñ, Heidi no Nobuyori, kore ra fa ogoreru kokoro mo takeki koto mo mina toridori ni koso arisikado mo, madikaku fa Rokufara no Nifudau saki no daizyau daiziñ Tafira no assoñ Kiyomori kou to mausisi fito no arisama, tutafe uketamafaru koso kokoro mo kotoba mo oyobarene.

'DAITAFU KOÑRIFU'
Somosomo Heike Aki no Itukusima wo siñzi fazimerarekeru koto fa ika ni to ifu ni, Toba no Wiñ no gyou ni Kiyomori kou imada Aki no kami tarisi toki, Aki no kuni wo motte Kauya no daitafu wo syuri seyo tote, Watanabe no Weñdou Rokurau Yorikata wo zassyau ni tukerare, rokuneñ ni syuri wofañnu. Syuri wofatte noti, Kiyomori Kauya fe nobori, daitafu wogami, oku no wiñ fe mawiraretarikereba, iduku yori kitaru to mo naki rausou no, mayu ni fa simo wo tare, fitafi ni nami wo tatami, kaseduwe no futamata naru ni sugatte, ide ki tamaferi. Yaya fisasiu oñmonogatari sesase tamafu. "Mukasi yori ima ni itaru made ko no yama fa missiu wo fikafete taiteñ nasi. Teñga ni mata mo safurafazu. Daitafu sudeni syuri wofari safurafitari. Sate fa Aki no Itukusima, Wetizeñ no Kefi no miya fa, ryaugai no suisyaku de safurafu ga, Kefi no miya fa sakaetaredo mo, Itukusima fa naki ga gotoku ni are fatete safurafu. Ko no tuide ni soumoñ site, syuri sesase tamafe. Sa dani mo safurafaba, kwañ kakai fa kata wo naraburu fito mo aru maziki zo" tote tatarekeri. Ko no rausou no wi tamaferu tokoro ni ikyau sunafati kuñzitari. Fito wo tukete mise tamafeba, sañdyau bakari fa mie tamafite, so no noti fa kaki ketu yau ni use tamafinu. Tadabito ni arazu, Daisi nite masimasikeri to, iyoiyo tattoku oboete, syaba sekai no omofide ni tote, Kauya no koñdau ni mañdara wo kakarekeru ga, saimañdara woba Zyaumyau Fofuiñ to ifu wesi ni kakaseraru. Toumañdara woba Kiyomori kakañ tote zifitu ni kakarekeru ga, nani to ka omofarekeñ, fatiefu no tyuuzoñ no foukwañ woba wa ga kaube no ti wo idaite kakarekeru to zo kikoesi. Sate miyako fe nobori wiñzañ site, ko no yosi soumoñ serarekereba, kimi mo nanome narazu gyokañ atte, nafo niñ wo noberare, Itukusima wo syuri seraru. Toriwi wo tate kafe, yasiro yasiro wo tukuri kafe, hyakufatizikkeñ no kwairau wo zo tukurarekeru. Syuri wofatte, Kiyomori Itukusima fe mawiri, tuya seraretarikeru yume ni, gohoudeñ no uti yori biñdura yuutaru teñdou no idete, "Kore fa daimyauziñ no otukafi nari. Nañdi ko no keñ wo motte, itteñ sikai wo sidume, teuka no oñmamori taru besi" tote, sirogane no firumaki sitaru konaginata wo tamafaru to ifu yume wo mite, samete noti mi tamafeba, ututu ni makuragami ni zo tattarikeru. Daimyauziñ gotakuseñ atte, "Nañdi sireri ya wasureri ya, aru fiziri wo motte ifasesi koto fa. Tadasi akugyau araba sisoñ made fa kanafu maziki zo" tote, daimyauziñ agarase tamafinu. Medetakarisi koto domo nari.

'SYUUROÑ'
Sareba Saga no teñwau no oñtoki, Seiryaudeñ ni site sike no daizyousyuu no sekitoku wo atumerarete, keñmitu no fofumoñ roñdañ wo itasu koto masimasiki. Fossauzyuu ni Geñniñ, Sañroñzyuu ni Dausyau, Teñdai ni Gisiñ, Kegoñ ni Tauou, itiiti ni wa ga syuu no medetaki mune wo tate mausaru. Fossauzyuu ni Geñniñ, "Wa ga syuu ni fa sañzikeu wo tatete, itidai no syaugeu wo hañzu. Ifayuru u kuu tyuu kore nari". Sañroñzyuu ni Dausyau, "Wa ga syuu ni fa musyaukeu wo tatete, itidai no syaugeu wo wosifu. Nizau to fa bosatuzau syaumoñzau kore nari". Teñdai ni Gisiñ, "Wa ga syuu ni fa sikeu gomi wo tatete, issai no syaugeu wo wosifu. Zau tuu beti weñ kore nari. Gomi to fa nyuu raku syau zyukuso daigomi kore nari". Kegoñ ni fa Tauou, "Wa ga syuu ni fa gokeu wo tatete, issai no syaugeu wo hañzu. Gokeu fa seuzyoukeu sikeu syuukeu toñkeu weñkeu kore nari". So no noti Siñgoñzyuu no Koubofu fa, sibaraku wa ga syuu ni fa zisau keusau wo kyo to site sokusiñ zyaubutu no gi wo tatete mausaru. So no toki Geñniñ, "Oyoso itidai sañzi no keumoñ wo miru ni, tada sañgofu zyaubutu no moñ nomi atte, sokusiñ zyaubutu no moñ nasi. Idure no moñsyou ni yotte sokusiñ zyaubutu ño gi wo tateraruru ya. So ño monsyou araba tubusa ni idasarete, syuwe no gimau wo farasuru besi" to notamafeba, so no koki Koubofu, "Nañdi tati no syaugeu no naka ni fa, makoto ni sañgofu zyaubutu no moñ nomi atte, sokusiñ zyaubutu no moñ nasi". So no toki Geñniñ kasanete, "Moñsyou araba idasareyo" to notamafeba, moñsyou wo fiki tamafu. "Nyaku niñ gu butu we, tuu datu bo dai siñ, bu mo syo syau ziñ, soku syou dai kaku wi. Kore ra no moñ wo fazime to site, sono kazu sudeni fañta nari". Geñniñ, "Moñsyou fa idasaretari. Ko no moñ no gotoku mune wo etaru so no zissyou tarebito zo ya". "So no zissyou tofoku fa Dainiti Koñgausatta kore nari. Tikaku fa wa ga mi sunafati kore nari" tote, te ni mituiñ wo musubi, kuti ni mitugoñ wo tonafe, kokoro ni kwañneñ wo okosi tamafeba, syauziñ no nikusiñ tatimati ni teñzite sima waugoñ no fadafe to naru. Syukke no kaube no ufe ni fa zineñ ni gobutu no foukwañ wo geñzi, kwaumyau sauteñ wo terasite nitiriñ no fikari wo ubafi, teutei fari wo kakayakasite mitugoñ zyaudo no gisiki wo arafasu. So no toki Kwautei goza wo satte rai wo nasase tamafu. Siñka keisyau kaburi no kozi wo katamuke, Nañto rokusyuu no fiñ ti ni fizamaduite keigaku su. Zyaubutu tisoku no rippa ni fa Tauou Dausyau mo sita wo maki, fossiñ sikisau no nañtau ni fa Geñniñ Gisiñ mo kuti wo todu. Sisyuu kifuku site tufi ni moñeu ni mazifari, itteu siñgau site fofuriu wo uku. Sañmitu goti no mizu sikai ni mitite diñku wo arafi, rokudai muge no tuki itteñ ni kakayaki, dyauya wo terasi tamaferi. Gozaisyau no noti mo syauziñ fufeñ ni site kineñ no fofuoñ wo kikosimesi, rokuzyau futai ni site Zisoñ no syusse wo mati tamafu.

'KAUYA NO MAKI'
Kauyasañ fa teisei wo satte zifakuri, kyauri wo fanarete muniñzyau, seirañ kozuwe wo narasite, sekizitu no kage sizuka nari. Fatieu no mine, yatu no tani, makoto ni kokoro mo suminu besi. Fana no iro fa riñbu no soko ni fokorobi, rei no oto fa wonofe no kumo ni fibikeri. Kafara ni matu ofi, kaki ni koke musite, seizau fisasiku oboetari. Somosomo Eñgi no mikado no oñtoki, gomusau no oñtuge atte, fifadairo no oñkoromo wo mawiraseraresi ni, tyokusi tyuunagoñ Sukezumi ni kyau, Fañnyazi no souzyau Kwañgeñ wo afi gusite ko no oyama ni mawiri, gobeu no tobira wo firaite oñkoromo wo kise tatematurañ to sikeru ni, kiri atuku fedatatte, Daisi wogamaresase tamafazu. Koko ni Kwañgeñ fukaku siurui site, "Ware fimo no tainai wo idete, sisyau no situ ni issi yori ko no kata, imada kiñkai wo boñzesu. Sareba nado ka wogami tatematurazarañ" tote, gotai wo ti ni nage, foturo teikifu si tamafisikaba, yauyau kiri farete, tuki no iduru ga gotoku site, Daisi wogamare tamafikeri. Toki ni Kwañgeñ zuiki no namida wo nagaite, oñkoromo wo kise tatematuru. Oñgusi no nagaku ofisase tamafitarisikaba, sori tatematuru koso medetakere. Tyokusi to souzyau to fa wogami tatematuri tamafedo mo, souzyau no desi Isiyama no naiku Syuñiu, so no toki fa imada tougyau nite gubu seraretarikeru ga, Daisi wo wogami tatematurazu site nageki sizuñde ofasikeru ga, souzyau te wo totte Daisi no oñfiza ni osi ateraretarikereba, so no te itigo ga afida kaubasikarikeru to ka ya. So no uturiga fa, Isiyama no syaugeu ni ututte, ima ni ari to zo uketamafaru. Daisi mikado no oñpeñzi ni mausase tamafikeru fa, "Ware fa mukasi Satta ni afite, manoatari kotogotoku iñmyau wo tutafu. Mubi no seigwañ wo okosite feñdi no iwiki ni fañberi. Tiuya ni bañmiñ wo afareñde Fugeñ no figwañ ni dyuusu. Nikusiñ ni sañmai wo syouzite Zisi no gesyau wo matu" to zo mausase tamafikeru. Ka no Makakasefu no Keisoku no fora ni komotte Sidu no faru no kaze wo gosi tamafu rañ mo kaku ya to zo obofekeru. Gonifudyau fa Syouwa nineñ sañgwatu nizifuitiniti tora no itteñ no koto nareba, suginisi kata mo sañbyakuyosai, yukusuwe mo nafo gozifurokuoku sitiseñmañzai no noti, Zisoñ no syusse sañwe no akatuki wo matase tamafu rañ koso fisasikere.

'KUMANO SAÑKEI'
Yauyau sasi tamafu fodo ni, fikazu fureba Ifadagafa ni mo kakari tamafikeri. "Ko no kafa no nagare wo itido mo wataru mono fa, akugofu boñnau musi no zaisyau kiyu naru mono wo" to tanomosiu zo obosikeru. Foñguu ni mawiri tuki, Syouzyaudeñ no oñmafe ni tui wi tamafitutu, sibaraku fosse mawirasete, oyama no yau wo wogami tamafu ni, kokoro mo kotoba mo oyobarezu. Daifi ougo no kasumi fa Yuyasañ ni tanabiki, reigeñ busau no siñmei fa Otonasigafa ni ato wo taru. Itizyou syugyau no kisi ni fa kañou no tuki kuma mo naku, rokukoñ sañge no nifa ni fa mauzau no tuyu mo musubazu. Idure mo idure mo tanomosikarazu to ifu koto nasi. Yo fuke fito sidumatte keifyaku si tamafu ni, titi no otodo no ko no oñmafe nite, "Inoti wo mesite gose wo tasuke tamafe" to mausarekeru koto made mo obosi mesi idete afare nari. "Tauzañ goñgeñ fa foñdi Amida nyorai nite masimasu. Sessyu fusya no foñgwañ ayamatazu, zyaudo fe mitibiki tamafe" to mausarekeru naka ni mo, "Furusato ni todome okisi saisi añwoñ ni" to inorarekeru koso kanasikere. Uki yo wo itofi, makoto no miti ni iri tamafedo mo, mauzifu fa nafo tukizu to oboete, afare narisi koto domo nari. Akenureba, Foñguu yori fune ni nori, Siñguu fe zo mawirarekeru. Kañnokura wo wogami tamafu ni, gañsyou takaku sobiete, arasi mauzau no yume wo yaburi, riusuwi kiyoku nagarete, nami diñai no aka wo susugu rañ to mo oboetari. Asuka no yasiro fusi wogami, Sano no matubara sasi sugite, Nati no oyama ni mawiri tamafu. Sañdyuu ni minagiri oturu taki no mizu, suseñdyau made yodi nobori, Kwañoñ no reizau fa ifa no ufe ni arafarete, Fudarakuseñ to mo ittu besi. Kasumi no soko ni fa Hokke dokuzyu no kowe kikoyu. Ryauzyuseñ to mo mausitu besi. Somosomo goñgeñ tauzañ ni ato wo taresase masimasite yori ko no kata, wa ga teu no kiseñ zyauge ayumi wo fakobi, kaube wo katamuke, tanagokoro wo afasete, risyau ni adukarazu to ifu koto nasi. Souryo sareba iraka wo narabe, dauzoku sode wo turanetari.

「祇園精舎」
祇園精舎のかねのこゑ、諸行無常のひゞきあり。娑羅双樹のはなのいろ、盛者必衰のことわりをあらはす。おごれるひともひさしからず、たゞはるのよのゆめのごとし。たけきものもつひにはほろびぬ。ひとへにかぜのまへのちりにおなじ。とほく異朝をとぶらへば、秦の趙高、漢の王莽、梁の朱异、唐の禄山、これらはみな旧主先皇のまつりごとにもしたがはず、たのしみをきはめ、いさめをもおもひいれず、天下のみだれんことをもさとらずして、民間のうれふるところをしらざつしかば、ひさしからずして亡じにしものどもなり。ちかく本朝をうかゞふに、承平のまさかど、天慶のすみとも、康和の義親、平治のゝぶより、これらはおごれるこゝろもたけきこともみなとりゞゝにそこありしかども、まぢかくは六波羅の入道さきの太政大臣たひらのあつそんきよもり公とまうしゝひとのありさま、つたへうけたまはるこそこゝろもことばもおよばれね。

「大塔建立」
そもゝゝ平家あきのいつくしまを信じはじめられけることはいかにといふに、とばの院の御宇にきよもり公いまだあきのかみたりしとき、あきのくにをもつて高野の大塔を修理せよとて、わたなべの遠藤六郎よりかたを雑掌につけられ、六年に修理をはんぬ。修理をはつてのち、きよもり高野へのぼり、大塔をがみ、おくの院へまゐられたりければ、いづくよりきたるともなき老僧の、まゆにはしもをたれ、ひたひになみをたゝみ、かせづゑのふたまたなるにすがつて、いできたまへり。やゝひさしうおんものがたりせさせたまふ。「むかしよりいまにいたるまでこのやまは密宗をひかへて退転なし。天下にまたもさふらはず。大塔すでに修理をはりさふらひたり。さてはあきのいつくしま、越前のけひのみやは、両界の垂迹でさふらふが、けひのみやはさかえたれども、いつくしまはなきがごとくにあれはててさふらふ。このついでに奏聞して、修理せさせたまへ。さだにもさふらはゞ、官加階はかたをならぶるひともあるまじきぞ」とてたゝれけり。この老僧のゐたまへるところに異香すなはち薫じたり。ひとをつけてみせたまへば、三町ばかりはみえたまひて、そのゝちはかきけつやうにうせたまひぬ。たゞびとにあらず、大師にてましゝゝけりと、いよゝゝたつとくおぼえて、娑婆世界のおもひでにとて、高野の金堂に曼陀羅をかゝれけるが、西曼陀羅をば常明法印といふ絵師にかゝせらる。東曼陀羅をばきよもりかゝんとて自筆にかゝれけるが、なにとかおもはれけん、八葉の中尊の宝冠をばわがかうべのちをいだいてかゝれけるとぞきこえし。さてみやこへのぼり院参して、このよし奏聞せられければ、きみもなのめならず御感あつて、なほ任をのべられ、いつくしまを修理せらる。とりゐをたてかへ、やしろやしろをつくりかへ、百八十間の廻廊をぞつくられける。修理をはつて、きよもりいつくしまへまゐり、通夜せられたりけるゆめに、御宝殿のうちよりびんづらゆうたる天童のいでて、「これは大明神のおつかひなり。なんぢこの剣をもつて、一天四海をしづめ、朝家のおんまもりたるべし」とて、しろがねのひるまきしたるこなぎなたをたまはるといふゆめをみて、さめてのちみたまへば、うつゝにまくらがみにぞたつたりける。大明神御託宣あって、「なんぢしれりやわすれりや、あるひじりをもっていはせしことは。たゞし悪行あらば子孫まではかなふまじきぞ」とて、大明神あがらせたまひぬ。めでたかりしことゞもなり。

「宗論」
されば嵯峨の天皇のおんとき、清涼殿にして四箇の大乗宗の碩徳をあつめられて、顕密の法文論談をいたすことましましき。法相宗に源仁、三論宗に道昌、天台に義真、華厳に道応、一一にわが宗のめでたきむねをたてまうさる。法相宗に源仁、「わが宗には三時教をたてゝ、一代の聖教を判ず。いはゆる有空中これなり」。三論宗に道昌、「わが宗には無生教をたてゝ、一代の聖教ををしふ。二蔵とは菩薩蔵声聞蔵これなり」。天台に義真、「わが宗には四教五味をたてゝ、一切の聖教ををしふ。蔵通別円これなり。五味とは乳酪生熟酥醍醐味これなり」。華厳には道応、「わが宗には五教をたてゝ、一切聖教を判ず。五教は小乗教始教終教頓教円教これなり」。そののち真言宗の弘法は、しばらくわが宗には事相教相を居として即身成仏の義をたてゝまうさる。そのとき源仁、「およそ一代三時の教文をみるに、たゞ三劫成仏の文のみあつて、即身成仏の文なし。いづれの文証によつて即身成仏の義をたてらるゝや。その文証あらばつぶさにいだされて、衆会の疑網をはらはるべし」とのたまへば、そのとき弘法、「なんぢたちの聖教のなかには、まことに三劫成仏の文のみあつて、即身成仏の文なし」。そのとき源仁かさねて、「文証あらばいだされよ」とのたまへば、文証をひきたまふ。「若人求仏恵、通達菩提心、父母所生身、即証大覚位。これらの文をはじめとして、そのかずゝでに繁多なり」。源仁、「文証はいだされたり。この文のごとくむねをえたるその実証たれびとぞや」。「その実証とほくは大日金剛薩埵これなり。ちかくはわがみすなはちこれなり」とて、てに密印をむすび、くちに密言をとなへ、こゝろに観念をおこしたまへば、生身の肉身たちまちに転じて紫磨黄金のはだへとなる。出家のかうべのうへには自然に五仏の宝冠を現じ、光明蒼天をてらして日輪のひかりをうばひ、朝廷婆梨をかゝやかして密厳浄土の儀式をあらはす。そのとき皇帝御座をさつて礼をなさせたまふ。臣下卿上かぶりのこじをかたむけ、南都六宗の賓地にひざまづいて敬恪す。成仏遅速の立破には道応道昌もしたをまき、法身色相の難答には源仁義真もくちをとづ。四宗帰伏してつひに門葉にまじはり、一朝信仰して法流をうく。三密五智のみず四海にみちて塵垢を あらひ、六大無碍のつき一天にかゝやき、長夜をてらしたまへり。御在生のゝちも生身不変にして祈念の法音をきこしめし、六情不退にして慈尊の出世をまちたまふ。

「高野のまき」
高野山は帝城をさつて二百里、郷里をはなれて無人声、青嵐こずゑをならして、夕日のかげしづかなり。八葉のみね、やつのたに、まことにこゝろもすみぬべし。はなのいろは林霧のそこにほころび、鈴のおとはをのへのくもにひゞけり。かはらにまつおひ、かきにこけむして、星霜ひさしくおぼえたり。そもゝゝ延喜のみかどのおんとき、御夢想のおんつげあって、ひはだいろのおんころもをまゐらせられしに、勅使中納言すけずみの卿、般若寺の僧正観賢をあひ具してこのおやまにまゐり、御廟のとびらをひらいておんころもをきせたてまつらんとしけるに、きりあつくへだたつて、大師をがまれさせたまはず。こゝに観賢ふかく愁涙して、「われ悲母の胎内をいでゝ、師匠の室にいつしよりこのかた、いまだ禁戒を犯ぜず。さればなどかをがみたてまつらざらん」とて、五体をちになげ、発露啼泣したまひしかば、やうゝゝきりはれて、つきのいづるがごとくして、大師をがまれたまひけり。ときに観賢随喜のなみだをながいて、おんころもをきせたてまつる。おんぐしのながくおひさせたまひたりしかば、そりたてまつるこそめでたけれ。勅使と僧正とはをがみたてまつりたまへども、僧正の弟子いしやまの内供淳祐、そのときはいまだ童形にて供奉せられたりけるが、大師ををがみたてまつらずしてなげきしづんでおはしけるが、僧正てをとつて大師のおんひざにおしあてられたりければ、そのて一期があひだかうばしかりけるとかや。そのうつりがは、いしやまの聖教にうつゝて、いまにありとぞうけたまはる。大師みかどのおん返事にまうさせたまひけるは、「われむかし薩埵にあひて、まのあたりことゞゝく印明をつたふ。無比の誓願をおこして辺地の異域にはんべり。昼夜に万民をあはれんで普賢の悲願に住す。肉身に三昧を証じて慈氏の下生をまつ」とぞまうさせたまひける。かの摩訶迦葉の鶏足のほらにこもつて翅頭のはるのかぜを期したまふらんもかくやとぞおぼへける。御入定は承和二年三月廿一日とらの一点のことなれば、すぎにしかたも三百余歳、ゆくすゑもなほ五十六億七千万歳ののち、慈尊の出世三会のあかつきをまたせたまふらんこそひさしけれ。

「くまの参詣」
やうゝゝさしたまふほどに、ひかずふればいはだがはにもかゝりたまひけり。「このかはのながれを一度もわたるものは、悪業煩悩無始の罪障きゆなるものを」とたのもしうぞおぼしける。本宮にまゐりつき、証誠殿のおんまへについゐたまひつゝ、しばらく法施まゐらせて、おやまのやうをゝがみたまふに、こゝろもことばもおよばれず。大悲擁護のかすみは熊野山にたなびき、霊験無双の神明はおとなしがはにあとをたる。一乗修行のきしには感応のつきくまもなく、六根懺悔のにはゝゝ妄想のつゆもむすばず。いづれもいづれもたのもしからずといふことなし。よふけひとしづまつて啓白したまふに、ちゝのおとゞのこのおんまえにて、「いのちをめして後世をたすけたまへ」とまうされけることまでもおぼしめしいでゝあはれなり。「当山権現は本地阿弥陀如来にてまします。摂取不捨の本願あやまたず、浄土へみちびきたまへ」とまうされけるなかにも、「ふるさとにとゞめおきし妻子安穏に」といのられけるこそかなしけれ。うきよをいとひ、まことのみちにいりたまへども、妄執はなほつきずとおぼえて、あはれなりしことゞもなり。あけぬれば、本宮よりふねにのり、新宮へぞまゐられける。かんのくらをゝがみたまふに、巌松たかくそびえて、あらし妄想のゆめをやぶり、流水きよくながれて、なみ塵埃のあかをすゝぐらんともおぼえたり。あすかのやしろふしをがみ、さのゝまつばらさしすぎて、なちのおやまにまゐりたまふ。三重にみなぎりおつるたきのみず、数千丈までよぢのぼり、観音の霊像はいはのうへにあらはれて、補陀落山ともいつゝべし。かすみのそこには法花読誦のこゑきこゆ。霊鷲山ともまうしつべし。そもゝゝ権現当山にあとをたれさせましゝゝてよりこのかた、わが朝の貴賎上下あゆみをはこび、かうべをかたむけ、たなごゝろをあはせて、利生にあづからずといふことなし。僧侶さればいらかをならべ、道俗そでをつらねたり。

わかちがき:分かち書き、分ち書き。

関連記事
 ・古文のわかちがきの実例(1) 『古事記』
 ・古文のわかちがきの実例(2) 『百人一首』
 ・古文のわかちがき
 ・古文のなごりのわかちがき
 ・わかちがきのための単語のみわけかた
 ・単語式わかちがきの実例集
 ・わかちがきに関する誤解
 ・平安時代のわかちがき
 ・国文法のおかしなところ
 ・日本語のローマ字つづり

2006.03.20 kakikomi; 2009.03.28 kakikae

|

« 古文のわかちがきの実例(2) 『百人一首』 | トップページ | 発音記号の名まえ »