« 融通のきかない英語 | トップページ | Q.E.D. »

マネトーンがつたえる惑星の別名

マネトーン(Μανέθων [manétʰɔːn]。Μανεθώς [manetʰɔ̌ːs マネトース]ともいう)は、紀元前3世紀、エジプトのヘーリオポリスの神官で、このひとがギリシャ語でかいた『エジプト史』(3巻)は神話時代から紀元前4世紀までをあつかってる。ただし断片しかのこってない。王朝を30にわけて、古王国・中王国・新王国の3つに分類するやりかたは、いまの歴史学にもうけつがれてる。

この『エジプト史』のなかに、5つの惑星の別名がでてくる。その部分を引用すると、

Τὸν γὰρ λεγόμενον Κρόνον ἀστέρα ἐκάλουν τὸν λάμποντα, τὸν δὲ Διὸς τὸν φαέθοντα, τὸν δὲ Ἄρεος τὸν πυρώδη, τὸν δὲ Ἀφροδίτης τὸν κάλλιστον, τὸν δὲ Ἑρμοῦ τὸν στίλβοντα·

クロノスといわれている星(土星)は「かがやく星」とよばれていた。ゼウスの星(木星)は「ひかる星」、アレースの星(火星)は「炎のような星」、アプロディーテーの星(金星)は「もっともうつくしい星」、ヘルメースの星(水星)は「きらめく星」とよばれていた。

惑星のふつうの名まえは、ここにでてくる「ゼウスの星(ὁ Διός [hodiós ホ・ディオス])」みたいないいかたで(「星」って意味の単語が省略されてるけど、これがふつうのいいかた)、ここでは対格 τὸν Διόςtón diós トン ディオス]になってる。それから、途中にはさまってる δέ [dé デ]は接続詞。

別名のほうは、やっぱり「星」が省略されてて、定冠詞つきの対格のかたちになってる。これを主格のかたちになおしてならべるとこうなる(定冠詞ははぶく)。

  • 土星: λάμπων [lámpɔːn ランポーン] (かがやく)
  • 木星: φαέθων [pʰaétʰɔːn パエトーン] (ひかる)
  • 火星: πυρώδης [pyrɔ̌ːdɛːs ピュローデース] (火のような)
  • 金星: κάλλιστος [kállistos カッリストス] (もっともうつくしい)
  • 水星: στίλβων [stílbɔːn スティルボーン] (きらめく)

日本語訳が動詞になってるものは、もとのギリシャ語だと分詞で(-ων [-ɔːn]でおわってる)、のこりは形容詞。分詞も形容詞の一種だから、ぜんぶ形容詞みたいなもんだ。それから、省略されてる「星(ἀστήρ [astɛ̌ːr アステール])」は男性名詞だから、この形容詞と分詞もみんな男性単数のかたち。

まえにアリストテレースの偽書『宇宙について(宇宙論)』にでてくる別名のことをかいたことがあるけど(西洋の惑星の名まえ」)、そっちも比較のためにあげておこう。

  • 土星: φαίνων [pʰǎinɔːn パイノーン] (てらす)
  • 木星: φαέθων [pʰaétʰɔːn パエトーン] (ひかる)
  • 火星: πυρόεις [pyróeːs ピュロエ~ス] (火のような)
  • 金星: φωσφόρος [pʰɔːspʰóros ポースポロス] (ひかりをもたらす)
  • 水星: στίλβων [stílbɔːn スティルボーン] (きらめく)

こっちもやっぱり分詞と形容詞で、単独で名詞としてつかわれれば、「~するもの」ってことだし、「星」が省略されてるともいえる。

この2種類をくらべてみると、木星(パエトーン)と水星(スティルボーン)はどっちもおんなじだ。それから、火星は「ピュローデース」と「ピュロエ~ス(ピュロエイス)」だけど、前半の「ピュロ」(火)が共通で後半がちがうだけの、おんなじ意味の単語だ。

まったくべつのことばなのは土星と金星だけど、土星の「ランポーン」と「パイノーン」はにたような意味のことばだから、ぜんぜんちがうのは金星だけともいえる。「ポースポロス」は名詞としては「あけの明星」のことで、よくつかわれることばだし、「アプロディーテーの星」っていうようになるまえからこの名まえはつかわれてた。「カッリストス」は καλός [kalós カロス](うつくしい)っていう形容詞の最上級で、「もっともうつくしい」「とてもうつくしい」って意味だけど、いちばんあかるくて うつくしい星のよび名としてよくわかる。うつくしさの女神(アプロディーテー=ビーナス)の星なんだから。

マネトーン:マネトン、マネト。 ヘーリオポリス:ヘリオポリス。 アレース:アレス。 アプロディーテー: アフロディーテー、アプロディテ、アフロディテ。 ヘルメース:ヘルメス。 アリストテレース:アリストテレス。 ポースポロス:フォースフォロス、ポスポロス、フォスフォロス。 ビーナス:ヴィーナス。

関連記事
 ・西洋の惑星の名まえ

2006.04.14 kakikomi; 20150.09.24 kakinaosi

|

« 融通のきかない英語 | トップページ | Q.E.D. »