« ギリシャ語のバラ | トップページ | アテネとギリシャの漢字 »

ローマ字の名字

日本語の名まえをローマ字でかくとき、名字と名まえの順番がよく問題になる。日本語のまんま Yamada Taroo にするか、欧米式に Taroo Yamada にするかってことだ。

欧米の名まえをカタカナでかくときは、名まえの順序はもとのとおり、つまり日本語とは逆のまんまなんだから、日本語の名まえを欧米のことばのなかでローマ字がきするときだって、日本語の語順のまんまでいいとおもうけど、ただそれだと、しらないひとにはどっちが名字だか名まえだかわかんないってことにはなる。

だから、名字のほうを全部大文字で YAMADA Taroo みたいにかくっていうやりかたはなかなかいいとおもう。たしかオリンピックのテレビ中継なんかでもこのやりかたをしてたのがあった。ファミリー・ネームにあたるほうを大文字でかけば、名字と名まえの順序はどっちでもいいことになるから、もともとの順序を尊重したまんまかいても問題はおこらない。

もちろん、このやりかたそのものをしらないひとにとっては、こうかいてあってもどっちがファミリー・ネームかわかんないってことになるけど、しらないひとにはわかんないっていうのは、どんなやりかただってかわりないだんから、このかきかただけの欠点じゃない。

そういえば、こないだみた香港だか台湾だかの映画で、エンドロールにでてくる出演者とかスタッフの名まえがこのやりかたになってたっけ。漢字の名まえのしたに ローマ字 の名まえもついてて、名字のほうが大文字になってた。さらにおもしろかったのは、ひとによって、中国名がそのまんまローマ字になってるのと、香港とか台湾の芸能人によくあるみたいにファースト・ネームが英語の名まえになってるのがあって、それぞれ語順がちがってたことだ。おんなじ名字の例でみてみると、

陳映蓉
CHEN Yin-Jung

陳曉東
CHEN Hsiao-Dong

陳建騏
George CHEN

陳之造
Augustus CHEN

っていうぐあいに、中国名のローマ字だと中国式の語順で、英語のファースト・ネームだと英語の語順になってる。ファースト・ネームが英語だと全体が英語ってあつかいなんだろうな。カタカナでかくばあいも「ジャッキー・チェン」みたいに英語の語順だから、まあそんなもんだろう。で、こういうふうに語順がちがうのがいりまじってても、名字を大文字にしてればどれが名字かすぐわかるわけで、このやりかたはやっぱりいいとおもう。

ついでだけど、「名字」っていうのを、たいていは「ミョージ」じゃなくて「ミヨジ」っていってるんじゃないかな。自分でも、「名字」とか「苗字」って漢字からあらためて「ミョージ」が ただしい って意識するまでは「ミヨジ」だとおもってたし、ひとがしゃべってるをきいても、けっこう「ミヨジ」っていってる。それに、テレビでアナウンサーがはっきり「ミヨジ」っていってるのをなん度もきいたことがある。ところで、いま ただしい ってことばをつかったけど、それは標準語としては、ってことで、ふだんしゃべってることば、つまりは方言ってことになるだろうけど、そのなかでふつうに「ミヨジ」っていってるとすれば、このことばはそういうもんなわけで、ただしいもまちがってるもない。

関連記事
 ・日本語のローマ字つづり
 ・ローマ字のつづり
 ・外来語のローマ字つづり
 ・ローマ字文のみた目

2006.12.18 kakikomi; 2010.12.23 kakinaosi

|

« ギリシャ語のバラ | トップページ | アテネとギリシャの漢字 »