« プレアデスの七姉妹 | トップページ | プラトーンとディオゲネース »

ホメーロス『イーリアス』のうたいだし

ホメーロスの『イーリアス』の最初の7行についてかんたんに説明したいとおもう。韻律はヘクサメトロス(古代ギリシャの韻律:ヘクサメトロス」)。発音記号のタテ線は caesura や diaeresis じゃなくて、文章としての発音のくぎりだけど(一致してるとこもある)、だからって叙事詩のよみかたとしてはそこでマをいれたわけじゃなくて、それぞれの行のおわりでひと息ついたんだろう。

 Μῆνιν ἄειδε, θεά, Πηληϊάδεω Ἀχιλῆος
 οὐλομένην, ἣ μυρί᾿ Ἀχαιοῖς ἄλγε᾿ ἔθηκε,
 πολλὰς δ᾿ ἰφθίμους ψυχὰς Ἄϊδι προΐαψεν
 ἡρώων, αὐτοὺς δὲ ἑλώρια τεῦχε κύνεσσιν
 οἰωνοῖσί τε πᾶσι, Διὸς δ᾿ ἐτελείετο βουλή,
 ἐξ οὗ δὴ τὰ πρῶτα διαστήτην ἐρίσαντε
 Ἀτρεΐδης τε ἄναξ ἀνδρῶν καὶ δῖος Ἀχιλλεύς.

 [mɛ̂ːnin áeːde tʰeǎː|pɛːlɛː.iádĕɔː akʰilɛ̂ːos
 uːloménɛːn|hɛ̌ː myːrí akʰaijôis álɡe étʰɛːke|
 pollǎːs d ipʰtʰǐːmuːs psyːkʰǎːs á.idi ppro.íapsen
 hɛːrɔ̌ːɔːn|autǔːs dé helɔ̌ːria têukʰe kýnessin
 oijɔːnôisíte pâːsi|diós d etelěːeto buːlɛ̌ː
 eksː dɛ̌ː tá pprɔ̂ːta diastɛ̌ːtɛːn erísante
 attre.ídɛːste ánaks andrɔ̂ːŋ kǎi dîːos akʰillěus]

 ―∪∪|―∪∪|――|―∪∪|―∪∪|――
 ―∪∪|――|―∪∪|――|―∪∪|―∪
 ――|――|――|―∪∪|―∪∪|――
 ――|――|―∪∪|―∪∪|―∪∪|――
 ――|―∪∪|―∪∪|―∪∪|―∪∪|――
 ――|――|―∪∪|―∪∪|―∪∪|―∪
 ――|――|―∪∪|――|―∪∪|―∪
 ―∪∪|―∪∪|――|――|―∪∪|――

 怒りをうたってください、女神よ、ペーレウスの子アキッレウスの
 のろわしい怒りを。その怒りは数しれない苦しみをギリシャ人たちにあたえ、
 英雄たちのおおくの いさましい たましいをハーイデースのもとに
 なげおとし、そのなきがらをイヌとすべての肉食の鳥の
 餌食にしていった。そしてゼウスの計画はなしとげられていった。
 男たちをひいきるアトレウスの子と神のようなアキッレウスが
 最初にあらそって仲たがいしたまさにそのときから うたってください。


μῆνιν (< μῆνις) 怒り [女性・単数・対格]
ἄειδε (< ἀείδω = ᾄδω) うたう [能動態・命令法・現在・単数・2人称]
θεά 女神 [女性・単数・呼格]
Πηληϊάδεω (< Πηληϊάδης) ペーレウスの息子(=アキッレウス) [男性・単数・属格]
Ἀχιλῆος (< Ἀχιλ(λ)εύς) アキッレウス [男性・単数・属格]
οὐλομένην (< οὐλόμενος = ὀλόμενος < ὄλλῡμι) のろわしい、破壊的な [女性・単数・対格、μῆνιν にかかる]
ἥ (< ὅς) [関係代名詞、女性・単数・主格、先行詞は μῆνιν
μυρί᾿ (= μῡρία < μῡρίος) 無数の [中性・複数・対格、ἄλγε᾿ にかかる]
Ἀχαιοῖς (< Ἀχαιός) アカーイアー人(=ギリシャ人) [男性・複数・与格]
ἄλγε᾿ (= ἄλγεα < ἄλγος) 苦しみ [中性・複数・対格]
ἔθηκε (< τίθημι) おく、あたえる [能動態・直説法・アオリスト・単数・3人称]
πολλάς (< πολλός = πολύς) おおくの [女性・複数・対格]
δ᾿ (= δέ) そして
ἰφθίμους (< ἴφθῑμος) つよい、いさましい [女性・複数・対格]
ψυχάς (< ψῡχή) たましい [女性・複数・対格]
Ἄϊδι (< Ἀΐδης = ᾍδης) ハーイデース [男性・単数・与格]
προΐαψεν (< προϊάπτω) なげおとす [能動態・直説法・アオリスト・単数・3人称]
ἡρώων (< ἥρως) 英雄 [男性・複数・属格]
αὐτοὺς (< αὐτός) かれら自身(=肉体・遺体) [男性・複数・対格]
δέ そして
ἑλώρια (< ἑλώριον) 餌食 [中性・複数・対格]
τεῦχε (= ἔτευχε < τεύχω) ~を~にする [能動態・直説法・未完了・単数・3人称]
κύνεσσιν (< κύων) イヌ [男性・複数・与格]
οἰωνοῖσι (< οἰωνός) 肉食の鳥 [男性・複数・与格]
τε と
πᾶσι (< πᾶς) すべての [男性・複数・与格、οἰωνοῖσι にかかる]
Διὸς (< Ζεύς) ゼウス [男性・単数・属格]
δ᾿ (= δέ) そしてまた
ἐτελείετο (< τελείω = τελέω) 実現させる [受動態・直説法・未完了・単数・3人称]
βουλή 意志、計画 [女性・単数・主格]
ἐξ οὗ (< ἐκ + ὅς) ~して以来、~したときから
δή (まえのことばを強調して)まさに、ちょうど
τὰ πρῶτα (< ὁ πρῶτος) 最初に、はじめて
διαστήτην (= διεστήτην < διΐστημι) はなす、わける、不和にする [能動態・直説法・アオリスト・両数・3人称、意味は自動詞]
ἐρίσαντε (< ἐρίζω) あらそう [能動態・アオリスト分詞・両数・主格]
Ἀτρεΐδης アトレウスの息子(=アガメムノーン) [男性・単数・主格]
τε...καί... ~と~
ἄναξ 王、支配者、指揮者 [男性・単数・主格]
ἀνδρῶν (< ἀνήρ) 男 [男性・複数・属格]
δῖος 神のような [男性・単数・主格]
Ἀχιλλεύς アキッレウス [男性・単数・主格]

ホメーロス:ホメロス。 イーリアス:イリアス、イリアッド。 ペーレウス:ペレウス。 アキッレウス:アキレウス、アキレス。 ハーイデース:ハーデース、ハデス。 アガメムノーン:アガメムノン。 アカーイアー人:アカイア人。

関連記事
 ・『イーリアス』と『イリアッド』
 ・ホメーロスの24巻、アリストテレースの14巻
 ・古代ギリシャの韻律
 ・「ギリシャ語記事一覧:詩

2007.05.26 kakikomi; 2015.09.24 kakinaosi

|

« プレアデスの七姉妹 | トップページ | プラトーンとディオゲネース »