« 『科学用語語源辞典』 | トップページ | 『LEXICON GRAECO-IAPONICUM/希和辞典』 »

十二星座、十二宮のおぼえかた

黄道十二星座、十二宮の名前については「西洋とインドの星うらない」にかいたし、そこには星座と宮のちがいについてもかいてある。ただ、「宝瓶宮」とかのむずかしい名前はべつとして、もともと星座と宮の名前はおんなじだから、とりあえず星座としてはなしをすすめることにして、まずは十二星座の名前を日本語と英語と古典ギリシャ語(古代ギリシャ語)であげることにする(ドイツ語・イタリア語・フランス語・ラテン語・サンスクリット語の名前は「西洋とインドの星うらない」を、現代ギリシャ語は「十二宮をえがいたギリシャの壁かけタイル」を参照)。

ただし英語については、よくつかわれてるラテン語を英語よみした名前じゃなくて、このあと紹介する詩にあわせて英語に訳したほうの名前にする。英語よみしたラテン語の名前は日本語でいえば「白羊宮」みたいなもんだっていえるだろうけど、「白羊宮」とかはそんなにはみかけないっていうか、すくなくとも口にだしていうときにはほとんどつかってないだろう。でも英語のばあいはラテン語を英語よみした名前のほうがふつうみたいで、そっちについては「西洋とインドの星うらない」のページをみてもらいたい。

  • おひつじ座、the Ram、Κριός [kriːós クリーオス]
  • おうし座、the Bull、Ταῦρος [tâuros タウロス]
  • ふたご座、the Twins、Δίδυμοι [dídymoi ディデュモイ]
  • かに座、the Crab、Καρκίνος [karkínos カルキノス]
  • しし座、the Lion、Λέων [léɔːn レオーン]
  • おとめ座、the Virgin、Παρθένος [partʰénos パルテノス]
  • てんびん座、the Scales/the Balance、Ζυγός [zdyɡós ズデュゴス/zyɡós ズュゴス]
  • さそり座、the Scorpion、Σκορπίος [skorpíos スコルピオス]
  • いて座、the Archer、Τοξότης [toksótɛːs トクソテース]
  • やぎ座、the Goat、Αἰγόκερως [aiɡókerɔːs アイゴケロース]
  • みずがめ座、the Water Bearer/the Water Carrier、Ὑδροχόος [hydrokʰóos ヒュドロコオス]
  • うお座、the Fishes、Ἰχθύες [ikʰtʰýes イクテュエス]

で、この順に十二星座をおぼえるのにこういう詩がある。

おひつじおうし、そのつぎに
ならぶはふたごかにの宿、
狂えるししおとめごに、
傾くてんびん、はうさそり
弓持ついてに、やぎ叫び、
みずがめの水にうおぞ住む。

英語だと Walter Crane の “An Alphabet of Old Friends” って本に ‘Zodiac for the Nursery’ っていう詩がある(これは「Project Gutenberg」でみた)。

The ram, the bull, the heavenly twins,
And next the crab, the lion shines,
 The virgin and the scales,
The scorpion, archer, and the goat,
The man who holds the watering-pot,
 And fish with glittering scales.

これとだいたいおんなじのが Rupert Gleadow の “The Origin of the Zodiac” (Dover)にのってる。

The Ram, the Bull, the Heavenly Twins,
And next the Crab the Lion shines,
 The Virgin and the Scales,
The Scorpion, Archer, and Sea-Goat,
The Man that bears the Watering-Pot,
 The Fish with glittering tails.

それから、だいたいおんなじのが山田卓[たかし]『春の星座博物館』(地人書館)にものってる。ただし、この本にのってるまんまだと、詩の形式にそった改行になってないから、改行とか句読点を上の詩にあわせて引用する。

The Ram, the Bull, the heavenly Twins,
And next the Crab, the Lion shines,
 The Virgin and the Scales,
The Scorpion, Archer, and the Goat,
The Man who pours the water out,
 And Fish with glittering tails.

この手のものは多少ちがってるのがあってもおかしくないし、どれでもいいようなもんだけど、とりあえずちがいがあるのは最後の2行だ。Crane のは最後が scales で、3行めの scales とおんなじだから、韻をふむにしても芸がない感じがする。ただし3行めの scales は「てんびん」だけど、6行めの scales は「うろこ」だから、意味はちがう。5行めは Crane と Gleadow は「水がめをもってる男」だから英語の the Water Bearer/the Water Carrier、Aquarius とおんなじようなもんだけど、『春の星座博物館』のほうは「水をそそぐ男」だからギリシャ語の Ὑδροχόος [ヒュドロコオス]とおんなじ意味になってる。うお座はさかな2匹だから英語で the Fishes だし、ギリシャ語でも複数形だけど、この詩だとどれも複数になってない。それから3つとも3行めと6行めはちゃんとした脚韻になってるけど、1行めと2行め、4行めと5行めは、韻をふんでるつもりだとすれば、どれも不純韻になってる。で、脚韻をふんでるとするとその形式は aabccb ってことになる。

あと、おぼえるための詩っていうのとはちょっとちがうけど、ギリシャ語の詩もあげておこう。

Τῷ ἔνι Καρκίνος ἐστί, Λέων δ᾿ ἐπὶ τῷ, καὶ ὑπ᾿ αὐτὸν
Παρθένος, αἱ δ᾿ ἐπί οἱ Χηλαὶ καὶ Σκορπίος αὐτὸς
Τοξευτής τε καὶ Αἰγόκερως, ἐπὶ δ᾿ Αἰγοκερῆϊ
Ὑδροχόος, δύο δ᾿ αὐτῷ ἔπ᾿ Ἰχθύες ἀστερόεντες,
τοὺς δὲ μέτα Κριός, Ταῦρος δ᾿ ἐπὶ τῷ Δίδυμοί τε.

[tɔ̂ːj éni karkínos estí|léɔːn d epí tɔ̂ːi|káj hyp autón
partʰénos|haid epíhoi kʰɛːlǎi kǎi skorpíos autós
tokseutɛ̌ːste káj aiɡókerɔːs|epí d aiɡokerɛ̂ː.i
hyddrokʰóos|dýo d autój ép ikʰtʰýes asteróentes|
tǔːz dé méta kkriːós|tâuros d epí tɔ̂ːi dídymǒite]

―∪∪|―∪∪|―∪∪|―∪∪|―∪∪|――
―∪∪|―∪∪|――|――|―∪∪|――
――|―∪∪|―∪∪|―∪∪|―∪∪|―∪
―∪∪|―∪∪|―∪∪|―∪∪|―∪∪|――
―∪∪|――|――|―∪∪|―∪∪|―∪

そのなかにかにがいて、そのあとにしし、その下に
おとめ、そのあとに(さそりの)はさみさそりそのものと
いてやぎやぎのあとに
みずがめ、そのあとに星となってかがやくうお2匹、
それらにつづいておひつじ、そのあとにおうしふたご

これはアラートスの『パイノメナ(星辰譜)』(545-549)で、叙事詩だから韻律はヘクサメトロス(古代ギリシャの韻律:ヘクサメトロス」)。最初の「そのなかに」っていうのは「黄道帯のなかに」ってことで、アラートスは夏至点からはじめてるから かに座が最初になってる。歳差運動のせいで夏至点はいまじゃ ふたご座にあるけど、当時は かに座にあった。宮ってことなら いまでも夏至点は かに宮にある(西洋とインドの星うらない」)。

ここにでてくる十二星座の名前で最初にあげたのとちがうのがふたつある。ひとつは2行めの Χηλαί [kʰɛːlǎi ケーライ]で、これは「ひづめ、かぎづめ、(カニ、サソリの)はさみ」なんだけど、むかしはてんびん座は(サソリの)はさみ座だった。さそり座の一部みたいなもんだけど、アラートスはこのあとで黄道の星座を12個っていってるから、はさみ座もちゃんと独立したひとつの星座としてかぞえてる(プトレマイオスの48星座とアラートスの星座(ギリシャ語とラテン語):てんびん座」)。

もうひとつは3行めの Τοξευτής [tokseutɛ̌ːs トクセウテース]で、これは Τοξότης [toksótɛːs トクソテース](いて座)とおんなじ意味だからちがう名前ってわけじゃないけど、韻律の関係で『パイノメナ』じゃおもに Τοξευτής [トクセウテース]のほうがつかわれてる(プトレマイオスの48星座とアラートスの星座(ギリシャ語とラテン語):いて座」)。

おひつじ座:牡羊座。 おうし座:牡牛座。 ふたご座:双子座。 かに座:蟹座。 しし座:獅子座。 おとめ座:乙女座。 てんびん座:天秤座。 さそり座:蠍座。 いて座:射手座。 やぎ座:山羊座。 みずがめ座:水瓶座。 うお座:魚座。 アラートス:アラトス。 パイノメナ:ファイノメナ。

関連記事
 ・西洋とインドの星うらない
 ・プトレマイオスの48星座とアラートスの星座(ギリシャ語とラテン語)
 ・十二宮をえがいたギリシャの壁かけタイル
 ・黄道帯は獣帯
 ・プレアデスの七姉妹
 ・ギリシャ語からサンスクリット語にはいった外来語(十二宮・惑星など)
 ・古代ギリシャの韻律
 ・「ギリシャ語記事一覧:詩

2007.05.21 kakikomi; 2015.09.24 kakinaosi

|

« 『科学用語語源辞典』 | トップページ | 『LEXICON GRAECO-IAPONICUM/希和辞典』 »