« エスペラント語の数詞のヘンなところ(ドイツ語とかイタリア語とかフランス語とかとおんなじようなもんだけど) | トップページ | 『梵字アートを楽しもう』 »

日本語式の数字、西洋語式の数字

そこらでよくみかける数字のかきかたとして、3ケタずつくぎって 1,000,000 みたいにコンマをうつっていうのがある。でも、これって日本語としてはすごくよみにくい。

3ケタでくぎるのは西洋語の数詞がそうなってるからだ。日本語の漢数字と英語の数詞をくらべてみると、

  一 one
  十 ten
  百 a [one] hundred
  千 a [one] thousand
一万 ten thousand
十万 a [one] hundred thousand
百万 a [one] million
千万 ten million
一億 a [one] hundred million

っていうふうになってて、日本語は「千」までの4ケタがひとくぎりで、つぎの「万」からまた4ケタのひとくぎりになって、つぎが「億」になる。英語のほうは hundred までの3ケタがひとくぎりで、つぎに thousand をつかった3ケタのグループがつづいて、そのつぎは million をつかった3ケタになる。

だから 10,000 ってかいてあれば、コンマのとこが thousand で、そのまえの 10 はそのまんま ten ってよめばそれで ten thousand になる。でも日本語としては 10,000 のどこにも「万」のくぎりはない。これが4ケタでくぎって 1,0000 だったら「一万」だってことがわかりやすい。

1,000,000 もおんなじことで、ふたつめのコンマのとこが million だから、a [one] million だってすぐよめるけど、「百万」っていうはわかりにくい。4ケタでくぎった 100,0000 なら、コンマのとこが「万」で、そのまえの 100 をそのまんま「百」ってよめばいいから、「百万」ってすぐわかる。

国際的な とりひきなんかだと、日本語式にするわけにはいかないだろうし、銀行員なんかなら3ケタくぎりの数字でもすぐよみとれるんだろうけど、そういうこととは関係ないとこでも日本語のいいかたとはちがう西洋式のやりかたをおしつけられてるっていうのは……。

ただし文章のなかにおおきな数字がでてくるときは、ヨコがきでも 1億2345万6789 なんていうふうに「億」とか「万」をいれてかくことがおおい。これはけっきょく4ケタでくぎって 1,2345,6789 ってかくのとおんなじことだ。「億」とか「万」をいれたかきかたをみれば、日本語の数字は4ケタでくぎるのが自然だっていうのがよくわかる。

そういえば本多勝一『日本語の作文技術』(朝日新聞社)の「凡例」にも、

数字の表記は万進法(日本式)とし、千進法(西欧式)を排します。たとえば――
 ☓ 五〇三、九八七、一四六円   ☓ 503,987,146円
  五、〇三九八、七一四六円    5,0398,7146円

なんてかいてあったっけ(原文はタテがき)。

ところで日本じゃ数字につかう句読点は英語式で、ケタのくぎりにはコンマ、小数点にはピリオドをつかってるから、123万4567点89 は(英語式ってことで3ケタくぎりとすると) 1,234,567.89 ってかく。ところがドイツ語とかイタリア語とかフランス語とかだと この句読点が逆で、ケタのくぎりはピリオド、小数点はコンマだから、1.234.567,89 ってかくことになる。ただしケタのくぎりはピリオドじゃなくてスペースをあけてもよくて(ドイツ語はこっちのほうがふつうだけど、イタリア語とフランス語はどうなんだろ)、それだと 1 234 567,89 になる。こっちのやりかたは英語式に対してヨーロッパ大陸式とでもいえばいいのかな。

おもしろいことに、日本は英語式でやってるのに、いいかたとしては大陸式になってるとこがある。それは小数点のいいかたで、「零コンマいくつ」とか「コンマ以下」なんていったりする。上にかいたとおり小数点がコンマなのは大陸式だ。どうしてなんだろ。

2007.10.05 kakikomi

|

« エスペラント語の数詞のヘンなところ(ドイツ語とかイタリア語とかフランス語とかとおんなじようなもんだけど) | トップページ | 『梵字アートを楽しもう』 »