« 「&」のはなし | トップページ | ほうき星 »

ギリシャ語の「エトセトラ」

etc.(エトセトラ/など)はギリシャ語だと κτλ.、κ.τ.λ. なんだけど、これは και τα λοιπά [kʲe ta liˈpa キェ タ リパ]の略で、古典語でいえば καὶ τὰ λοιπάkǎi tá loipá カイ タ ロイパ]になる(このいいまわしは古典にちゃんと用例がある)。

καί [kǎi カイ]は「そして、と」、τά [tá タ]は定冠詞の中性・複数、λοιπά [loipá ロイパ]は λοιπός [loipós ロイポス](のこりの、あまりの、そのほかの)っていう形容詞の中性・複数で、英語に直訳すれば and the rest ってことになるだろう。etc. を英語でいえば and so forth、and so on だけど、この and the rest っていいかたもある。

現代語の λοιπός [liˈpos リポス]っていう形容詞はあんまりつかわれなくて、「のこりの、あまりの、そのほかの」っていう意味の形容詞としてはふつう υπόλοιπος [iˈpolipos イポーリポス]をつかう。ちなみに古典語にもこのむかしのかたちの ὑπόλοιπος [hypóloipos ヒュポロイポス](のこりの)っていう形容詞がある。

ついでにいうと λοιπός [ロイポス]は λείπω [lěːpɔː レ~ポー](たちさる、あとにのこす)っていう動詞の形容詞で、λείπω は英語の leave (あとにのこす)とおんなじ語源のことばだ。

それから κτλ. とおんなじ意味で κλπ. っていうのもあるんだけど、これは και λοιπά [kʲe liˈpa キェ リパ]の略で、これだと定冠詞がないからラテン語の et cetera [エト ケーテラ](「&」のはなし」)とおんなじいいかたになる(そもそもラテン語には冠詞がない)。

関連記事
 ・「&」のはなし

2008.01.07 kakikomi; 2017.05.23 kakinaosi

|

« 「&」のはなし | トップページ | ほうき星 »