« 「ミュージック」の語源 | トップページ | 『マックスとモーリッツ』(古代ギリシャ語版ほか) »

ムーサによびかける歌

学芸の女神ムーサ(Μοῦσα [mûːsa] 9柱のムーサ」)によびかけてうたいはじめるのは叙事詩の定番だけど、古代ギリシャの音楽でいまのこってる楽譜のなかにもムーサによびかけてるものがある。

この楽譜は写本としてのこされてて、クレタ島出身の音楽家メソメーデース(Μεσομήδης [mesomɛ̌ːdɛːs])の作品としてつたわってる。メソメーデースはローマにでてハドリアーヌス帝(Hadrianus、在位117-138年)につかえたひとだけど、ここで紹介する2曲のうち1曲目は方言の特徴とか曲調からするとメソメーデースの作品とはちがうみたいだ。

写本にはこの2曲のほかにさらに2曲メソメーデースの作品がある。この4曲を最初に解読して公表したのは音楽家のビンチェンツォ・ガリレイ(Vincenzo Galilei)で、1581年にフィレンツェで出版した『古代と現代の音楽についての対話(Dialogo della musica antica et della moderna)』っていう本にのせた。このひとは16世紀すえにオペラをつくりだしたカメラータっていうグループの一員でもあって、ガリレイの理論は最初のオペラを作曲したペーリにおおきな影響をあたえたらしい。ついでにいうと、このガリレイの長男が有名な科学者のガリレオ・ガリレイだ。

で、まずはムーサによびかける歌だけど、歌詞のあとにつけた五線譜は調号がないような 調 にして、かりの小節線はこの手のものによくあるみたいにみじかいものにした。つづりのきりかたは伝統的なやりかたじゃなくて発音に即したものにしてある(古代人もこういうふうにきったりしてる)。楽譜の下の MIDI のロゴをクリックすると、MIDI ファイルでつくったメロディーがきける。実際にうたうときにはフレーズのきれ目にちょっとした やすみがはいったりしたかもしれないけど、もともと文字譜だし、そのへんのことはわからないから、単純に楽譜のとおりにしてある。

ἄειδε Μοῦσά μοι φίλη,
μολπῆς δ᾿ ἐμῆς κατάρχου·
αὔρη δὲ σῶν ἀπ᾿ ἀλσέων
ἐμὰς φρένας δονείτω.

[áeːde mûːmoi pʰílɛː
molpɛ̂ːs d emɛ̂ːs katárkʰuː
ǎurɛː dé sɔ̂ːn ap alséɔːn∥
emǎːs pénas doněːtɔː

∪―∪―∪―∪―
――∪―∪――
――∪―∪―∪―
∪―∪―∪――

わたしに歌ってください、ムーサさま、
わたしの歌をはじめてください。
あなたの森(聖なる場所)から吹いてくるそよ風で
わたしのこころをゆりうごかしてください。

MIDI

韻律は 音節 がながくてもみじかくてもいいとこを「×」とすると「×―∪―∪―∪―/×―∪―∪――」っていう2行を2回くりかえしたかたちになってる。

もう1曲はムーサのリーダー カッリオペーとムーサたちを指揮するアポッローンによびかける歌で、歌詞にでてくるレートーはアポッローンの母親、デーロス島はアポッローンがうまれたところ、それからパイオーンはアポッローンの別名。楽譜その他の注意は1曲めとおんなじ。

Καλλιόπεια σοφά, Μουσῶν προκαθαγέτι τερπνῶν,
καὶ σοφὲ μυστοδότα, Λατοῦς γόνε, Δήλιε Παιάν,
εὐμενεῖς πάρεστέ μοι.

[kalliópeːa sopʰǎː|muːsɔ̂ːm prokatʰaːɡéti terpnɔ̂ːn∥
kǎi sopʰé mystodótaː|laːːs góne dɛ̌ːlie paijǎːn∥
eumenêːs párestémoi]

―∪∪|―∪∪|――|―∪∪|―∪∪|――
―∪∪|―∪∪|――|―∪∪|―∪∪|――
―∪―∪―∪―

聡明なカッリオペー、よろこびをあたえるムーサたちをひきいるかたよ、
そして、密儀の聡明な導師、レートーの息子、デーロスのパイオーンよ、
恵みぶかいおふたかたよ、わたしのもとにおいでください。

MIDI

韻律はヘクサメトロス2行に さらにみじかい1行をたしたかたちになってる(古代ギリシャの韻律:ヘクサメトロス」)。

この2曲は「歌詞が古典ギリシャ語の曲」で紹介したCD、「古代ギリシャの音楽/パニアグワ」と「Music of Ancient Greece/Halaris」と「Musiques de l'Antiquité Grecque/Bélis」にはいってるし、「Ancient Greek Music」っていうサイトでもきくことができる。このサイトの「The Melodies」をクリックしてそのページにいくと曲の一覧があって、そのなかの「Mesomedes (?), two invocations」で、この2曲のメロディーがきける。それから、おんなじサイトの「The Instruments」の「・Cithara」をクリックしてそのページにいくとサンプルが4つあって、そのなかの「Invocation of the Muse」が上の1曲め、「Invocation of Calliope and Apollo」が2曲めで、タテ琴(κιθάρα [kitʰáraː キタラー])の伴奏でうたってる。

つたわってる楽譜にはかけてるとこがあるから、それをどうおぎなうかでちがいがでてくるし、そのほか解釈のちがいもある。発音はサイトのほうは古典式だけど、η の発音がちょっとまちまちで、せまい[eː]だったり(それとも[iː]?)ひろい[ɛː]だったりしてる。CD のほうはどれも現代語式の発音だけど、パニアグワと Bélis のは古典式がまじってる。それからサイトにしても CD にしても この2曲を1曲としてあつかってるのと2曲にしてるがある。

メソメーデース:メソメデス。 ハドリアーヌス:ハドリアヌス。 ビンチェンツォ:ヴィンチェンツォ。 カッリオペー:カリオペ。 アポッローン:アポローン、アポッロン、アポロン、アポロ。 レートー:レト。 デーロス:デロス。

関連記事
 ・9柱のムーサ
 ・歌詞が古典ギリシャ語の曲
 ・セイキロスの墓碑銘
 ・「ミュージアム」の語源
 ・「ミュージック」の語源
 ・古代ギリシャの韻律
 ・「ギリシャ語記事一覧:詩

2008.02.27 kakikomi; 2015.09.25 kakinaosi kakinaosi

|

« 「ミュージック」の語源 | トップページ | 『マックスとモーリッツ』(古代ギリシャ語版ほか) »