« 中国は文字の国? | トップページ | 「みずうみ」は「水海」 »

古文・漢文教育

「たろじいのブログ」の「ブログを書くということ」っていう記事をよんで、「教科日本語」なんてもんがはじまったのをしったけど、なんなんだ、こりゃ? 「声に出して読む」ブームをうまいこと利用して、こんなこと はじめちゃったんだな。古文・漢文の素読[そどく]はおとなの趣味としてはおおいにけっこうだとおもうけど。

学校教育に古文・漢文があるっていうのは、そういうものが日本語の基礎になるっていうおもいこみがあるからだろう。学校でおしえる日本語は近代国家の国語としての標準語だけど、こういう標準語っていうのは人工的なもので、この標準語をゆたかにするっていうか、そだててくためには、古典から養分を吸収しなきゃいけないって知識人はおもいがちだ。自分たちがそういうものにしたしんでるっていうのもあるし、そういう教養はほかの人間と自分たちを区別する重要な手段でもある。いまでも日本語は古文・漢文からまなばなきゃいけないってことにしとけば、特権階級でいられるから自分たちにとっては都合がいい。

たしかに、人工的な標準語は、なにかから栄養をとる必要があるだろう。でも、それは古文・漢文っていう、しんだものからなのかな。古文・漢文そのものを研究するのは、それはそれでいいし、なまべる要素もあるだろうけど、それはことばをそのまんまもってきちゃうようなものとはちがうだろう。ことばの本質みたいなものがいきてるのは方言だ。かきことばとか標準語(このふたつは、たいていのばあい だいたいおんなじようなもんだけど)が養分を吸収するとしたら、それは方言からだ。

ここでいってる方言は、なんていうか、ひろい意味の方言で、要するにふだんのはなしことばのことだ。ここから、そのまんまつかえることばがあれば、それを標準語にとりいれてもいいし、そうじゃなくても吸収できるものがある。それは、漢字をくみあわせてことばをつくるのとはちがう日本語本来のことばのつくりかただ。方言のなかにいきてるそういう感覚をまなぶ、っていうか、おもいだすことで、漢字にたよるんじゃない まともないいまわしをつくってくことができるだろう。

古典からまなぶものがあるとすれば、たとえばこんなことがあるかもしれない。「歴史的仮名遣い」っていう不正確ないいかたをされることがおおい旧かなづかいは、だいたい平安時代初期の“かなづかい”をもとにしてるけど(旧かなづかいは日本の伝統?」)、平安初期の“かなづかい”はそもそも「かなづかい」っていうようなもんじゃなかった。これはただそのときの発音でかいてただけのことで、のちの時代の、おんなじ音をちがうカナでかきわけるっていう意味の「かなづかい」とはちがう。だから当時「かなづかい」はなかったともいえる。そうすると、この時期の古典からまなべることは、旧かなづかいそのものじゃなくて、「かなづかい」じゃないかきかた、つまり発音どおりにかくってことだろう。当時のやりかたをいまにおきかえてかんがえる、っていうのがほんとに古典からまなぶことだとおもう。

もうひとつ例をあげるなら、まぜがきについての議論も古典からまなんだらいいとおもう。古典をよむときは、いまの印刷本になってる古典作品をよむことがおおいとおもうけど、こういうのは実際の古典そのものじゃなくて、かなづかいとか漢字のつかいかたをなおしてある。そういうんじゃなくてナマの古典をよんでみれば、まぜがきなんて古典にはざらにあるのがわかる。まぜがきは日本語の伝統みたいなもんだ(まぜがき」)。だから、まぜがきに関してよくある議論がおかしいってことは実際の古典に接してみればわかる。

それにしても、「教科日本語」みたいに小学校低学年から古文・漢文をつかって漢字をたれながして、なんになるっていうんだろ。まえにもかいたけど、漢字をいくらおぼえたからって、それでコミュニケーションの能力がはぐくまれるわけじゃない。漢字をみなきゃ区別できないような漢語をつかってしゃべるようになったら、かえってコミュニケーションのさまたげになるだけだ。それに、文章力ってことでいっても、漢字をいくらしってても、それだけでまともな文章がかけるようになるわけじゃない。

まぜがき:まぜ書き、交ぜ書き。

関連記事
 ・旧かなづかいは日本の伝統?
 ・まぜがき
 ・中国は文字の国?

2008.03.17 kakikomi

|

« 中国は文字の国? | トップページ | 「みずうみ」は「水海」 »