« ギリシャ語聖書の「万」 | トップページ | ギリシャ語の動詞の「後退的」アクセントと「後倚辞」「前倚辞」 »

ギリシャ語の音程

ギリシャ語のアクセントの音程は5度をこえることはなかったっていわれてるけど、そのもとになってるのはハリカルナッソスのディオニューシオスがかいた『文章構成法』のなかのつぎの文章だ(11.5)。

διαλέκτου μὲν οὖν μέλος ἑνὶ μετρεῖται διαστήματι τῷ λεγομένῳ διὰ πέντε ὡς ἔγγιστα, καὶ οὔτε ἐπιτείνεται πέρα τῶν τριῶν τόνων καὶ ἡμιτονίου ἐπὶ τὸ ὀξὺ οὔτ᾿ ἀνίεται τοῦ χωρίου τούτου πλέον ἐπὶ τὸ βαρύ.

さて、はなしことばの旋律はおよそ5度といわれるひとつの音程によって はかられる。すなわち、たかい音にむかうときには3つの全音とひとつの半音をこえて あがることはなく、ひくい音にむかうときにもその幅以上にさがることはない。

この文章を理解するためには音程の説明が必要だろう。音程は度数であらわされる。階名をつかっていうと、ドとドはおんなじだから1度(くわしくいうと完全1度)または同度っていう。ドとレの音程は2度(長2度)、ドとミは3度(長3度)、ドとファは4度(完全4度)、ドとソは5度(完全5度)になる。音名でいうと、ハとハは(完全)1度または同度、ハとニは(長)2度、ハとホは(長)3度、ハとヘは(完全)4度、ハとトは(完全)5度。英語の音名でいえば、CとCは(完全)1度または同度、CとDは(長)2度、CとEは(長)3度、CとFは(完全)4度、CとGは(完全)5度ってことになる。

ドとソの音程は5度だけど、このドとソのあいだにはレとミとファがあって、それぞれとなりどうしの音程は2度だ。この2度には長2度と短2度がある。ドとレの音程は上にかいたみたいに長2度で、レとミも長2度。ミとファは短2度で、ファとソは長2度だ。ピアノとかキーボードの鍵盤をみてもらうとわかるけど、となりあう白鍵のあいだに黒鍵があると長2度で、ないと短2度になる。この長2度のことを全音っていって、短2度を半音っていってる(半音がふたつで全音)。そうするとドとレのあいだは全音、レとミも全音、ミとファは半音、ファとソは全音で、ドとソのあいだには3つの全音とひとつの半音があることがわかる。ディオニューシオスは音があがるときもさがるときも「3つの全音とひとつの半音」をこえることはないっていってるわけだけど、この「3つの全音とひとつの半音」っていうのは5度のことだ。

ところで、この文章にはいろんな解釈がある。はなしことばの旋律の音程は5度っていうのが文章全体のことなのか単語についてだけいってるのかで解釈がわかれてるし、後半におんなじようなことをくりかえしてるのもひっかかるとこだ。

この部分につづく文章だとはっきり単語のことをいってるから、ここだって単語のアクセントの音程のことをいってるんじゃないかとおもうけど、この文章そのものからははっきりしない。それでも「たかい音にむかうとき」「ひくい音にむかうとき」っていったら、となりあう部分どうしの音程をいってることになるとおもうから、結果的にはひとつの単語のなかの音程をいってることになってるんじゃないかな。

それに、たかさアクセントとか声調がある現代のことばの調査によると、そういうことばのアクセントとか声調の音程はだいたい5度っていうのがおおいらしいし、文章全体になると音程はもっとある。そういう実際のことばの例からしても、ここでいわれてる5度っていうのは単語のアクセントの音程だろう。

ただし後半の解釈によっては はなしがちがってくるかもしれない。後半の文章は あがるときと さがるときで それぞれ5度をこえることはないっていってるわけだけど、なんでおんなじ音程のことをくりかえしていわなきゃいけないのかってことが問題だともいえる。

これについては、ある平均的な たかさから上にむかって5度、下にむかって5度ってことをいってるって解釈がある。そう解釈すればおんなじようなことをくりかえしいってる意味もわかるってわけだ。こういうふうによむとすれば、全体の音程としては5度と5度をあわせて9度ってことになる(10度じゃない)。たしかに文章全体の音程としては9度でもおかしくないかもしれない。とすると、この部分は単語のアクセントの音程じゃなくて、文章の音程のことをいってるってことになる。

でも、このくりかえしは たんにおんなじことをいってるわけじゃないとおもう。もともと「たかい音にむかうとき」と「ひくい音にむかうとき」でその音程がおんなじだとはかぎらないだろう。だからこそ、わざわざ「ひくい音にむかうとき」についても音程の最大限はおんなじだって説明してるんじゃないのかな(ただし、あくまでも最大限のはなしだから、あがるときと さがるときで音程がいつもおんなじだっていってるわけじゃない)。そうだとすれば、結果としてはおんなじ音程のことをいってることにはなってるけど、それはそれなりに必要なことで、平均的なたかさから上と下に5度って解釈しなくてもいいとおもう。で、そういうことなら、ここを文章全体の音程のことをいってるってとらなくてもいいだろう。

ハリカルナッソス:ハリカルナーソス。 ディオニューシオス:ディオニュシオス。

関連記事
 ・古典ギリシャ語のアクセントの発音

2008.04.26 kakikomi; 2012.10.03 kakikae

|

« ギリシャ語聖書の「万」 | トップページ | ギリシャ語の動詞の「後退的」アクセントと「後倚辞」「前倚辞」 »