« ギリシャ語の音程 | トップページ | VENI・VIDI・VICI (きた・みた・かった) »

ギリシャ語の動詞の「後退的」アクセントと「後倚辞」「前倚辞」

ギリシャ語の動詞のアクセントは活用すると位置がかわることがある。基本的な性質として、動詞のアクセントは、アクセントの法則がゆるすかぎり単語のあたまのほうにいこうとする。べつのいいかたをすれば、単語のおしまいからはなれていこうとする性質がある。

たとえば規則動詞としてギリシャ語の本によくでてくる「教育する」を例にとると(発音のカタカナがきはアンダーラインのとこをたかくよむ)、辞書のみだし語になる能動態・直説法・現在・1人称・単数のかたちは παιδεύω [paiděuwɔː パイデオー]なんだけど、能動態・命令法・現在・2人称・単数だと παίδευε [pǎideuwe パデウエ]になる。最後の音節の母音がながいときには うしろから2番めの音節の母音に鋭アクセントがつくんだけど、最後の音節の母音がみじかいと3音節以上ある動詞のばあいはそれよりまえにいって、うしろから3番めの音節の母音に鋭アクセントがつく。

こういうふうにアクセントが単語のまえのほうにいこうとする性質のことを英語で recessive っていうんだけど、これをそのまんま訳せば「後退的」ってことになる。まえにいくのに「後退的」っていうのは…。

アクセントの位置についてはかならず単語のおしまいのほうからかんがえることになってる。ギリシャ語のアクセントは単語のうしろからかぞえて1番め・2番め・3番めの音節のどれかにある。3番めの音節をこえてアクセントがまえにいくことはない。それに、どの音節までいけるかは最後の音節の母音のながさによって制限される。

アクセントについてはこんなふうに単語のうしろからかんがえなきゃいけないもんだから、それがもとになって単語のおしまいからはなれてくことを「後退的」っていってるわけだ。

アクセントについてのこういう習慣はほかの用語にもあらわれてる。ギリシャ語の単語には英語で enclitic っていう種類と、proclitic っていう種類のものがある。enclitic っていう用語のもとはギリシャ語の ἐγκλιτικός [eŋklitikós エンクリティコス]だけど、これは「かたむく、よりかかる」って意味の動詞と関係あることばだ。proclitic のほうはギリシャ語でいえば προκλιτικός [proklitikós プロクリティコス]だけど、こっちのほうは ἐγκλιτικός [エンクリティコス]に対して近代の学者がつくった用語で、「まえにかたむく、まえによりかかる」って意味だ。

この用語の翻訳語として enclitic には「後倚辞[こういじ]」、proclitic には「前倚辞[ぜんいじ]」っていうのがある。enclitic ってことばそのものには「まえ」とか「うしろ」とかって意味はふくまれてないけど、proclitic の pro- が「まえ」だから「前倚辞」になって、それに対して enclitic のほうは「後倚辞」になったんだろう。でも、この「まえ」とか「うしろ」っていうのもアクセントが関係してるから、はなしは逆になってる。

「後倚辞(enclitic)」っていうのは「まえ」にある単語とむすびついて発音される。「まえ」にある単語によりかかって、それそのものはアクセントをうしなうことがおおい。「前倚辞(proclitic)」はその逆で「うしろ」にある単語とむすびつく。この説明で「まえ」と「うしろ」が逆になってるのがわかるだろう。

こういう用語に対して「まえ」と「うしろ」の関係がわかりやすいようにした べつの翻訳語もある。enclitic を「前接辞/前接語」、proclitic を「後接辞/後接語」っていってるんだけど、こっち用語のほうがはるかにいい。だいたい「倚」なんていう漢字をつかった熟語なんてそこらで目にすることはまずないから、こんな字をつかった用語なんてどうかとおもう。この意味の「倚」は「依」とおんなじだから、「前依辞」とかにするんならまだマシだけど。

ギリシャ語の本だと「後倚辞」「前倚辞」っていうのをけっこうみかけるけど、英語の本なら「前接辞/前接語」「後接辞/後接語」っていうのがふつうだとおもう。英語にもこのふたつはあることはあって、「前接辞」の例としては cannot の not とか can’t の ’t ぐらいしかないような感じだけど、「後接辞」はけっこうある。冠詞とか前置詞なんかがそうだ。

じゃあ「前接辞」「後接辞」っていうのと「前接語」「後接語」っていうのじゃ どっちがいいかっていえば、「前接語」「後接語」かな。enclitic も proclitic も付属語だけど付属形式じゃないから「語」のほうがいいだろう。英語の un- とか re- みたいのを接頭辞(prefix)っていうけど、こういう付属形式に「辞」をつかうとすれば、こっちは「語」にしたらいいとおもう。

「前接語」「後接語」っていうのにならって recessive のほうもわかりやすくいいかえるとすれば、「後退的」の反対だから「前進的」ってことになるだろう。

[つけたし]
その後「前接語」「後接語」もやめて「まえより語」「あとより語」っていうのをつかうことにした(「まえより語(enclitic)」「あとより語(proclitic)」」)。

関連記事
 ・「まえより語(enclitic)」「あとより語(proclitic)」
 ・古典ギリシャ語のアクセントの規則
 ・まえより語(enclitic)のアクセントの問題点(1) まえの単語がアクセントをうけとるばあい
 ・まえより語(enclitic)のアクセントの問題点(2) まえより語がつづくとき
 ・まえより語(enclitic)のアクセントの問題点(3) 「ΕΙΜΙ」の現在形
 ・まえより語(enclitic)のアクセントの問題点(4) 「ΕΣΤΙ」

2008.04.28 kakikomi; 2010.09.13 kakinaosi

|

« ギリシャ語の音程 | トップページ | VENI・VIDI・VICI (きた・みた・かった) »