« カタカナがきがおかしいヘブライ語の用語 | トップページ | ギリシャ語の関係文 »

カタカナがきがおかしいサンスクリット語の用語

精神世界関係の本にはサンスクリット語起源の用語がけっこうでてくるけど、英語よみなんだかローマ字よみなんだか、けっこう不正確なカタカナがきがおおい。翻訳するときにちゃんとしらべないもんなのかな。これについては いままでにもかいたことがあるけど(雑誌「Yogini」」「クンダリニーとチャクラ」)、ほかの例もいくつかみてみることにする。

まず目につくのは「ヨガ」だけど、これはもうこの分野にはかぎらない。これは正確には「ヨーガ」だ。もう「ヨガ」で日本語になっちゃってるっていわれればそれまでかもしれないけど、「ヨーガ」だってつかわれてるんだから、「ヨガ」じゃなきゃいけないってこともないだろう。そういえば、「ヨガ」だとインドの雄大な感じがでない、なんていってるひとがいたっけ。

このことばはサンスクリット語で योग yoga [ヨーガ]だけど、これが「ヨガ」になっちゃったのは、ギリシャ語・ラテン語のカタカナがきみたいに、ただ母音のながさを無視しただけなのかな。ローマ字がきには o の上に母音をのばす記号がついてないけど、サンスクリット語には ながい「オー」しかないから、のばす記号はつけない習慣になってる。英語で yoga ってかくから、これをみてローマ字よみで「ヨガ」にしちゃったのかもれしないけど、英語の発音としては[ヨウガ]だから、それをもとにしたらカタカナで「ヨーガ」になってもおかしくないのに。

「ヨーガ」はむかし仏教用語として日本語にはいってきてるんだけど、そのときは漢字で「瑜伽[ゆが]」だった。ややっこしいことに「ユガ」っていうと これはこれでサンスクリット語起源の用語があって、世界を4つの時期にわけたそれぞれの時代のことだ。サンスクリット語で युग yuga [ユガ]、英語でも yuga [ユガ]っていってる。最初は黄金時代で「クリタ・ユガ」(कृतयुग kta-yuga [クルタ・ユガ])とか「サティヤ・ユガ」(सत्ययुग satya-yuga [サッテャ・ユガ])っていって、このあとだんだんわるい時代になっていく。つぎの時代は「トレーター・ユガ」(त्रेतायुग tretā-yuga)、そのつぎが「ドワーパラ〔ドヴァーパラ〕・ユガ」(द्वापरयुग dvāpara-yuga)、さらにそのつぎが「カリ・ユガ」(कलियुग kali-yuga)っていう暗黒時代になる。いまがそのカリ・ユガなんだけど、伝統的なヒンドゥー教とはちがうかんがえかたによると、カリ・ユガはもうおわったらしい。

ヨーガ行者のことは「ヨギ」とかいうけど、これも正確には「ヨーギー」だ。英語としては yogi [ヨウギ]になる。サンスクリット語で योगी yogī [ヨーギー]だけど、これは主格のかたちだ。語幹のかたちなら योगिन् yogin [ヨーギン]だから、「ヨーギン」っていうのもみかけることもあるし、英語でも yogin っていうのもある。女のヨーガ行者「ヨーギニー」については「雑誌「Yogini」」にかいた。

インドの行者っていえば「サドゥー」っていうのもよくみるけど、これはサンスクリット語で साधु sādhu [サードゥ]だから、のばすとこが逆だ。カタカナがきは「サードゥ」じゃなきゃおかしい。英語だと sadhu [サードゥー]っていってる。

にたような例として「グルー」っていうのもある。これはサンスクリット語で गुरु guru [グル]だから、最後はのばさないで「グル」になる。英語だと guru [グルー/グールー/グアルー]だから、これも英語よみなんだろう。宗教の導師のことだ。

「サマディー」っていうのもみかける。サンスクリット語で समाधि samādhi [サマーディ](くみあわせ、結合、めい想、精神集中)だから、のばすとこがちがう。英語で samadhi ってかくけど、英語でも[サマーディ]ってよむから、これは英語よみってわけじゃなさそうだけど、なんでこうなんだ? 「世界ふしぎ発見!」で、インド人が「サマーディ」っていってる VTR をながしてるそばから、字幕には「サマディー」ってでてたっけ。この「サマーディ」は仏教用語として漢字にうつされて「三昧[さんまい]」とか「三摩地[さんまじ]」なった。意味を訳した「定[じょう]」っていうのもある。とくに「三昧」は仏教用語っていうんじゃなくて「ナントカ三昧[ざんまい]」っていうふうにつかわれてる。

「シディー」っていうのをみたこともある。siddhi を英語ふうによんだんだろう。サンスクリット語で सिद्धि siddhi [スィッディ](達成、成功、完成、成就)だから、カタカナにすれば「シッディ」のはず。英語とかだと子音字がかさなっててもふたつぶんにはよまないけど、日本語にはちいさい「ッ」があるんだから、それを無視することはないだろう。それに最後の母音はのびない。どうして、のばすとこをのばさないで、のばさないとこをのばすのかな。これは超能力とか神通力のことで、仏教用語の「悉地[しつじ/しっち]」として日本語にはいってきてる。こういう能力を獲得した行者のことを सिद्ध siddha [スィッダ]っていうけど、「シディー」とおんなじかきかたの「シダー」っていうのをみたことがある。これもちゃんとかけば「シッダ」のはずだ。

「デワ」とか「デヴァ」っていうのもみることがある。これは神話にでてくるような神がみのことで、中国から日本にはいってきた仏教用語だと「天」って訳してる。「ボン天」「ビシャモン天」「日天[にってん]」「月天[がってん]」とかの「天」だ。これはサンスクリット語で देव deva [デーヴァ]だから、「デーワ」とか「デーバ」とか「デーヴァ」じゃないとおかしい。もちろんこうかいてるものもある。o とおんなじで、サンスクリット語の e はながい「エー」しかないから、ローマ字がきのとき母音をのばす記号をつけない。英語だと deva [デイヴァ]になる。

「ヴェーダンタ」っていうのもけっこうみかけることがある(「ヴェダーンタ」っていうのもあったかな?)。これはインド哲学の一派のことだけど、サンスクリット語で वेदान्त vedānta [ヴェーダーンタ]」だから、カタカナにするなら「ベーダーンタ」とか「ヴェーダーンタ」だろう。英語のなかにでてくると Vedanta っていうふうに母音をのばす記号をつけないことがおおいから「ダ」をのばさなかったのかな。英語の発音は[ヴェダ(ー)ンタ/ヴィダ(ー)ンタ]だけど。

「ナディ」も母音をのばしてない。霊的な からだ にある脈管のことで、サンスクリット語で नाडीī [ナーディー]だから、ちゃんとかけば「ナーディー」だ。

「アンタカラナ」っていうのもある。「アンターカラナ」っていうのもあったかもしれない。英語の文章のなかだったら antahkarana ってかいてあるだろう。サンスクリット語で अन्तःकरण antakaraa だから、この の発音がちょっと問題だけど、カタカナがきなら「アンタフカラナ」とか「アンタハカラナ」より「アンタッカラナ」のほうがいいんじゃないかな。anta だけだったら「アンタハ」だけど、すぐに k がつづいてるから は発音記号でいうと[x]みたいな音になる。この「アンタッカラナ」はそのまんま訳せば「内部器官」ってことで、ふつうの意識とたましいをつなぐ霊的な器官のことだ。これが「アンタカラナ」だったら、अन्तकरण antakaraa [アンタカラナ](死をもたらす、破壊的な)っていうことばがべつにあるんだから、ちょっと問題だろう。なかには「アンタカルナ」なんていうのもあるんだけど、これって原文が -karna になってたのかな。それから、英語の原文で h がなくなって antakarana なんてつづりになってるのもあるみたいで、このばあいは翻訳で「アンタカラナ」になっちゃうのはムリないけど、もとのことばをちょっとでもしらべてみれば原文がおかしいのはわかるんじゃ…。

「ストラトマ」、これは sutratma ってかいてあったからこうなっちゃったんだろう。サンスクリット語で語幹のかたちだと सूत्रात्मन् sūtrātman [スーットラートマン]、主格単数のかたちだと सूत्रात्मा sūtrātmā [スーットラートマー]だから、英語にでてくるのは2番目のほうをうつしたんだろう。だから「スートラートマー」ってかくほうが正確だ。「いのちの糸」とか「シルバー・コード」っていわれることもある。

「マハトマ」、これはマハトマ・ガンジーの「マハトマ」でもあるけど、サンスクリット語で語幹のかたちだと महात्मन् mahātman [マハートマン]、主格単数のかたちだと महात्मा mahātmā [マハートマー]だから、正確には「マハートマー」ってことになる。名詞なら「最高霊」「宇宙我」「根本原理」、形容詞なら「偉大なたましいをもっている」っていう意味だ。形容詞の名詞としてのつかいかたで「偉大なたましいをもっているひと」ってことにもなる。マハトマ・ガンジー(マハートマー・ガーンディー)っていうばあいはこの意味だ。

「アカシャ」っていうのもみかける。これだと花のアカシアとまぎらわしい感じがしないでもない。サンスクリット語で आकाश ākāśa [アーカーシャ]だから、カタカナだって「アーカーシャ」にしたらいい。英語としても akasha [アーカーシャ]なんだし。これはヨーロッパふうにいえばエーテルともいえるし、「虚空[こくう]」って訳したり、思想によっては「空間」のことだったりする。それとか宇宙の記憶っていうか、すべてのできごとが記録されてる のことを「アカシック・レコード(Akashic record)」とかいうけど、これは英語のまんまじゃなくて「アーカーシャ記録」って訳せばいいとおもう。ちなみにシュタイナーは「アーカーシャ年代記(Akasha-Chronik)」っていってる。

「マヤ」「マーヤ」っていうのもある。「マヤ」じゃマヤ文明みたいだ。これはサンスクリット語で माया māyā [マーヤー]だから、カタカナがきだって「マーヤー」だろう。英語で maya [マーヤー/マーヤ]だから、つづりだけみてローマ字よみで「マヤ」にしたか、ちょっと発音をしらべて英語の一方の発音をうつしたか不正確にうつして「マーヤ」ってことになったんだろう。「幻術、まぼろし」とかいう意味で、現象の世界のことをまぼろしだっていうわけだけど、現象をつくりだす神のちからのことでもあるし、女神だったりもする。

「リラ」「リーラ」、これはサンスクリット語で लीला līlā [リーラー]だから、これじゃ不正確だ。英語で lila [リーラー]だけど、例によってローマ字よみで「リラ」にするとか、発音をしらべても不正確にうつして「リーラ」になったんだろう。「リーラー」っていうのは「あそび」って意味で、宇宙の創造とか破壊とか、そういう現象はみんな神のあそびだっていう思想をいってる。

「カマロカ」っていうのもみたことがあるけど、kamaloka ってかいてあるからって、ただのローマ字よみ? これは कामलोक kāmaloka [カーマローカ]だから、カタカナでも「カーマローカ」にしないと「ハリー・ポッター」を「ハリポタ」って略すみたいな感じになっちゃう。仏教でいう「欲界[よっかい]」のことだけど、だいたい幽界・アストラル界みたいな感じでつかわれてる(仏教の欲界はこの世もふくまれる)。複合語だから「カーマ・ローカ」っていうふうに点をいれてもいいだろう。

「マンヴァンタラ」、これはたしかに manvantara ってかいてあるから、こうなっちゃうのもしかたないけど、サンスクリット語の子音のあとの v は[w]みたいな音だから、とりあえず「マヌワンタラ」とでもしたほうがいいとおもう。でも、この मन्वन्तर manvantara [マンヌヮンタラ]は、मनु manu [マヌ]+अन्तर antara [アンタラ]だから、インド学のほうじゃ「マヌ・アンタラ」ってかいてるひともいる。これがいちばんいいかもしれない。「マヌ期」っていう訳もある。ヒンドゥー教の宇宙観で、宇宙の周期のなかの一時期をあらわすことばだ。

ヒンドゥー教の僧侶の名前に「スワミ」っていうのがついてたりするけど、これは स्वामी svāmī [スワーミー]だから、「スワーミー」のほうが正確だ。

聖者とかの名前のまえについてる「スリ」とか「シュリ」も श्री śrī [シュリー]なんだから「シュリー」がいい。女神の名前でもある。「スリ」になっちゃうのは英語で sri ってかいて記号をつけないからだろう。shri ともかくけど、英語の発音としてはどっちのつづりでも[スリー]と[シュリー]があるみたいだ。ただし、これはあくまでサンスクリット語としてのはなしで、インドの地方語の発音だと「スリ」っていうのもあることはある。

ś がでてくる例はほかにもある。ヒンドゥー教の神の名まえで शिव Śiva [シヴァ]っていうのがあるけど、これが英語だと記号なしで Siva ってかかれることがある。それでも[シーヴァ]ってよむんだけど、[スィーヴァ]って発音もあることはある。つづりからすればこうよみたくなるのは当然だろう。もっとも Shiva っていうつづりもあって、これは[スィーヴァ]とはよまないみたいだ。ただどっちのつづりでも、カタカナにすると、わざわざ「スィ」なんてことにしなければ最初が「シ」になるから、問題はおこらない。もちろん英語で[シーヴァ]だからって、もともとながくない母音をのばす必要はないから、カタカナなら「シヴァ」とか「シバ」でいい。

有名な思想家シャンカラ(शङ्कर Śakara/शंकर Śakara)の名前にも ś がある。これを英語で Shakara とも Sankara ともかくけど、翻訳書に「サンカラ」っていうのをみかけた。原文が Sankara だったんだろう。でも、おおきい英語の辞書ならこの名前はでてるんだし、訳すときにしらべなかったのかな。

「サナト・クマラ」「サナート・クマラ」っていう名前もけっこうみるけど、この名前はインド神話にでてきて、サンスクリット語で समत्कुमार Sanatkumāra [サナト・クマーラ]だから、のばすのは「クマーラ」のとこだ。「サナト・クマーラ」はことばの意味としては「永遠の少年」ってことで、神話だとブラフマー(ब्रह्मा Brahmā)っていう神のこころからうまれた4人のむすこのひとりだけど、この分野にでてくるはなしとしては、おおむかしに金星から地球にやってきた存在のことをいってる(最近金星にかえったらしい)。地球にきたとき、まずは鞍馬山におりたっていうはなしもある。これによると鞍馬はクマーラがなまったものらしい。

そういえばブラフマーのこころからうまれたむすこのひとりに「サナンダ/サナンダナ」(सनन्द Sananda/सनन्दन Sanandana)っていうのがいるけど、イエス・キリストの別名またはイエスの高次の意識体の名前としてよくでてくる「サナンダ」っていうのはこれなのかな。

3つのグナのひとつに सत्त्व sattva [サットワ]っていうのがある。「純質」とか訳されたりするけど、これはほかにもいろんな意味があることばで、カタカナとしては「サットワ」「サットヴァ」「サットバ」「サトワ」「サトヴァ」「サトバ」とかいろいろある。英語だと sattva のほかに sattwa っていうのもよくみる。実際の発音は sattwa にちかいんだけど、サンスクリット語のローマ字がきとして一般的なやりかたは v をつかうことになってる。サンスクリット語の व् v の発音はたしかに v ともいえるんだけど、典型的なのは v と w の中間みたいなもので、v の口で w を発音する感じだ。とくに子音のあとの व् v は w っていったほうがいい。発音としてはそういうことだけど、サンスクリット語に v と w の区別があるわけじゃないから、どっちっていってもまちがいとまではいえない。だから「サットワ」「サットヴァ」「サットバ」の3つはとりあえずどれもおかしくはない。でも「サトワ」「サトヴァ」「サトバ」はどうかとおもう。t はふたつあるんだから、ちいさい「ッ」をつかわないのはおかしい。上にもでてきたみたいに英語だと t がふたつあってもひとつぶんにしかよまないから、英語よみなのかもしれないけど、不正確なローマ字がきで satva、satwa なんていうのもないことはないから、原文がそうなってるのかもしれない。それにサンスクリット語として सत्व satva っていう省略したつづりもつかわれる。でもこれは त्त्व ttva と त्व tva の発音がおんなじだからで、どっちも「ットワ」って感じになる。それにただしいつづりはあくまで सत्त्व sattva のほうだから、そのことからいっても、発音からいっても、ちいさい「ッ」がないのはおかしい。

ついでにいうと、グナ(गुण gua)のことを「グナス」ってかいてるのをときどきみかける。たしかに「グナス」っていうのはグナの単数主格のかたちで、これだってまちがいじゃないんだけど、この種のサンスクリット語の名詞をカタカナにしたり英語にしたりするときはこの主格のかたちじゃなくて、たいてい a でおわる語幹のかたち「グナ」をつかう。ところが「3つのグナ」っていうばあいに英語で three gunas ってかいてあるもんだから、gunas 全体がサンスクリット語の単語だとおもっちゃって「グナス」にしたんだろう。でもこれは guna に英語の複数形の語尾をつけただけだ。だから「グナス」はおかしい。これにかぎらず複数の s をサンスクリット語の一部だってカンちがいして「ス」をつけちゃってるのをみかけることがある。

ところで、こういう問題のあるカタカナがきは、すこしまえの翻訳書にはすくなかったようにおもう。明治時代の翻訳なら英語よみもしょうがなかったけど、いまになってまたこんなことになってるのはなんなんだろ。この分野の翻訳書がふえてるっていうのも関係あるのかな。こういうのを訳してるひとは、アメリカに留学してたり、著者のセッションの通訳をしたりとか、英語に堪能なひとみたいだけど、とくにこの分野の翻訳のばあい英語の知識だけじゃたりない。

それから、翻訳者が著者に用語の発音をといあわせることもあるみたいだけど、英語以外の用語についてアメリカ人とかイギリス人なんかに といあわせてもしょうがないとおもう。どうせ英語よみをおしえられるか、不正確な発音をおしえられるのが関の山だろう。じっさい、著者に発音をといあわせたって「あとがき」にかいてある本をみると、そんな感じになってる。だいたい発音のことは著者なんかにきかなくたって日本にいてもちゃんとしらべられるんだし、サンスクリット語の発音にしてもインドまでいかなきゃいけないわけでもない。

ボン天:梵天。 ビシャモン天:毘沙門天。

関連記事
 ・雑誌「Yogini」
 ・クンダリニーとチャクラ
 ・「デヴァチャン」のカタカナがき
 ・カタカナがきがおかしいヘブライ語の用語
 ・サン・ジェルマン伯爵
 ・「ヴ」のつかいかた

2008.04.22 kakikomi; 2015.10.01 kakinaosi

|

« カタカナがきがおかしいヘブライ語の用語 | トップページ | ギリシャ語の関係文 »