« ギリシャ語の動詞の「後退的」アクセントと「後倚辞」「前倚辞」 | トップページ | 鼻音のガンマ »

VENI・VIDI・VICI (きた・みた・かった)

ユーリウス・カエサル(英語よみで「ジュリアス・シーザー」)はエジプトを平定して、しばらくクレオパトラーとすごしたあと、紀元前47年に小アジアに軍をすすめて、ゼーラの戦いでポントス王国の軍をやぶった。このことをしらせたのが有名な「VENI・VIDI・VICI」[ウェーニー・ウィーディー・ウィーキー](きた・みた・かった)っていうことばだ(このことばの英語よみについては「英語と古典式発音」を参照)。

プルータルコスの『対比列伝』の「カエサル」50にはこうかいてある。

καὶ τῆς μάχης ταύτης τὴν ὀξύτητα καὶ τὸ τάχος ἀναγγέλλων εἰς Ῥώμην πρός τινα τῶν φίλων Μάτιον ἔγραψε τρεῖς λέξεις· «ἦλθον, εἶδον, ἐνίκησα.» Ῥωμαϊστὶ δ᾿ αἱ λέξεις, εἰς ὅμοιον ἀπολήγουσαι σχῆμα ῥήματος, οὐκ ἀπίθανον τὴν βραχυλογίαν ἔχουσιν.

その戦いがはげしく、そしてすみやかにおわったことをつたえようと、ローマにいる友人のひとりマティウスに「きた・みた・かった」という3つのことばをカエサルはかきおくった。これらのことばはラテン語だとおなじ活用語尾でおわっていて、非常に説得力のある簡潔ないいまわしになっている。

これはギリシャ語の作品だからカエサルのことばもギリシャ語に訳してあって、ἦλθον, εἶδον, ἐνίκησα.ɛ̂ːltʰon|êːdon|enǐːkɛːsa エールトン、エ~ドン、エニーケーサ]になってる。だからそのあとにラテン語だとどういう感じかっていうのを説明してるわけだ。

プルータルコスによると このことばは友だちにかきおくった文章なんだけど、スエートーニウスの『ローマ皇帝伝』第1巻「ユーリウス」37だとはなしがちょっとちがってる。それによると、勝利を祝う行列でこのことばをかいたものをかかげて行進したらしい。これはどっちがほんとかっていうより、両方とも事実ってこともありえるとおもう。まずは友だちにしらせて、そのあとそのおんなじことばを勝利の行進にもつかったのかもしれないんだから。

ラテン語の veni [ウェーニー]、vidi [ウィーディー]、vici [ウィーキー]は、プルータルコスがいってるようにおんなじ語尾でおわってる。それにおんなじ音ではじまってもいる。これはみんな動詞の完了形の1人称・単数で、辞書にのってるかたち(直説法・現在・1人称・単数)はそれぞれ venio [ウェニオー](くる)、video [ウィデオー](みる)、vinco [ウィンコー](勝つ)だ。

ギリシャ語訳は完了形じゃなくてアオリスト(不定過去)になってる(ラテン語の完了形は完了とアオリストがひとつになったもの)。辞書にのってるかたち(直説法・現在・1人称・単数)はそれぞれ ἔρχομαι [érkʰomai エルコマイ](くる)、ὁράω [horáɔː ホラオー](みる)、νικάω [niːɔː ニーカオー](勝つ)で、最初のふたつはほんとの不規則変化だ。ラテン語もちょっと不規則な変化をしてるけど、 ほんとの 不規則動詞じゃない(不規則動詞」)。ついでにいうとラテン語の video [ウィデオー](みる)とギリシャ語の εἶδον [エ~ドン](みた)はおんなじ語源のことばだ。

プルータルコスは「非常に説得力のある簡潔ないいまわし」だっていってるけど、つよい印象をあたえる理由のひとつとして接続詞がないことがあげられるだろう。カエサルはとうぜん弁論術についてもしってただろうから、このいいまわしは意識的なものだとおもう。

アリストテレースの『弁論術』第3巻第12章(1413b)にはこんなことがかいてある。

ἔτι ἔχει ἴδιόν τι τὰ ἀσύνδετα· ἐν ἴσῳ γὰρ χρόνῳ πολλὰ δοκεῖ εἰρῆσθαι· ὁ γὰρ σύνδεσμος ἓν ποιεῖ τὰ πολλά, ὥστ᾿ ἐὰν ἐξαιρεθῇ, δῆλον ὅτι τοὐναντίον ἔσται τὸ ἓν πολλά. ἔχει οὖν αὔξησιν·

さらに接続詞のない文章にはある特徴がある。おなじ時間のうちにたくさんのことがいわれているような印象をあたえるのである。なぜなら接続詞によってたくさんのことがひとつになるので、接続詞をとりさると、あきらかにそれとは反対にひとつのものがたくさんのものになるからである。したがって、こういう文章には話をおおきくするはたらきがある。

接続詞がない文章にはこういう特徴があるってことが、みじかい時間でおおきな勝利をおさめたっていう印象をあたえるのにちょうどよかったんだろう。それに『弁論術』の最後のほう(1420b)には「弁論のむすびには接続詞のない文がふさわしい」ともかいてあるから、カエサルのこのことばは結論だけの文章ともいえる。くどくど説明しないで、ただ結論だけを簡潔にのべたってとこもつよい印象をあたえることになってるわけだ。

それから『弁論術』第3巻第12章から引用した文章の前後には接続詞がない文の例がふたつでてくるんだけど、ふたつとも ἦλθον [エールトン]ではじまってて、カエサルのことばのギリシャ語訳とおんなじなのがちょっとおもしろい。カエサルにしてもプルータルコスにしてもアリストテレースのこの文章をしってたとしてもおかしくないだろう。そうじゃないとしても弁論術をおそわったときアリストテレースがあげた例文がつかわれたってこともかんがえられなくはない。

ところで「VENI・VIDI・VICI」はカエサルを題材にした作品には当然よくつかわれてる。そのひとつとしてヘンデルの歌劇《エジプトのジューリオ・チェーザレ》(Giulio Cesare in Egitto、HWV 17、1724年初演)をみてみよう(「ジューリオ・チェーザレ」はユーリウス・カエサルのイタリア語)。これはイタリア・オペラだから台本はイタリア語で、このことばもイタリア語になってる。

オペラのストーリーは紀元前48年9月から47年3月のことで、ゼーラの戦いは47年8月のことだから、カエサルが「VENI・VIDI・VICI」ってかきおくったのはほんとはオペラの話のあとのことなんだけど、それでもカエサルの物語ってことでこれを無理やりつかっちゃってる。第1幕第1場でまずエジプト人の合唱とカエサルのアリアがある。そのあとすぐカエサルのレチタティーボがつづくんだけど、その最初がこういうセリフだ。

Curio, Cesare venne, e vide, e vinse;

クーリオーよ、カエサルはきた、そしてみた、そして勝った。

ここで「勝った」っていってるのはポンペイユスに勝ったことで、ゼーラの戦いのことじゃない。で、もともとは接続詞がない文章なのに、ここにはちゃんと接続詞 e (英語の and)があるし、主語の Cesare [チェーザレ](カエサル)もある。それから動詞はどれも遠過去の3人称・単数で、辞書にのってるかたち(不定詞)はそれぞれ venire [ヴェニーレ](くる)、vedere [ヴェデーレ](みる)、vincere [ヴィンチェレ](勝つ)で、多少不規則な変化をしてる(ほんとの不規則じゃないけど)。

イタリア語の遠過去っていうのはだいたいギリシャ語のアオリストにあたるものだ。ラテン語の完了がイタリア語の遠過去になったんだけど、完了の意味はなくなった。イタリア語の完了形は英語みたいに助動詞と過去分詞をつかういいかたになってて近過去っていってる。ただし近過去は英語の現在完了とちがってラテン語のもともとの完了みたいに過去の意味でもつかわれる。遠過去はいまじゃおもに かきことばで、はなしことばだとアオリストにあたる過去としては近過去がつかわれるんだけど、地域による差もあって、イタリア北部は近過去、南部は遠過去っていうちがいがあった。ところが、ほかのいいまわしでもそうなんだけど、経済的にすすんでる北部の影響で南部でも近過去がつかわれるようになってきてるらしい。このオペラで遠過去がつかわれてるのは、地域とかいうことじゃなくて、ふるい文章だからだろう。

オペラだと3人称・単数のかたちだけど、ラテン語の veni [ウェーニー]、vidi [ウィーディー]、vici [ウィーキー]にあわせて1人称・単数にするなら、venni [ヴェンニ]、vidi [ヴィーディ]、vinsi [ヴィンスィ]になる。こうしてみると語尾の -i はのこってるし(ながい母音じゃなくなってるけど)、ちかい関係だっていうのがよくわかるとおもう。

ユーリウス・カエサル:ユリウス・カエサル。 クレオパトラー:クレオパトラ。 きた・みた・かった:来た、見た、勝った。 プルータルコス:プルタルコス。 『対比列伝』:『プルターク英雄伝』。 スエートーニウス:スエトニウス。 アリストテレース:アリストテレス。 レチタティーボ:レチタティーヴォ。 ポンペイユス:ポンペイウス。

関連記事
 ・英語と古典式発音
 ・「ブルータス、おまえもか」
 ・ギリシャ語とラテン語の名言(3)
 ・不規則動詞

2008.05.13 kakikomi; 2012.10.09 kakikae

|

« ギリシャ語の動詞の「後退的」アクセントと「後倚辞」「前倚辞」 | トップページ | 鼻音のガンマ »