« 電子版「LSJ」(Liddell & Scott: A Greek-English Lexicon) | トップページ | 西洋語だと「ことば」は「舌」、日本語だったら? »

ギリシャ語のゲマトリア

ゲマトリアってことばはヘブライ語なんだけど、その גימטריה gimatriya [ギマトリヤ]を辞書でひくと「ヘブライ文字の数値計算」なんてかいてあったりする。ヘブライ語のアルファベットは数字としてもつかわれるから、ヘブライ語の単語とか文章のつづりを数字として たしあわせて、その数をつかって聖書の解釈をしたりするのがゲマトリアだ。でも、そもそもこういうことをしたのはヘブライ語が最初ってわけじゃない。

だいたいゲマトリアってことばそのものが外来語で、ギリシャ語の γεωμετρίαɡeɔːmetríaː ゲオーメトリアー](測地術、幾何学)か、このことばのべつのかたち γαμετρίαɡaːmetríaː ガーメトリアー]が語源らしい(ほかの説もあるみたいだけど)。

それから、アルファベットを数字としてつかったのはギリシャ語のほうがはやくて、ヘブライ語にはあとからとりいれられた。ゲマトリアのことをギリシャ語で ἰσοψηφία [isopsɛːpʰíaː イソプセーピアー]っていうんだけど、このばあい これは「数がおなじであること」っていうような意味だ。

数字としてのギリシャ文字については アルファベット式ギリシャ数字 にかいたから、それを参照してもらうことにして、ここではイソプセーピアーに関係するアルファベット24文字があらわす数の一覧をあげておこう。


この数をつかっていろんなことをするんだけど、たとえば θεός [tʰeós テオス](神)は 9+5+70+200=284 で、ἅγιος [háɡios ハギオス](神聖な)も 1+3+10+70+200=284、それから ἀγαθός [aɡatʰós アガトス](よい、すぐれた、このましい)も 1+3+1+9+70+200=284 で、この3つは数がおんなじだ。数がおんなじになることばは意味もおんなじだとか関連があるとか かんがえられた。

『ギリシャ詞花集』の第12巻は Μοῦσα Παιδική [mûːsa paidikɛ̌ː ムーサ パイディケー](少年愛詩集)っていわれてるけど、そのなかに、πρωκτός [prɔːktós プロークトス](肛門)と χρυσός [kyːsós クリューソス](黄金)がおんなじ数になるってことをいってる詩がある(12.6)。πρωκτός は 80+100+800+20+300+70+200=1570 で、χρυσός は 600+100+400+200+70+200=1570 だから、なるほどおんなじだ。

スエートーニウスの『ローマ皇帝伝』(Nero 39)には皇帝ネローを皮肉ったギリシャ語のらくがきのことがでてくる。ネローのことはギリシャ語で Νέρων [nérɔːn ネローン]っていうんだけど、ネローは母親のアグリッピーナをころした(ころさせた)。だから、そのらくがきは、母親ごろしとしてネローとオレステースとアルクマイオーン(アルクメオーン)の名まえをだしたあと、Νέρων って名まえと数がおんなじになる文章として ἰδίαν μητέρα ἀπέκτεινε [idíaːm mɛːtéra apékteːne イディアーン メーテラ アペクテ~ネ](かれは自分の母親をころした)っていうのをあげてる。実際に計算してみると、Νέρων は 50+5+100+800+50=1005、ἰδίαν μητέρα ἀπέκτεινε は 10+4+10+1+50+40+8+300+5+100+1+1+80+5+20+300+5+10+50+5=1005 で、たしかにおんなじ数になる。

ポンペイの遺跡でみつかったらくがきにも名まえの数をつかったものがある。φιλῶ ἧς ἀριθμὸς φμεʹ [pʰilɔ̂ː hɛ̂ːs aritós... ピロー ヘース アリトモス…]」(名まえの数が 545 になる彼女がすきだ)。これは、すきな相手の名まえをださないで、数字におきかえたものだ。ここの φμεʹ は名まえのつづりじゃなくて、名まえのつづりをたしあわせた数がギリシャ数字でかいてある。545 になる名まえがなんなのかはわかんないけど。

『ギリシャ詞花集』:『ギリシャ詞華集』。 スエートーニウス:スエトニウス。 ネロー:ネロ。 オレステース:オレステス。 アルクマイオーン:アルクマイオン。 アルクメオーン:アルクメオーン。

関連記事
 ・アルファベット式ギリシャ数字
 ・ギリシャ語の文字と発音
 ・ギリシャ数字、ローマ数字、アラビア数字、インド数字
 ・アーメンは99
 ・6時間労働とギリシャ数字
 ・634のゲマトリア
 ・「358」とヘブライ語のゲマトリア

2008.11.12 kakikomi; 2010.09.26 kakinaosi

|

« 電子版「LSJ」(Liddell & Scott: A Greek-English Lexicon) | トップページ | 西洋語だと「ことば」は「舌」、日本語だったら? »