« ローマ字文の1音節のことば | トップページ | 細川ガラシャの洗礼名 »

「358」とヘブライ語のゲマトリア

358 っていう数字にはいろいろおもしろいことがある、なんてことをいってるひとがいる。

そのひとによると、口座番号を 0358 にしたら、一度も金額がへらないで、ふえてくだけだった、とか、クルマのナンバーを 358 にすると燃費がよくなって、エンジン音もしずかになった、とか、徳川将軍で有名なのは、最初と最後をのぞけば、三代家光、五代綱吉、八代吉宗だけだ、とか。さらに、聖書のなかに 358 が聖なる数字だってかいてあるらしい、なんてことも。

でも、358 が聖なる数字だって聖書にかいてあるっていうのは、とりあえずこころあたりがなかったから、新共同訳で「三百五十八」を検索してみたら、やっぱりなかった。ただし、聖書に関連して 358 がでてこないこともない。

旧約聖書の原文のほとんどはヘブライ語だ。そのヘブライ語でメシアのことを משיח māšîa [マーシーアハ]っていうんだけど、このことばの数が 358 になる。

ヘブライ文字は、ギリシャ文字みたいに数字としてもつかわれるから、משיח のつづりを数字としてよむと(ヘブライ語は右から左にむかってかく)、מ (m)は 40、ש (š)は 300、י (y)は 10、ח)は 8 で、これを全部たしあわせると 40+300+10+8=358 だから、メシアの数は 358 ってことになる。

358 が聖なる数字だって聖書にかいてあるっていうのは、たぶんこのあたりのことなんだろう。本人は、どっかからそんなことをきいて、そういってるだけかもしれないから、メシアの数ってつもりじゃないかもしれないけど。

こういうのをゲマトリアっていって(ギリシャ語のゲマトリア」)、これをつかって聖書の文章を解釈したりする。

たとえば、旧約聖書の『創世記』第49章第10節に、「王笏はユダから離れず/統治の杖は足の間から離れない。ついにシロが来て、諸国の民は彼に従う。」(新共同訳)っていうとこがある。この「シロ」っていうのがちょっとナゾのことばで、いちおう土地の名まえだってことになってたりするみたいだけど、そうだとすると「シロが来て」っていう訳はおかしいことになる。関根正雄訳(岩波文庫)だと「彼がシロに来る」で、これははっきり「シロ」を土地の名まえとして解釈してるけど、新共同訳はそうじゃないんだろう。

「シロが来て」のヘブライ語の原文は יבא שילה yābhō šîlō [ヤーボー シーロー]で、このふたつの単語をゲマトリアで計算すると、י (y)は 10、ב (b)は 2、אʼ)は 1、ש (š)は 300、י (y)は 10、ל (l)は 30、ה (h)は 5 だから、10+2+1+300+10+30+5=358 で、メシアの数とおんなじなる。だから、「シロが来て」っていうのは「メシアが来て」ってことだっていう解釈になる。さらに、「王笏はユダから離れず」っていうんだから、そのメシアはユダ族の子孫だってこともよみとれる。

関連記事
 ・ギリシャ語のゲマトリア
 ・ヘボンの横浜指路教会(ついでにローマ字について)

2009.01.09 kakikomi; 2009.09.08 kakinaosi

|

« ローマ字文の1音節のことば | トップページ | 細川ガラシャの洗礼名 »