« 細川ガラシャの洗礼名 | トップページ | フランス語の鼻母音「an, am, en, em」 »

マスク“ド”ライダー(仮面ライダー)
―― 英語の過去・過去分詞

仮面ライダーは英語でも Kamen Rider でいいみたいだけど、訳せば Masked Rider になるらしい。最近のシリーズでもこのことばをつかってたのがあったみたいなんだけど、なんとこれを「マスクドライダー」っていってたっていうんだから、ちょっとおどろいた。中学で ならわなかったのかな…。

Masked はカタカナでかけば「マスク」になるはずだ。それが「マスク」だもんね。「とったど~!」じゃあるまいし。

そういえば、これとおんなじようなのをほかにもみたことがある。「エンハンスドCD」なんていうのがそうだ。音楽CDにマルチメディア・コンテンツをくわえたものだけど、これは英語の enhanced CD で、これだってほんとは「エンハンス」のはずだ。それとか「ハッシュド・ビーフ」なんていうのもある。これもほんとは「ハッシュ(hashed)」なのに。

過去・過去分詞をつくる語尾 -ed の発音には3つあって、-ed がつく単語の最後の音によってちがってくる。

  • /t/ か /d/ のあとなら /ɪd/
  • /d/ 以外の有声音(有声子音か母音)のあとなら /d/
  • /t/ 以外の無声音(無声子音)のあとなら /t/

なんでこうなるかっていうと、このほうが発音しやすいからだ。

mask は /k/、enhance は /s/、hash は /ʃ/ でそれぞれおわってて、これはみんな無声子音だから -ed の発音は /t/ になる。

シンクロナイズド・スイミングだったら、synchronize は /z/ でおわってて、これは有声子音だから、-ed の発音は /d/ になるわけで、「シンクロナイズ」っていうのはおかしくない。

ちなみに、/t/ と /d/ 以外につくときは e は発音しないわけだけど、むかしはこの発音しない e をアポストロフィーをつかって省略してたことがある。つまり look'd ってかいてた。18世紀の文章なんかをみると そういうつづりがでてくる。

有声音と無声音については「英語の複数形・三単現・所有格の「s」の発音―― 無声音と有声音」を参照してもらうとして、そのページで最後にまとめたみたいなカタカナをつかったやりかたで過去・過去分詞の発音をまとめるとこうなる。

  • 「ト/t/、ド/d/」のあとなら「エド/ɪd/」
  • 「ク/k/、ス/s/、ス/θ/(th)、シュ(シ)/ʃ/、チュ(チ)/tʃ/、フ/f/、プ/p/」のあとなら「ト/t/」
  • それ以外は「ド/d/」

関連記事
 ・ネコ用語の過去分詞 -ed の「ド」
 ・英語の複数形・三単現・所有格の「s」の発音―― 無声音と有声音

2009.02.09 kakikomi; 2011.08.02 kakinaosi

|

« 細川ガラシャの洗礼名 | トップページ | フランス語の鼻母音「an, am, en, em」 »