« 梵字からデーバナーガリー文字へ | トップページ | 「まえより語(enclitic)」「あとより語(proclitic)」 »

虹の七色のおぼえかた

虹の七色のおぼえかたとして、「赤、橙、黄、緑、青、藍、紫[せき・とう・おう・りょく、せい・らん・し]」っていうのがある。拍の数が8+5で、七五調になってる。でも、こういう漢字にたよったいいかたじゃない おぼえかたができないもんか かんがえてみた。

この七色をいいかえると「あか、だいだいいろ、きいろ、みどりいろ、あお、あいいろ、むらさきいろ」になるから、ここから あたまのなん文字かをとって七五調にすればいいだろう。

ってことで、「あか・だい・き・みどり、あお・あい・む」っていうのはどうだろう。これで8+5の七五調になる。漢字をならべたやつにしても、これにしても字あまりだけど、七五調っていうのは4拍子で、七のとこは1拍やすみがあって8拍ぶんあるから、8っていうのは拍子をこわさない。ジャンルによっては8+5がふつうの形式になってるものもある。

「だいだいいろ」っていうのがふるいっていうんなら、これを「オレンジいろ」にかえればいい。つまり「だい」を「おれ」にかえて、「あか・おれ・き・みどり、あお・あい・む」にすればいいだろう。

2009.03.02 kakikomi

|

« 梵字からデーバナーガリー文字へ | トップページ | 「まえより語(enclitic)」「あとより語(proclitic)」 »