« ヘボンの横浜指路教会(ついでにローマ字について) | トップページ | 『改訂版 羅和辞典』のラテン語の母音のながさ »

映画『TAJOMARU』(ヘンなローマ字について)

小栗 旬 主演 の 映画 『TAJOMARU【タジョウマル】』 は、 芥川 龍之介 の 小説 『藪の中』 に でて くる 盗賊 多襄丸 を 主人公 に した 作品 らしい けど、 この タイトル が 最近 よく みかける ヘン な ローマ字 に なって ない とこ が いい。 その て の ヘン な ローマ字 なら この なまえ は TAJYOUMARU に なる とこ だろう。

TAJOMARU って いう の は ヘボン式 の つづり だ。 ただし 母音 を のばす 記号 が ついて ない。 ヘボン式 の ばあい のばす 母音 の うえ に は よこ棒 を つける ん だ けど、 それ を つかう と この なまえ は Tajōmaru に なる。 これ が とりあえず ただしい ヘボン式 の つづり な ん だ けど、 英語 の つづり に 記号 が つかわれて ない せい も あって、 母音 を のばす 記号 を つかわない こと も よく ある。

もう ひとつ の 代表 的 な ローマ字 訓令式 の つづり なら これ は Tazyômaru に なる。 のばす 記号 も ヘボン式 と ちがう けど、 いちばん の ちがい は 「じょ」 の つづり だ。 ヘボン式 は 子音 が 英語 式 だから jo で、 訓令式 は ニホン語 の 発音 の 体系 に したがって zyo に なる。

ヘン な ローマ字 に ついて は まえ に も かいた こと が ある けど (ローマ字のつづり」)、 「じょう」 が jyou なんて いう ヘンテコ な つづり に なる の は ローマ字 入力 の せい だ と おもう。 「ローマ字 入力」 なんて いってる もん だ から、 ローマ字 入力 の やりかた が その まんま ローマ字 の つづり と して 通用 する って おもっちゃう ん だろう。 ローマ字 入力 は、 こまかく いえば 「ローマ字 ひらがな 入力」 で、 ローマ字 で ひらがな を ひとつ ひとつ 入力 してる だけ の こと だ (ちいさい 「ゃ」 「ゅ」 「ょ」 と か は べつ と して)。 ちゃんと した ローマ字文 を 入力 して それ を 漢字 かなまじり 文 に 変換 してる わけ じゃ ない。

「じょ」 に ついて いえば、 ヘボン式 なら jo だけ で いい わけ で、 y は 必要 ない。 これ が jyo に なる の は、 ちいさい 「ょ」 が ついてる の を ローマ字 に する とき は 子音 に yo を つければ いい って おもってる から だろう。 たしか に 訓令式 なら その とおり で、 zyo は そう なってる し、 そこ が ニホン語 の 体系 に そった かきかた に なってる とこ で も ある ん だ けど、 ヘボン式 は 子音 が 英語 式 だ から、 そう は ならない ばあい が ある。 sho、 cho に y が ない の と おんなじ で、 jo に も y は いらない。

その うえ ローマ字 入力 は 正確 な ローマ字 の 知識 が なくて も 入力 できる よう に なってる から、 「じょ」 だったら 訓令式 の zyo と ヘボン式 の jo の ほか に jyo で も 入力 できる。 だ から よけい jyo が ちゃんと した ローマ字 の つづり だ って おもっちゃう こと に なる ん だろう。

それ から jyou の ou の とこ に いか に も ローマ字 入力 って かんじ の 特徴 が あらわれてる と おもう。 「現代仮名遣い」 は オ列 の 母音 を のばす とき に は オ列 の かな に 「う」 を そえる こと に なってる。 ほんと は 「お」 を そえれば いい と おもう ん だ けど、 その やりかた は 「おおきい」 と か 「とおり」 と か 一部 の 例外 に つかわれてる だけ だ。

「じょう」 の 発音 は [ジョー] で [ジョ・ウ] じゃ ない から、 ローマ字 だ と zyô と か jō に なる。 でも ローマ字 入力 は [ジョー] って いう 発音 を あらわす ローマ字 を 入力 する ん じゃ なくて、 あく まで 「じょ」 と 「う」 って いう ひらがな を それぞれ ローマ字 で 入力 する こと に なる から、 まず zyo か jo か jyo が 「じょ」 に 変換 されて、 その あと u が 「う」 に なる。 だ から けっきょく 母音 の 部分 が ou に なって、 ヘンテコ な ローマ字 つづり が できあがる。

ただし [オー] って 発音 する ん じゃ なくて [オ・ウ] って 発音 する 「おう」 の ばあい は ローマ字 入力 じゃ なくて も ou に なる。 たとえば 「おもう」 は 訓令式 で も ヘボン式 で も omou で、 omô で も omō で も ない。 それ と か 「(てがみ を) かこう」 「加工、下降、河口、火口」 は kakô/kakō だ けど、 「(かなあみ で まわり を) かこう」 は kakou に なる。

関連記事
 ・日本語のローマ字つづり
 ・ローマ字のつづり
 ・母音をのばすヘンなローマ字

2009.09.11 kakikomi; 2012.09.29 kakikae

|

« ヘボンの横浜指路教会(ついでにローマ字について) | トップページ | 『改訂版 羅和辞典』のラテン語の母音のながさ »