« ギリシャ語タイプライターのキーボード配列 | トップページ | ひらがなタイプライターのキーボード配列 »

ギリシャ語入力ツールのキーボード配列について

前回、「ギリシャ語タイプライターのキーボード配列」をとりあげて、Windows の「「ギリシャ語 Polytonic」のキーボード配列」とてらしあわせてみたけど、キーボード配列といえば、ギリシャ語入力用のツールにもキーボード配列がある。

そういうツールのなかには、ギリシャ語キーボードを頭っから無視してるものがあって(ここでは「ギリシャ語キーボード」っていうことばをギリシャでつかわれてるパソコンとかタイプライターのキーボード配列の意味でつかう)、とくに西洋人がつくった入力ソフトなんかによくある感じがする。

記号の配列は、どのソフトでもたいてい Windows とちがってる。っていうか、ちがってなかったら Windows のキーボードでいいわけだから、とうぜんなんだけど、それだけじゃなくてアルファベットの配列がちがうものがある。これはユニコード以前につくられたコード・システムのせいだろう。

ユニコードがなかったころ、ASCII コードだけでギリシャ語をあつかうために、ギリシャ文字をラテン文字(ローマ字)とか記号におきかえたコード・システムがつくられたんだけど、その対応がギリシャ語キーボードと QWERTY キーボードの対応を無視したものだった。意識的に無視したのかどうかはわかんないし、どうやってきめたのかもしらないけど、とにかく結果からみたらギリシャ語キーボードを無視したかたちになってる。

QWERTY キーボードっていうのは、ふつうの英語の配列のキーボードのことで、日本語のキーボードもラテン文字はこの配列になってる。でも、ことばがちがうと配列がちょっとちがったりする。たとえばドイツ語は QWERTZ キーボードで、英語とは Y と Z がいれかわってる。フランス語は AZERTY キーボードで、英語とは Q と A、W と Z がいれかわってる。

ギリシャ語の文献を電子化するのに、この ASCII 用のコード・システムをつかうと、そのまんまじゃギリシャ文字として表示されない。そのために、ラテン文字のコードにギリシャ文字をあてはめたフォントをつかうことになる。ユニコードができるまえの古典ギリシャ語(古代ギリシャ語)用のフォントっていうのはこういうもので、そうすると、おんなじフォントのまんまじゃラテン文字とギリシャ文字をいっしょには表示できない。ユニコードができてこういうことはなくなったわけだけど、当時はこれしかしょうがなかった。

で、このコード・システムでつかわれるギリシャ文字とラテン文字の対応がギリシャ語キーボードとちがうとこがある。たとえば、ギリシャ語キーボードだと θ は QWERTY キーボードの u のとこにわりあてられてるのに、このコード・システムだと θ は q になるから、これをもとにした入力ツールだと θ のキーは QWERTY キーボードの q になる。

ユニコードがなかったときに ASCII コードだけでギリシャ語の文献を電子化したのはしょうがないとしても、文字の対応をギリシャ人がつかってるキーボードにあわせとけば、入力ツールによってアルファベットの配列がちがうなんてことにはならなかっただろう。

ユニコード以前の電子化だけじゃなくて、いまでも西洋人はギリシャ語の入力にこのコード・システムをつかって、それをユニコードに変換するなんてことをやってるらしい(日本人の学者もそうかもしれないけど)。でもそれは、ギリシャ文字を直接入力するんじゃなくてラテン文字をとおして入力することになるわけで、なにもわざわざそんなことをしなくてもいいじゃないかとおもう。とくに、ギリシャ語を研究してるとかいうひとならギリシャ文字に不なれなわけじゃないんだから、直接ギリシャ文字をあつかえばいいだろう。

ギリシャ語のことはあんまりわからなくて、たまたまギリシャ文字を入力する必要があるなんてひとには、ふだんつかってるラテン文字で入力してそれを変換するのは便利なやりかただろうけど、そのばあいだって、ギリシャ語キーボードの配列でいいじゃないか。

このコード・システムはあえていえば、ギリシャ人を無視した、西洋人の西洋人による西洋人のためのシステムって感じがする。っていっても、ギリシャのまえの政権は財政赤字をごまかしてまでEUに加盟したわけで、いまのギリシャ人のアイデンティティーはヨーロッパだともいうから、ギリシャ人と西洋人をわけて ものをいうのはギリシャ人の意にそわないことかもしれない。

このシステムで入力されたギリシャ語の文章はかんたんにユニコードに変換できる、なんてこともいわれたりする。だから、ユニコードの時代になってもこれは有効だっていいたいんだろう。でもそれだったら、変換の作業なんてコンピューターにまかせときゃどんどんやってくれるんだから、このコード・システムで入力されたギリシャ語文献のデータベースも全部ユニコードに変換して、データベースそのものをユニコードにすればいいだろう(もうやってるのかもしれないけど)。

関連記事
 ・「ギリシャ語 Polytonic」のキーボード配列
 ・ギリシャ語タイプライターのキーボード配列

2010.04.22 kakikomi; 2010.12.27 kakitasi

|

« ギリシャ語タイプライターのキーボード配列 | トップページ | ひらがなタイプライターのキーボード配列 »