« 数学のドイツ文字、ラテン文字、ギリシャ文字 | トップページ | 英語式ローマ字 »

クシャミの語源

クシャミってことばは、擬音語みたいな感じがするけど(じっさいそういう説もあるみたいだけど)、これは「くさめ」が変化したもので、「くさめ」っていうのは、クシャミをしたときとなえる呪文だった。

むかし、クシャミをすると寿命がちぢむ、みたいなはなしがあって、「くさめ」ってとなえるとそれがふせげるって信じられてた。たとえば『徒然草』第47段に「くさめ」をとなえるはなしがでてくる。

 或人あるひと清水きよみづへまゐりけるに、いたるあまれたりけるが、みちすがら、「くさめくさめ」とひもてきければ、「尼御前あまごぜんはなにごとをかくはのたまふぞ」と、ひけれども、いらへもせず、なほひやまざりけるを、度々たびたびはれて、うち腹立はらだちて、「やう、はなひたるとき、かくまじなはねばぬるとまうすは。養君やしなひぎみの、比叡ひえやまちごにておはします、ただいまもやはなひたまふらんとおもへば、かくまうすぞかし。」とひける。わりなきこころざしなりけんかし。

 或人が清水きよみずの観音へ参詣したところ、老いたあまが道れになったが、途中、「くさめ、くさめ。」と言い続けて行ったので、「尼さんは、何をそんなにおっしゃるのですか。」と尋ねたけれど、返事もせず、なお言うのをやめなかったが、あまり度々聞かれて、腹を立てて、「ええ、くしゃみをした時、こう言っておまじないをしないと、死ぬというじゃないですか。そだてたお子が、比叡の山でちごになっていらっしゃるが、今頃でも、くしゃみをしていらっしゃりはしまいかと思って、こういうのです。」と言った。異常な心いれであったと見える。
(川瀬一馬校注、現代語訳『徒然草』講談社文庫。現代語訳の「くさめ」を1か所「くしゃみ」になおした)

ここにでてくるみたいに、むかしはクシャミをすることを「はなひる」っていってたんだけど(名詞は「はなひ」)、そのうち呪文のほうがクシャミそのものをさすことばになった。『古語大辞典』(小学館)の「はなひる」の説明にはこんなことがかいてある。

奈良時代には眉がかゆくなること、下紐が解けることなどとともに、人に思われているときや恋人の訪れてくる前兆と考えられていた。平安時代以降は用例でわかるように凶事の前兆と信じられていた。

じゃあ「くさめ」っていうことばのもとはなにかっていうと、けっこうむかしからの解釈で「休息万命[くそくまんみょう]」「休息命」がちぢまったものだっていわれてきた。『大言海』もこの説をとってる。

でも、柳田国男は『少年と国語』の「クシャミのこと(孫たちへの話)」でこの説を批判した。

 いまある辞典や註釈の本を見ると、クサメという語の起りは、休息万命きゆうそくばんみよう急々如律令きゆうきゆうによりつりようと言うとなえごとを、まちがえたものだと、どこにも出ている。そんなおろかしい説明をまに受けて、ちっともうたがわない人があるのだろうか。休息万命なんかは、漢字を知っている者にも、なんのことを言うのかまるでわからない。そうしてまったく字を知らぬ者が、じつはむかしから、クシャミをおそれていたのである。こんなおかしな文句をもっともらしく本に書き残したのは、むしろ、クサメがすでにひさしく存して、もはや、その心持がかれらには、くみとれなくなっていたからで、いわば、あべこべに休息万命が、クサメをこじつけたものとも取れるのではないか。

呪文なんだから「休息万命」が意味がわかんないことばでもいいんじゃないかとおもうけど、それはそれとして、それじゃあ「くさめ」の語源がなんだっていってるかっていうと、

 クサメのくそはめであり、クソヲクラエと同じ語だったことは、気をつけた人がまだないようだが、おおよそはまちがいがあるまい。沖縄でも、首里しゆりのよい家庭で、クシャミをしたときには、クスクエーと言うならわしがあった。これを、魔物のさせるわざと言って、子どもなどのまだ自分ではそう言えない者が、クシャミをしたときには、おとながかわって、このとなえごとをすることになっていた。食うは、この島ではあまり使われず、クラウと同じに、やや悪いことばであって、ふつうにはカム・カミーと言っていた。すなわち、こちらで言うハム・ハメと同じ語である。クソは悪いものだが、かならずしも悪いことばではない。ただ、相手にそれを食え、またはハメと言うにいたって、最大級の悪罵あくばともなれば、また少しもおそれていないという、勇気の表示ともなるのである。必要があるならば、女でもこれを用いたろうが、さすがに、あとあとは少しばかりことばをちぢめ、または、知らずにまねをしていたのがクサメであろうと、私は思う。

要するに「くそくらえ」とおんなじ意味の「くそはめ」がみじかくなったものだろうっていってる。「はめ」っていうのは「たべる」って意味の「はむ」の命令形だ。で、沖縄の「クスクエー」の「クス」はクソのことだから、クシャミをしたときに「くそくらえ」とおんなじ意味のことばをとなえるっていう実例があることをいってるわけだ。

どうやら、いまはこの柳田の説が有力だってかんがえられてるみたいで、『古語大辞典』の「くさめ」の説明には、

語源としては、「休息万命(くそくまんみやう)」の転ともいうが、「くそはめ(=クソクラエ)」からきたとする説(柳田国男)が妥当か。

ってかいてあるし、『日本国語大辞典』(小学館)の「くさめ」の語原欄は、第1版は柳田説を3番めにあげてたんだけど、第2版は1番めになった。

それとか、『角川 古語大辞典』の説明だと(わり注のよみは[ ]にいれた)、

その呪文は「くそはめ」のつづまったものらしく、「くさめの咒[まじなひ]に糞食[くそくらへ]といふことは(譬喩尽)」や、沖縄の首里で「くすくぇえ」という習わしがあったのは、これと同種の呪文であろう。古くから、『二中歴・九』に「休息万命急々如律令」、あるいは『袖中抄』に「千秋万歳急々如律令」などと結びつけ、それらを早口に唱えると「くさめ」になるという解釈がみられる。

っていうふうに、むかしからの説も紹介してるけど、基本的な説明としてはもともと「くそはめ」だったっていってるし、沖縄のほかに、古典にも「くそくらへ」の例があるのをあげてる。

さらに、杉本つとむ『語源海』(東京書籍)にはこういう説明がある。

クサメは語源的に、クソメ(糞喰くそくらへ)という(英語の Shit! Bullshit! クソッなどと同じ)ところから。クソは汚物ではなく、一種、奇妙クスシキ霊力があり、力強い意をもって凶を追放するという考えが底流している。

この本にはハクションについての説明もあって、「俗に〈ハックション〉というのも、ハアクサ(シャ)メハクションとなった語」ってかいてある。「くさめ」のまえにかけ声のハアをつけることがあったんだろう。柳田国男の「クシャミのこと(孫たちへの話)」にも、『茶かぎ座頭』っていう狂言で「ハクッサメハクッサメ」っていってることがでてくる。ハクションのクションはクシャミににてるけど、もともとおんなじ「くさめ」だったんだから、にてるのはあたりまえなんだな。

そういえば、クシャミがでたあと「コンチキショウ」っていう習慣があるのをテレビでみたことがあるけど、これについても「クシャミのこと(孫たちへの話)」にかいてあって、

クサメという簡明なとなえごとは、すでに、『徒然草』よりも早くはじまり、いまも、民間にはなおつづいておこなわれている。このきぬたの住宅地付近などで、朝晩、もっとも多く聞くのは、チクショウであり、またはコンチキショである。たぶんちくしょうとののしるつもりなのであろうが、それでも、気をつけてみると、まだ語形の中に、KとSとの特殊な子音を保存している。

無心の幼児のためには、そばにいる者があわせるのだから、どうしても、少しあとになるが、本来はクサメの出た瞬間に、あたうべくんば、それと同時に、まじないのことばをとなえるのが有効だったので、かりにいろいろのよい文句が考えだされようとも、口の形や息づかいをあらためなければ、言うことができないようではなんにもならぬ。それがクソハメやクソクラエのいつまでも愛用せられ、またコンチキショなどの新らしいものが、広く流行した根拠であろうと思う。

「チクショウ」「チキショウ」にクシャミとおんなじ子音があるっていうのはなかなかおもしろい。

2010.05.10 kakikomi

|

« 数学のドイツ文字、ラテン文字、ギリシャ文字 | トップページ | 英語式ローマ字 »