« 仏教用語のふりがなの濁点 | トップページ | 母音をのばすヘンなローマ字 »

漢音よりあたらしい音よみからわかる末尾の鼻音

日本の漢字音(音よみ)にはおもなものとして呉音と漢音がある。かんたんにいえば、遣隋使・遣唐使よりまえに百済を経由して日本にはいってきた南朝式の発音が呉音で、遣隋使・遣唐使が長安の発音をつたえたのが漢音だ。

その後朝廷からは僧侶とか学者に対して呉音をやめて漢音になおすようになん度もおふれがでたけど、仏教用語はだいたい呉音のまんまで、それ以外にも日常にとけこんでた和音ともいわれる鉢[はち]、胡麻[ごま]、屏風[びょうぶ]、天井[てんじょう]なんかは漢音の「はつ」「こば」「へいふう」「てんせい」にはならなかった。

だから、日常的なことばで一般的な音よみとはちょっとちがうようなものはだいたい呉音式だし、仏教用語からひろまったものもそうだ。これに対して漢籍は漢音に統一された。近代になってつくられた翻訳語も漢音だ。

でも、漢音よりもあとから日本にはいってきた音よみもある。それは唐音っていわれるもので、たいてい「とうおん」っていってるとおもうけど、「とういん」ともよむ。唐宋音ってことばもつかわれる。平安時代すえっていうか鎌倉時代はじめっていうか、そのころからはいってきた宋・元・明・清の時代の発音をこういってる。このうち、鎌倉・室町時代につたわった中世の発音を宋音、江戸時代に長崎からはいってきた明・清の近世の発音を華音っていうことがある。

前回(仏教用語のふりがなの濁点」)、中国の発音で /-ŋ/ でおわってる漢字のことをかいたけど、呉音でも漢音でもこれは鼻音(つまり「ん」)になってない。でも唐音だと「ん」でおわってる。だから、呉音と漢音で「ん」でおわってなくても、それよりあたらしい音よみで「ん」でおわってたら、中国の発音としては /-ŋ/ でおわるっていえるだろう。

たとえば、行脚[あんぎゃ]、行火[あんか]の行は呉音が「ぎょう」で漢音が「こう」だけど、「あん」っていう唐音から末尾が /-ŋ/ なのがわかる。脚の唐音は「きゃ」で、鼻音のあとだから濁音になってる。

行燈/行灯[あんどん]にも行があるけど、ここにはさらに燈/灯の唐音もある(鼻音のあとで濁音になってる)。この「とん」っていうよみから燈/灯も /-ŋ/ でおわるのがわかる。灯は燈の新字体としてつかわれてるけど、もともとこのふたつはべつの字だった。っていっても元・明の時代以来、灯は燈のかわりにつかわれてきた。

灯は燈のかわりとしては「とん」っていう唐音だけど、もともとの音としては「ちん」っていう唐音があって、これは提灯[ちょうちん]にでてくる。この「ちん」から灯のもともとの音も /-ŋ/ でおわってるのがわかる。

経行[きんひん]も唐音で、これから経も行もおわりが /-ŋ/ なのがわかる。

湯湯婆[ゆたんぽ]と湯麺[たんめん]の湯[たん]も唐音で、そこから /-ŋ/ でおわってることがわかる。

ほかに唐音の例としては鈴[りん]、瓶[びん]なんていうのがある。鈴の呉音は「りょう」で漢音は「れい」、瓶の呉音は「びょう」で漢音は「へい」、つまり、前回かいた呉音が「ょう」漢音が「えい」でおわってるパターンだから、そこからも /-ŋ/ でおわるのがわかるけど、唐音からもわかる。

王朝の名まえの明[みん]と清[しん]も唐音だけど、これも呉音が「ょう」漢音が「えい」でおわるっていう /-ŋ/ のパターンで、こういうばあいとうぜん唐音は「ん」でおわる。

あともうひとつ唐音の例をあげておこう。両面[りゃんめん]テープの「りゃん」がそうで、これから /-ŋ/ でおわってることがわかるけど、江戸時代の戯作には両[りゃん]がけっこうでてくる。

中国の地名からわかるものもある。北京[ぺきん]、南京[なんきん]っていうのは17世紀の発音で、いまのペキン語だとペイチン(běijīng)、ナンチン(nánjīng)だけど、京[きん]っていうのから /-ŋ/ がわかる。もっとも、前回かいたみたいに、これも呉音が「きょう」漢音が「けい」っていう /-ŋ/ のパターンだから、それからもわかるんだけど。

ほかにも上海[しゃんはい]の上がそうだし、広東[かんとん]はふたつとも /-ŋ/ だ。それから香港[ほんこん]もふたつとも /-ŋ/ だけど、Hongkong っていう英語のもとになったのはペキン語じゃなくてカントン語だった。ホンコンはカントン語の地域なんだからあたりまえだけど。

そういえば、麻雀に中[ちゅん]っていうのがあったっけ。ここから中が /-ŋ/ でおわってるのがわかる。

関連記事
 ・仏教用語のふりがなの濁点

2010.07.29 kakikomi; 2012.03.06 kakinaosi

|

« 仏教用語のふりがなの濁点 | トップページ | 母音をのばすヘンなローマ字 »