« コンシャス・チャネラーとトランス・チャネラー | トップページ | 「アイルー」の語源とアクセント »

ギリシャ語につかわれてるフォント「Gentium」

古典ギリシャ語を表示できるフォントに Gentium っていうのがある。このフォントは「古典ギリシャ語用のフォント」にかいたみたいに SIL International のサイトで手にはいるんだけど、フォントを紹介したページにつけたリンクはダウンロードのページだから、ここでは Gentium のホーム・ページのリンクをつけておこう:
   Gentium — a typeface for the nations

で、このフォントがちがう媒体でつかわれてるのをいままでいくつかみかけた。

ひとつは「電子版「LSJ」(Liddell & Scott: A Greek-English Lexicon)」にかいたとおりで、電子版の LSJ でギリシャ語の表示につかわれてる。

それから、Cambridge University Press からでてる ‘Reading Greek’ っていうシリーズの “Reading Greek: Text and Vocabulary” と “Reading Greek: Grammar and Exercises” の第2版でも Gentium がつかわれてる。これは、パソコンでの表示っていうんじゃなくて、印刷された本の活字としてつかわれてるわけで、これにかえたのは、フリーのフォントだからコストがかからないとかいうことなのかな。

さらに、ドイツのレクラム文庫のギリシャ語対訳本で、ことし4月にでた „Homer: Odyssee“ (ホメーロス『オデュッセイア』)のギリシャ語本文にもこのフォントが活字としてつかわれてる。これよりまえにでた対訳本はこの活字じゃなかった(「レクラム文庫」のギリシャ語対訳本」)。

ギリシャ語の活字っていうと かどがまるいのがおおいけど、Gentium は かどがとがってる。なんていうか、アシのペンでかいたみたいな文字にデザインしてる感じがする。

Gentium は、ラテン文字をつかってるいろんな言語の表示とか出版のためにつくられたもので、ついでにかどうかしらないけど、「ギリシャ文字拡張(Greek Extended)」もはいってる。ラテン文字っていうのは要するにローマ字だから、べつに特別なフォントは必要ないんじゃないかっておもうかもしれないけど、世界中のラテン文字をつかってる言語は、たいていアルファベット26文字だけじゃたりなくて、いろんな記号をつかってたり、あたらしい文字をつけくわえたりしてる。そういうのもちゃんとあつかえるようにってかんがえられたものらしい。

Gentium っていう名まえはラテン語だ。 gens [ゲ(ー)ンス](種族、氏族、人種、民族、国民、〔複数形で〕外国)の複数属格だから、「諸国民の、諸民族の」ってことなんだろうけど、Gentium のサイトには「belonging to the nations」っていう説明がある。

それから、このサイトの FAQ にはこういう項目がある。

How do you pronounce Gentium?
The preferred pronunciation is with a soft G as in ‘general’, not a hard one as in ‘gold’: JEN-tee-oom.

Gentium はどう発音するのかっていう質問だけど、古典式なら[ゲンティウム]、ローマ式なら[ジェンツィウム]、ドイツ式なら[ゲンツィウム]、英語式なら[ジェンティアム]になる。で、こたえは[ジェンティウム]だっていうんだから、どれともちがうけど、とにかく英語式には発音しないみたいだ。古典式じゃないラテン語の発音で、どっかの伝統にこういうのがあるのかもしれない。問題になってるのは g なんだけど、ここでは かたい g じゃなくて やらかい g だっていってる。gold の g は かたい g つまり /ɡ/、general の g は やらかい g つまり /dʒ/ だ。

こたえの最後には Gentium の発音が英語式のローマ字でかいてある(英語式ローマ字」)。外国語の発音をあらわすとき、よくこのやりかりたがつかわれるけど、音節ごとにハイフンでくぎって、アクセントがある音節は大文字であらわされる。これを規則的な英語のつづりとしてよむと、/ˈdʒen.tiː.uːm ジェン・ティー・ウーム/ か /ˈdʒen.tiː.ʊm ジェン・ティー・ウム/ になるから、要するに[ジェンティウム]っていいたいわけだ。このやりかただと、母音のながさについては不正確になるし、-ti- のあとに子音がないから、この母音はみじかい母音としてはあらわせない。もっとも、古典式じゃなけりゃ、母音のながさの区別はないわけだから、そのへんはべつに問題じゃないんだろう。

古典ギリシャ語:古代ギリシャ語。

関連記事
 ・古典ギリシャ語用のフォント
 ・電子版「LSJ」(Liddell & Scott: A Greek-English Lexicon)
 ・「レクラム文庫」のギリシャ語対訳本
 ・英語式ローマ字

2010.09.11 kakikomi

|

« コンシャス・チャネラーとトランス・チャネラー | トップページ | 「アイルー」の語源とアクセント »