« ギリシャ語につかわれてるフォント「Gentium」 | トップページ | 事実と推測 »

「アイルー」の語源とアクセント

ゲームの「モンスターハンター」シリーズにでてくるキャラクターで「アイルー」っていうのがいるらしい。獣人族っていわれてる種族のひとつで、二本足であるいて、人間のことばがわかる。

その画像をみてみると、二本足でたってるネコのすがたをしてる。長靴をはいたネコみたいな感じだけど、アイルーって名まえからしてネコだろうっておもったら、やっぱりそうだった。

モンスターハンターにでてくるアイルーは、なんていうかシリアスな感じの絵だけど、これをもっとデフォルメして かわいくしたのもあって、「モンハン日記 ぽかぽかアイルー村」っていうゲームはそういう絵になってる。

アイルーはネコだっていったけど、これは古典ギリシャ語(古代ギリシャ語)の αἴλουροςǎiluːros アイルーロス]からつけたネーミングだろう(ギリシャ語のネコ」)。

古典ギリシャ語をカタカナにするとき、母音のながさを無視することがあって(ギリシャ語・ラテン語のながい母音のあつかい」)、それだとアイルロスになっちゃうけど、アイルーっていうふうに最後をのばしてるとこからすると、もとにしたのはちゃんとしたアイルーロスのほうなんだろう。アイルーロスだとちょっとながいから、みじかくしたんだろうけど。

で、このアイルーはどう発音するのか、つまりアクセントはどうなってるのかっておもって、ゲームの「モンハン日記 ぽかぽかアイルー村」のCMをネットでみてみたら、「ル」にアクセント核をおいて、

って発音してた。愛敬あいきょうとかとおんなじアクセントだ。白丸はアクセント核で、アクセント核のあとはかならずさがるんだけど、このパターンの1拍めは文章のなかだとひくくないこともある。1拍めがひくいっていうのはアクセントの固有の要素じゃなくて、文章のイントネーションの問題だ。たとえば「君のアイルー」なら、

っていうふうに「君の」があがったまんまになるから(「君」はアクセント核がない平板型)、アイルーの「ア」もさがらない。ただしアイルーってことばを強調するようなときには、

っていうふうに、あがったとこからさらにあがることもある。

はなしをもどすと、テレビでみたモバゲーの「アイルー村」のCMでも「ル」にアクセント核があった。アニメの「モンハン日記 ぎりぎりアイルー村 ☆アイルー危機一髪☆」のCMでもおんなじで、アイルーだけでも「アイルー危機一髪」でも「ル」にアクセント核がある。

でも、アニメのオープニングのナレーションだと、「アイルー危機一髪」のアイルーは「ア」にアクセント核があった。つまり「ア」がたかくて、あとはひくくなってる。

最初の拍がたかいこのアクセントは外来語によくあるパターンで、アイルーっていうカタカナ語をみたら、こういうふうにタイガーなんかとおんなじアクセントで発音したくなるのは当然だ。これがいちばん自然なんじゃないかな。

アイルーっていうと、かんがえられるアクセントは、アクセント核が「ア」にあるか、「ル」にあるか、アクセント核がない平板型か、の3つだろう。

専門家アクセントとかいわれるパターンがあって、それは平板型なんだけど、もともと外来語らしく最初がたかいアクセントだったことばでも、その分野にくわしいひとなんかだと、平板型に発音することがおおい。ゲーマーとかはアイルーをモバゲーみたいに平板型に発音してたりしないのかな。平板型のアクセントは、そのあとにつづく助詞とかもふくめて、ずうっとたかいまんまで、ひくくなるとこがない。最初の「ア」は、上にかいたのとおんなじで、たかいこともひくいこともある。

ゲーマーってことばも、外来語としては「ゲ」にアクセント核がある発音でおかしくないんだけど、たいていは平板型で発音されてるだろう。

アイルーは、外来語としてかんがえるなら、「ア」にアクセント核があるのがいちばん自然だとおもうし、専門家アクセントなら平板型になるわけだけど、CMで「ル」にアクセント核がある発音になってるのはなんでなのか かんがえてみると、たぶん名まえの由来と関係あるんじゃないかとおもう。

アイルーっていう名まえのもとになったアイルーロスをカタカナ語としてどういうアクセントで発音するかっていえば、ほとんどのひとは「ル」にアクセント核をおいて、

って発音するんじゃないかな。で、このアクセントのまんま「ロス」をとっちゃえば、「ル」にアクセント核をおいたCMのアイルーの発音ができあがる。

アイルーの語源をしらなきゃタイガーみたいなアクセントになるとこだけど、ゲームの製作者はまずはアイルーロスを「ル」にアクセント核をつけて発音してて、それがそのまんまアイルーにのこったんだろう。それで、スタッフとかがそういう発音をしてるもんだから、CMにしても、ナレーションをしたひとがその発音をそのまんまつかうことになったんじゃないのかな。

関連記事
 ・ギリシャ語のネコ
 ・ギリシャ語・ラテン語のながい母音のあつかい
 ・ギリシャ語からつけたネーミング
 ・アクセントとイントネーション

2010.09.15 kakikomi; 2011.02.25 kakitasi

|

« ギリシャ語につかわれてるフォント「Gentium」 | トップページ | 事実と推測 »

コメント

はじめまして。

私はアイルーを「ア」にアクセント核を置いて発音していますが、周りには「ル」に置く人が多い気もします。平板型は聞いたことがありません。

それからアイルーには「メラルー」という黒い亜種もいます。これもギリシャ語からのネーミングですよね。

投稿: Zweistein | 2010.09.19 09:09

はじめまして。

とくに専門家アクセントとまでいわなくても、ふるくからつかわれてたり、ふだんよくつかわれる外来語は、「ガラス」「テーブル」「アルコール」みたいに平板型になったり、あるいは「ドラマ」とかもいまは平板型だったりしますが、「アイルー」はまだそういう感じではないようですね。

「メラルー」というのはしりませんでしたが、おっしゃるとおり、古典ギリシャ語の「μέλας[méla:s メラース]」(黒い)とアイルーをくみあわせたんでしょう。

投稿: yumiya | 2010.09.19 15:32

この記事へのコメントは終了しました。

« ギリシャ語につかわれてるフォント「Gentium」 | トップページ | 事実と推測 »