« Twitter | トップページ | 子音だけの ktkr »

外国人でも読めるカタカナフォント

外国人でも読めるカタカナフォントっていうのをみつけた。その名も phonetikana。実例はつぎのページでみられる(表示にちょっと時間がかかるかも)。

これをつくったひとは、日本になん度か旅行にきて、日本語がよめないのを不満におもって、カタカナのフォントをつくったらしい。みればわかるとおもうけど、カタカナに英語式のローマ字かうめこんである(ちいさい「ッ」とのばす棒にはない)。phonetikana っていう名まえはこのことからきてて、phonetic + kana ってことらしい。英語式に発音をあらわしてあるカタカナってことだろう。

英語式っていってもいろいろありえるわけで、「英語式ローマ字」でとりあげたのとはちょっとちがってるけど、英語式なのはかわりない。子音はもちろんヘボン式とおんなじ(だとおもう。上のページで全部のカタカナがみられるわけじゃないから確認できないけど)。上のサイトをみればわかるけど、すこし例をあげておこう。

aeeooehoh
kakeekookehkoh
sasheesoosehsoh

ちいさい「ャ」にも独立してローマ字がついてるから、ジャパンが JEE YA PA N になっちゃってるのはどうかとおもうけど、こまかいことをいわなけりゃ、なかなかおもしろいこころみだろう。

a、ka、sa っていうのがちょっとどうなんだろうなっておもうんだけど、英語の単語じゃないってことはわかってるわけだから、ah、kah、sah よりこのほうが簡単でいいのかな。規則的なよみかただとエイ、ケイ、セイになるとこだとおもうんだけど(不定冠詞の a も強調してアクセントをおくと[エイ]になる)。

そういえば ka っていう外来語があることはあるな。古代エジプトのかんがえかたで、バーっていう霊魂に対して第2の霊魂をカーっていうんだけど(バーがいわゆる たましいだとすれば、カーは気とかエーテル体みたいなもんだろう)、英語としてもこれを ka ってかいて /ˈkɑː/ って発音する。それに、バーも ba ってかいて /ˈbɑː/ って発音する。それとか thank you の幼児語も ta ってかいて /ˈtɑː/ って発音する。もちろん a を /ɑː/ って発音するのは例外的なよみかたで、代表的なのは father だけど、外来語におおい。

こういうことからすると a、ka、sa っていうのはわるくないんだろうけど、日本語のこと、っていうか外国語のことをほとんどしらないひとのばあいは ちがうふうによんだりしないのかな。

関連記事
 ・英語式ローマ字

2011.06.24 kakikomi

|

« Twitter | トップページ | 子音だけの ktkr »