« エジプシャン・マウ | トップページ | デーバナーガリー文字でいちばんながい結合文字 »

最近の顔文字

最近けっこう複雑な顔文字をみかけることがある。ユニコードにはいろんな文字があるから、そういうをつかってるんだけど、特殊顔文字アプリなんていうのもあるらしい。

たとえば、

ʕ•̫͡•ʔ

なんていうのがあるけど、これはおもに発音記号をつかってる。耳になってる[ʕ]は「有声咽頭摩擦音」、[ʔ]は「声門閉鎖音」をあらわす記号で、この発音はアラビア語とかヘブライ語にある。声門閉鎖音はドイツ語にもあるんだけど、これは自然にそうなるっていうか子音のあつかいにはなってなくて、たいていの辞書には発音記号としてはあらわされてない。日本語にもあらわれることがあって、「アッ!」っていうときの「ッ」が[ʔ]だったりする。こういう発音をあえてカタカナであらわせば[ʕa]は「ア゙」、[ʔa]は「ア゚」って感じかな。

口とまゆ毛の部分は補助記号で、ほかの記号の上下につける。発音記号にはこういうのがいっぱいあるから、補助記号をつかえば上下にいろいろつけられる。まゆ毛の記号は破擦音とか二重調音をあらわすもので、ふたつの記号にまたがってつく。口のほうは「円唇化」の記号なんだけど、いまの IPA じゃこれは廃止されて、かわりに[ʷ]がつかわれてる。

複雑なかたちをしてる文字をつかってるものもある。たとえば、

ლ(இ ω இ)

ლ はグルジア文字の las。இ はタミル文字の i。ユニコードでさがしたら顔文字につかえそうなのはいっぱいあるだろうな。

2011.08.02 kakikomi

|

« エジプシャン・マウ | トップページ | デーバナーガリー文字でいちばんながい結合文字 »