« 『20ヵ国語ペラペラ』 | トップページ | エフェソス遺跡の碑文 »

ドイツ文字(フラクトゥーア)の表示

ドイツ文字(フラクトゥーア/フラクトゥール)をパソコンで表示するためには、そのためのフォントが必要だ。もともと Windows にはいってるフォントにそういうのがあるのかどうか確認してないけど(いろいろフォントをインストールしてあるから、どれがもともとはいってたフォントなのかわかんなくなった)、なかったらないで、フリーのフォントがあるからそれをつかえばいい。

フラクトゥーアはドイツ文字っていわれてるけど、ラテン文字(ローマ字)とべつの文字じゃなくて書体のちがいにすぎない(ドイツ文字(フラクトゥーア)とドイツ語の筆記体」)。だから、ユニコードのなかでフラクトゥーアはラテン文字とは別の文字として登録されてはいない。

っていっても、数学記号としてのフラクトゥーアは、ドイツ語の文字としてじゃなくて、あくまで記号としてユニコードの「Mathematical Alphanumeric Symbols (数学用英数字記号)」のとこに登録されてる(数学のドイツ文字、ラテン文字、ギリシャ文字」)。ごく一部の文字はこことは別のエリアにふくまれてるから、ちょっと面倒だけど。それと、フラクトゥーアはちゃんとラテン文字の書体のひとつっていうあつかいになってる。ただし、あくまで数学記号だから、ながい s もウムラウトもエスツェットもない。だから、ここにある記号だけじゃドイツ語をちゃんとかくことはできない。

で、ウェブで表示するには HTML か CSS のやりかたでふつうのラテン文字に対してフォントを指定することになる。でも Windows の標準仕様にはいってるフォントなら問題ないだろうけど、そういうのがあったかどうかわかんないし、自分でインストールしたフォントだと、そのフォントがはいってないパソコンには表示されない。

Word とかの自分のパソコンにあるソフトで表示するには、それぞれのソフトのやりかたでフォントの設定をすればいい。

関連記事
 ・ドイツ文字(フラクトゥーア)とドイツ語の筆記体
 ・ドイツ文字(フラクトゥーア)のかきかた
 ・数学のドイツ文字、ラテン文字、ギリシャ文字

2011.09.30 kakikomi

|

« 『20ヵ国語ペラペラ』 | トップページ | エフェソス遺跡の碑文 »