« ネコ用語の過去分詞 -ed の「ド」 | トップページ | 聖ソフィア大聖堂のモザイクのギリシャ語 »

Godzilla の発音

Godzilla が『ジーニアス英和辞典 第4版』(大修館書店)にのってるのをみつけたから、ほかの辞書もみてみたら、『ウィズダム英和辞典 第2版』(三省堂)と『新英和大辞典 第6版』(研究社)にはのってなかったけど、『ランダムハウス英和大辞典 第2版』(小学館)と “Cambridge English Pronouncing Dictionary, 16th Edition” にはあった。

つづりのきりかたは God-zil-la になる。発音は[(UK) ɡɒdˈzɪlə ゴッヅィラ|(US) ɡɑːdˈzɪlə ガーッヅィラ]で、この発音記号は IPA だけど、日本の英和辞典の発音記号はこれとはちょっとちがってるから念のためにいうと、アクセントはうしろから2番めの音節 -zil- にある([ヅィ]をつよく発音する)。

Godzilla はゴジラの英語のかたちで、1954年の最初のゴジラの映画が、アメリカ人が出演するシーンをたしたりして “GODZILLA, KING OF THE MONSTERS!” っていうタイトルで1956年にアメリカで公開されたとき、この名まえになった。

ゴジラはゴリラとクジラをくっつけた名まえだから、英語にするときも gorilla をもとにしたような名まえになってる(クジラの whale はつかってないけど)。詩でいう韻のとこ(アクセントのある母音からあとの部分)がつづりも発音もおんなじだ。

あたまの go- のとこもつづりはおんなじだけど、発音はちがう。gorilla の発音は[ɡəˈrɪlə]で、最初の音節にはアクセントがないから、母音がよわくなって[ə]になってる。でも Godzilla の最初の母音はそうじゃない。Godzilla の最初の母音は[ɒɑː]で、これはアクセントがある音節にしかあらわれない。つまり Godzilla の最初の音節にもある程度のつよめがあるってことだ。第2アクセントっていってもいい。

このパターンの単語としては、athletic [æθˈletɪk]、September [sepˈtembə|sepˈtembɚ]、October [ɒkˈtəʊbəɑːkˈtbɚ]とかがある。このパターンの発音のばあい、辞書の発音記号には最初の音節に第2アクセントの記号はついてない。でも、母音から第2アクセントみたいなつよめがあるってことがわかる。

ただし辞書によると athletic には[əθˈletɪk]、September には[səpˈtembə]っていう発音もあって、このばあい最初の音節の母音は[ə]だから、ここにつよめはない。第1アクセントの直前か直後のつよめはリズムの関係で文章のなかだとけっこうよわくなる傾向がある。

ってことは、Godzilla にも[ɡədˈzɪlə]っていう最初の音節につよめがない発音も実際にはあるのかもしれない。っていっても、固有名詞はそれ自体に強調があって、普通名詞とちがって、よわい発音になる傾向はあんまりないってこともあるから、そうはならないのかもしれないけど。

2011.10.22 kakikomi

|

« ネコ用語の過去分詞 -ed の「ド」 | トップページ | 聖ソフィア大聖堂のモザイクのギリシャ語 »