« ドイツ文字(フラクトゥーア)の表示 | トップページ | エル・グレコの名まえ »

エフェソス遺跡の碑文

2011年9月10日の「世界ふしぎ発見!」(TBS)は「エーゲ海から母なる大地へ 追跡!女神誕生の謎」っていうタイトルで、トルコのエフェソス(エフェス)遺跡とかをやってたんだけど、この遺跡のクーレーテス通りにある碑文の文字がアップになって、なんとかよみとれた。

この通りは観光シーズンには観光客でいっぱいになるらしい。ここに、功績があったひとを顕彰する碑がたってて、いまはほとんど台座しかのこってないみたいだけど、その台座にこういうギリシャ語がきざまれてた。

ΗΒΟΥΛΗΚΑΙ
ΟΔΗΜΟΣΑΛΕ
ΞΑΝΔΡΟΝΑΛΕ
ΞΑΝΔΡΟΥΙΑ
ΤΡΟΝΕΤΙΜΗ
ΣΕΝ

十字のマークはのぞいて行わけはかえないで、よみやすいように かきなおせば、こうなる。

ἡ βουλὴ καὶ
ὁ δῆμος Ἀλέ-
ξανδρον Ἀλε-
ξάνδρου ἰα-
τρὸν ἐτίμη-
σεν.

意味は「評議会と民会はアレクサンドロスの子アレクサンドロス医師に栄誉をあたえた」。

関連記事
 ・ギリシャ語の歯
 ・トランペットの語源

2011.10.03 kakikomi

|

« ドイツ文字(フラクトゥーア)の表示 | トップページ | エル・グレコの名まえ »