« ステファヌス版プラトーン全集 | トップページ | イタリア語の名まえ Ercole について »

「ひらひらの ひらがなめがね」

まえ に 「ひらがなゲートウェイ」 の こと を かいた こと が ある けど (「ひらがなゲートウェイ」と「KAKASI」」)、ちょっと にた ような かんじ で、 「ひらひらの ひらがなめがね」 (「ふりがな 付けます」) って いう サイト が ある。 ウェブ サイト に ふりがな を つける もの で、 URL を 入力 する と、 その ページ に ふりがな が ついて 表示 される。

で、 自分 の サイト で ためして みたら、 「ひらがなゲートウェイ」 と にた ような 結果 に なった。 一般 的 な ことば だ と とくに 問題 は ない けど、 専門 用語 なん か だ と おかしく なる。

トップ ページ で いう と、 仏教 用語 の 「金剛頂経[こんごうちょうぎょう]」 が 「きむつよしいただきけい」 だったり、 「理趣経[りしゅきょう]」 が 「りおもむきけい」 だったり、 「四智梵語[しちぼんご]」 が 「よんさとしぼんご」 だったり する。

それ から 「主[しゅ]の祈り」 が 「おものいのり」 だったり、 「鋭[えい]アクセント」 が 「するどアクセント」 だったり、 「平家物語[へいけものがたり]」 が 「ひらかものがたり」 だったり、 「浪花[なにわ]」 が 「なみはな」 だったり、 「獣帯[じゅうたい]」 が 「ししたい」 だったり する。

それ と か 「後倚辞[こういじ]」 「前倚辞[ぜんいじ]」 の 「後」 と 「前」 に は 「こう」 と 「ぜん」 って いう ふりがな が つく けど、 「倚辞」 に は ふりがな が つかない。 「まえより語[ご]」 「あとより語[ご]」 は そもそも 一般 的 な 用語 じゃ ない から おかしく なる の は しょう が ない けど (「まえより語(enclitic)」「あとより語(proclitic)」」)、「語」 に は 「かたり」 って ふりがな が つく。

この なか で、 「主の祈り」 が 「おものいのり」 に なっちゃう の は どう か と おもう。 「主の祈り」 は キリスト教 用語 だ けど、 それ に して も、 「おも」 の あと に 「の」 は こない ん だ から、 「主の」 って なってる こと から 「おも」 じゃ ない こと が わかる はず だ。 でも そう いう ふう に は プログラム されて ない ん だろう。 国文法 で いう 「形容動詞」 (いわゆる形容動詞について」) の なか に は 「の」 が つく もの も ある けど、 「おも」 に 「の」 は つかない。

それ から 「平家物語」 と か 「浪花」 ぐらい は ちゃんと よめて も いい ん じゃ…。

「数副詞[すうふくし]」 は 「すうふくし」 に なってる とこ と 「かずふくし」 に なってる とこ が ある けど、 かんがえて みれば 「数副詞」 は 「かずふくし」 って ことば に した ほう が よさそう だ な。

「愛猫」 は 「あいねこ」 って ふりがな が つく けど、 この よみかた に ついて は まえ に かいた こと が ある (肉汁、愛猫」)。「あいびょう」 って よむ より 「あいねこ」 の ほう が いい って おもってる から、 この ふりがな は おもしろい。 でも 動物 関係 の テレビ 番組 で 「愛猫」 を 「まなねこ」 って よんでた。 この て が あった ん だ な。 これ が いちばん いい か も。

関連記事
 ・「ひらがなゲートウェイ」と「KAKASI」
 ・「まえより語(enclitic)」「あとより語(proclitic)」
 ・いわゆる形容動詞について
 ・肉汁、愛猫

2012.01.24 kakikomi; 2012.09.06 kakikae

|

« ステファヌス版プラトーン全集 | トップページ | イタリア語の名まえ Ercole について »