« 金八先生の「人という字は…」とACジャパンの広告 | トップページ | エルサレムの三か国語の標識 »

パレルモの三か国語の標識

NHKの「ぐるっと長靴4000キロ ~イタリア半島 港町巡り~」でシチリア島のパレルモがうつったとき、「この地区の標識はすべてイタリア語アラブ語ヘブライ語で 書かれています」っていう地元のひとの説明があって(文章は字幕のとおり)、まずランピオネッリ通りの標識がすこしうつって、そのあとその通りと交差してるカルデライ通りの標識がじっくりうつった。それはこういうものだ。

1行めがイタリア語、2行めがヘブライ語、3行めがアラビア語だけど、このヘブライ語をみてちょっとおどろいた。これってまちがってるよなあ。

イタリア語の via [ヴィーア]は「通り」で、そのあとに通りの名まえがくる。アラビア語は「通り」をアラビア語の شَارع šāri [シャーリア(シェーリア)]に訳してあって、そのあとのカルデライには定冠詞がついてる。

問題のヘブライ語 ר׳ה קאלדרא׳ はイタリア語をそのまんまうつしてて「通り」は訳してない。でも、ちょっとヘンだ。׳ がふたつでてくるけど、これはヘブライ語で גרש gereš [ゲレーシュ]っていわれる省略記号で(アポストロフィーみたいなもの)、それがこんなふうにつかわれてるのはおかしい。どうも י (y)のかわりにこれをつかっちゃってるみたいだ。それに最初の文字(ヘブライ語もアラビア語も右から左によむ)が ר (r)になってるけど、これじゃ via にならない。

ちゃんとかけばこれは

ויה קאלדראי

になるはずだ。これで VIA CALDERAI をうつしたことになる。

最初に画面にうつったランピオネッリ通り(VIA LAMPIONELLI)のほうは、アラビア語はやっぱり「通り」を訳してて、ランピオネッリに定冠詞はついてないんだけど、それはいいとして、ヘブライ語は

ר׳ה לאמפ׳ונ׳ל׳

だった。これも י がゲレーシュになっちゃってるし、VIA が RIA になってる。ちゃんとかけば、

ויה לאמפיונילי

になるはずだ。

番組でうつったのはこのふたつだけだったけど、ネットで標識の画像をさがしたら、ほかにもいろいろあったから、それについてもみてみよう。アラビア語のほうはいいとして、イタリア語とヘブライ語と、それから ちゃんとなおしたヘブライ語を矢印の下につける。

VIA DEI CARTARI
ר׳ה ד׳׳ קארטאר׳

ויה דיי קארטארי

VIA DIVISI
ר׳ה ד׳ו׳ז׳

ויה דיויזי

VIA LATTARINI
ר׳ה לאטאר׳נ׳

ויה לאטאריני

VIA MESCHITA
ר׳ה מסק׳טה

ויה מסקיטה

こういうふうにほかの標識でも一貫して י のかわりにゲレーシュがつかわれてるし、VIA は RIA になってる。でも VIA 以外のつづりだと ר (r)と ו (v)を混同してないのに、どうして VIA だけこうなんだろ。たしかにかたちはにてるんだけど。

ヘブライ語で「通り」は רחוב rəov [レホーヴ]っていって、רח׳ って略される。これと VIA をうつすはずの ויה がゴチャゴチャになっちゃったのかな。それにしても ר׳הרח׳ はゲレーシュの位置がちがうし、ה (h)と ח)はべつの文字だ。これもかたちはにてるけど。

さらにほかの標識もみてみると、こんなのがあった。

VICOLO MESCHITA
ר׳קולו מסק׳טה

ויקולו מסקיטה

vicolo [ヴィーコロ]は「路地、小路」で、この V も R になってる。VIA にひきずられたんだろう。

それから、ちょっとおもしろいのがあった。

PIAZZA PONTICELLO
פ׳אצה פונט׳צילו

פיאצה פונטיצ׳לו

piazza [ピアッツァ]は「広場」で、それをうつした פ׳אצהי がゲレーシュになっちゃってるのはもういいとして、ポンティチェッロのほうにこれまでとはちがうとこがある。פונט׳צילו にあるゲレーシュは י のはずなんだけど、その2文字あとの י は逆にゲレーシュじゃないといけない。

このゲレーシュは省略をあらわすんじゃなくて、発音をあらわすものだ。ヘブライ語には /tʃ/ をあらわす文字がない。でも PONTICELLO にはそれがでてくる。こういうふうに外来語とかでヘブライ語にない音をあらわすときにゲレーシュがつかわれる。このばあい צ (ts)の左肩にゲレーシュをつけると /tʃ/ になる。

ポンティチェッロ通りの標識は י とゲレーシュがちょうど逆になっちゃってるわけだ。

もうひとつ、にたようなのがあった。

VIA GIARDINACCIO
ר׳ה ג׳ארד׳נאצ׳ו

ויה ג׳ארדינאצ׳ו

このジャルディナッチョ通りでもまず VIA がおかしいけど、それより ג׳ארד׳נאצ׳ו のほうにいろいろある。このばあい ひとつめのゲレーシュはまちがいじゃない。/dʒ/ をあらわすために ג (g)にゲレーシュがついてる。それから みっつめのゲレーシュもまちがってなくて、/tʃ/ をあらわすためのものだ。だけど、まんなかのゲレーシュは י じゃないとおかしい。つまり、この標識はポンティチェッロ通りのとはちがって י とゲレーシュが逆になってるわけじゃない。

関連記事
 ・エルサレムの三か国語の標識

2012.05.06 kakikomi

|

« 金八先生の「人という字は…」とACジャパンの広告 | トップページ | エルサレムの三か国語の標識 »